第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 産婦の状態と、産婦に勧める体位の組合せで適切なのはどれか。

1.前回分娩所要時間が3時間の既往:座位
2.第1期潜伏期に疲労が強い:側臥位
3.第1期活動期に強い腰痛の訴えがある:仰臥位
4.児娩出直後に胎盤剝離出血がみられる:四つん這い

解答

解説
1.× 座位は産道が広がり児が下降しやすいため、分娩時間が短くなる。経産婦は産道の通過経験があり、初産婦よりもリラックスしやすくいきみ方も上手である場合が多いため、前回分娩所要時間が3時間の既往のある経産婦の場合はすぐにお産になる可能性があるため適さない。
2.〇 正しい。第1期潜伏期は陣痛がリズミカルになり、子宮頸部が薄くなり4cmほど開いた状態までの期間である。初産婦で12時間・経産婦で5時間程度かかる。疲労が強い場合や眠い時には側臥位を促し陣痛の間隔が伸びるのでその合間に休むことができる。
3.× 第1期活動期は子宮口が4〜10cmに開き、胎児の一部が胎盤内に降りてくる期間である。初産婦で3時間・経産婦で2時間程度かかり、いきみたくなる。腰痛の訴えがある状態で仰臥位になるとさらに腰痛を悪化させるため適さない。
4.× 四つん這いの姿勢は児娩出直後に胎盤剝離出血がみられる場合には出血のリスクが高いため敵さない。四つん這い分娩座位分娩フリースタイル分娩は産婦の主観的評価は高いが、出産後の出血量の増加などのリスクがある。

 

 

 

 

 

 

12 Aさん(35 歳、初産婦)。3,300 gの児を正常分娩した。分娩所要時間は15時間30分で出血量は350 mL。会陰裂傷はⅡ度で縫合術施行。分娩後1時間経過した時点で「縫ったところが、急にとても痛くなってきた。腟の奥も圧迫されてる感じがする」と訴えがあった。体温37.5 ℃、脈拍84/分、血圧122/66 mmHg。出血量は35 mL、子宮底は臍高で硬度は良好だった。
このときの助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.トイレで排尿を促す。
2.会陰および腟部を診察する。
3.鎮痛薬の処方を医師に依頼する。
4.1時間後に出血量を確認すると説明する。

解答

解説
1.× トイレで排尿を促すことは産後に尿意のない褥婦には必要であるが、現在分娩後1時間であり、尿意がないなどの訴えは聞かれていないため適さない。
2.〇 正しい。本人より縫合部に疼痛と腟の圧迫感の訴えがあるため、まずは会陰および腟部を診察し異常の有無を確認する必要がある。
3.× 縫合部の疼痛の訴えはあるが、鎮痛薬の処方を依頼する前に縫合部や腟の状態を確認する必要がある。
4.× 出血量の確認は必要であるが、現在縫合部の疼痛や腟の圧迫感の訴えがある中で1時間後に出血量を確認すると説明することは訴えに対する対応をしておらず適さない。

 

 

 

 

 

 

13 早産期の前期破水について正しいのはどれか。

1.発症後分娩まで1週間以上かかることが多い。
2.診断後に頸管縫縮術を行う。
3.抗菌薬の投与を行う。
4.初産婦に多い。

解答

解説
1.× 前期破水とは、陣痛開始前のいずれかの時点で羊水が流れ出ることである。予定日が近い場合、通常は破水後12~48時間以内に陣痛が始まる。34週より前に破水した場合には陣痛が始まるまで4日以上かかることもあるが、分娩まで1週間以上はかからない。なお早産期の前期破水では34週までは分娩を遅らせたいため管理入院が必要となる。
2.× 頸管縫縮術は子宮口を縛る手術である。主に切迫早産の可能性があり、35週の終わり頃まで妊娠を継続させるために行われる。シロッカー法やマクドナルド法などがある。
3.〇 正しい。34週未満の早産期による破水は分娩を遅らせたいため、破水が確認された時点から抗菌薬の投与する。陣痛を誘発する可能性のある感染症を治療することにより分娩を遅らせ、新生児の感染症リスクも抑えることができる。エリスロマイシン、アンピシリン、およびアモキシシリンなどの抗菌薬を静脈内投与し、数日間は内服する。
4.× 前期破水は、炎症や感染で卵膜が軟らかく変化して破れやすくなった場合や咳や重い荷物を持つなどで急激に腹圧が高まった場合などが原因とされる。初産婦に多いわけではない。

 

 

 

 

 

 

14 Aさん(31 歳、初産婦)。妊娠30週3日で下腹部痛を訴え、かかりつけ医を受診し、子宮口2cm 開大、切迫早産のため周産期医療センターに搬送された。搬送後、分娩が進行し経腟分娩となった。Aさんは、助産師がバースレビューを実施した際に「早く産まれたのでNICUに入院して一緒にいられない。おっぱいは張ってきたけど飲ませてあげられない」と話した。
 助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.「無事に出産できたことを受け入れましょう」
2.「早産になってしまった原因について考えましょう」
3.「直接授乳できなくても搾乳した母乳はあげられます」
4.「お母さんは先に退院できるので、その間に体調を整えましょう」

解答

解説
1.× 無事に出産できたことよりも先に児と一緒にいることができず、母乳もあげられないと思っている今のAさんの心境に寄り添った言動が必要である。
2.× 早産になってしまった原因について考えることはAさんに罪悪感を持たせることにもなるため適さない。
3.〇 正しい。Aさんより「おっぱいは張ってきたけど飲ませてあげられない」という発言があるため、直接授乳できなくても搾乳した母乳はあげられることを伝える。
4.× 母体は先に退院できるため、体調を整える時間はあるが、今の児と一緒にいることができず、母乳もあげられないと思っているAさんの心境に寄り添った言動が必要である。

 

 

 

 

 

 

15 妊産婦のための食事バランスガイドにおいて、母乳栄養を行っている褥婦の主食の1日付加量として適切なのはどれか。

1.うどん1杯分
2.おにぎり1個分
3.もりそば1杯分
4.ロールパン1個分

解答

解説
1.× うどん1杯分はもりそば1杯分、スパゲティと同様の量で2つ分になってしまい、妊娠末期と授乳期における付加量として多すぎる。
2.〇 正しい。妊娠末期と授乳期において主食はおにぎり1個分の付加量が適切とされている。同様の量はご飯小盛り1杯、食パン1枚、ロールパン2個分である。
3.× もりそば1杯分はうどん1杯分、スパゲティと同様の量で2つ分になってしまい、妊娠末期と授乳期における付加量として多すぎる。
4.× 妊娠末期と授乳期において主食の付加量はロールパン1個分ではなく、ロールパン2個分である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)