第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 産婦の状態と、産婦に勧める体位の組合せで適切なのはどれか。

1.前回分娩所要時間が3時間の既往:座位
2.第1期潜伏期に疲労が強い:側臥位
3.第1期活動期に強い腰痛の訴えがある:仰臥位
4.児娩出直後に胎盤剝離出血がみられる:四つん這い

解答

解説
1.× 前回分娩所要時間が3時間の既往:座位
2.〇 正しい。第1期潜伏期に疲労が強い:側臥位
3.× 第1期活動期に強い腰痛の訴えがある:仰臥位
4.× 児娩出直後に胎盤剝離出血がみられる:四つん這い

 

 

 

 

 

 

12 Aさん(35 歳、初産婦)。3,300 gの児を正常分娩した。分娩所要時間は15時間30分で出血量は350 mL。会陰裂傷はⅡ度で縫合術施行。分娩後1時間経過した時点で「縫ったところが、急にとても痛くなってきた。腟の奥も圧迫されてる感じがする」と訴えがあった。体温37.5 ℃、脈拍84/分、血圧122/66 mmHg。出血量は35 mL、子宮底は臍高で硬度は良好だった。
このときの助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.トイレで排尿を促す。
2.会陰および腟部を診察する。
3.鎮痛薬の処方を医師に依頼する。
4.1時間後に出血量を確認すると説明する。

解答

解説
1.× トイレで排尿を促す。
2.〇 正しい。会陰および腟部を診察する。
3.× 鎮痛薬の処方を医師に依頼する。
4.× 1時間後に出血量を確認すると説明する。

 

 

 

 

 

 

13 早産期の前期破水について正しいのはどれか。

1.発症後分娩まで1週間以上かかることが多い。
2.診断後に頸管縫縮術を行う。
3.抗菌薬の投与を行う。
4.初産婦に多い。
解答

解説
1.× 発症後分娩まで1週間以上かかることが多い。
2.× 診断後に頸管縫縮術を行う。
3.〇 正しい。抗菌薬の投与を行う。
4.× 初産婦に多い。

14 Aさん(31 歳、初産婦)。妊娠30週3日で下腹部痛を訴え、かかりつけ医を受診し、子宮口2cm 開大、切迫早産のため周産期医療センターに搬送された。搬送後、分娩が進行し経腟分娩となった。Aさんは、助産師がバースレビューを実施した際に「早く産まれたのでNICUに入院して一緒にいられない。おっぱいは張ってきたけど飲ませてあげられない」と話した。
 助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.「無事に出産できたことを受け入れましょう」
2.「早産になってしまった原因について考えましょう」
3.「直接授乳できなくても搾乳した母乳はあげられます」
4.「お母さんは先に退院できるので、その間に体調を整えましょう」

解答

解説
1.× 「無事に出産できたことを受け入れましょう」
2.× 「早産になってしまった原因について考えましょう」
3.〇 正しい。「直接授乳できなくても搾乳した母乳はあげられます」
4.× 「お母さんは先に退院できるので、その間に体調を整えましょう」

 

 

 

 

 

 

15 妊産婦のための食事バランスガイドにおいて、母乳栄養を行っている褥婦の主食の1日付加量として適切なのはどれか。

1.うどん1杯分
2.おにぎり1個分
3.もりそば1杯分
4.ロールパン1個分

解答

解説
1.× うどん1杯分
2.〇 正しい。おにぎり1個分
3.× もりそば1杯分
4.× ロールパン1個分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)