第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 Aさん(34歳、初産婦)。妊娠41 週1日。予定日超過のため誘発分娩目的で入院した。入院後2日目に陣痛発来したが、回旋異常のため吸引分娩で出産した。分娩時出血量700 mL、分娩所要時間は32時間であった。出生時体重3,560 g、Apgar<アプガー>スコアは1分後7点、5分後10点であった。Aさんは分娩中、陣痛時は大声をあげ、分娩台の上での体動が大きく、分娩後は「こんなはずではなかった」と表情は暗かった。
 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.頻回授乳の促し
2.分娩体験の振り返り
3.母児同室の早期の開始
4.産後ケア事業の情報提供

解答

解説
1.× 頻回授乳の促し
2.〇 正しい。分娩体験の振り返り
3.× 母児同室の早期の開始
4.× 産後ケア事業の情報提供

 

 

 

 

 

 

17 母乳栄養希望のあるヒトT細胞性白血病ウイルス-Ⅰ型<HTLV-1>キャリア妊婦に対して推奨される第一選択の授乳指導はどれか。

1.離乳の完了までの直接母乳栄養
2.生後90日までの直接母乳栄養
3.凍結母乳による栄養
4.完全人工栄養

解答

解説
1.× 離乳の完了までの直接母乳栄養
2.× 生後90日までの直接母乳栄養
3.× 凍結母乳による栄養
4.〇 正しい。完全人工栄養

 

 

 

 

 

 

18 生後1か月の健康診査時、母親から児のいちご状血管腫について相談を受けた。
 母親への助産師の説明で正しいのはどれか。

1.「日光には当てないでください」
2.「局所の感染に注意する必要があります」
3.「治療に関して小児科で相談してください」
4.「皮脂の分泌過多が原因で症状が悪化します」

解答

解説
1.× 「日光には当てないでください」
2.× 「局所の感染に注意する必要があります」
3.〇 正しい。「治療に関して小児科で相談してください」
4.× 「皮脂の分泌過多が原因で症状が悪化します」

 

 

 

 

 

 

19 戦後の母子保健施策を年代順に古いものから表に示す。
 ( )に入るのはどれか。

1.育成医療の開始
2.未熟児養育医療の開始
3.B型肝炎母子感染防止事業の開始
4.妊産婦健康診査の公費負担制度の制定

解答

解説
1.× 育成医療の開始
2.× 未熟児養育医療の開始
3.× B型肝炎母子感染防止事業の開始
4.〇 正しい。妊産婦健康診査の公費負担制度の制定

 

 

 

 

 

 

20 平成30年(2018年)の母子保健統計で正しいのはどれか。

1.合計特殊出生率は約1.8 である。
2.周産期死亡数は約3,000 人である。
3.人工妊娠中絶実施率(女子人口千対)は約1.0 である。
4.女性の労働力率を年齢階級別にみると逆U字型曲線を描く。

解答

解説
1.× 合計特殊出生率は約1.8 である。
2.〇 正しい。周産期死亡数は約3,000 人である。
3.× 人工妊娠中絶実施率(女子人口千対)は約1.0 である。
4.× 女性の労働力率を年齢階級別にみると逆U字型曲線を描く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)