第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 生後10か月の男児。これまで乳児健康診査や予防接種は遅滞なく受けている。7か月児健康診査では特に問題は指摘されていない。
 10か月児健康診査で社会性発達を評価する項目として適切なのはどれか。

1.身ぶりをまねする。
2.あやすと声を出して笑う。
3.鏡に映った自分の顔に反応する。
4.おむつをはかせるとき両足を広げる。

解答

解説
1.〇 正しい。身ぶりをまねする。
2.× あやすと声を出して笑う。
3.× 鏡に映った自分の顔に反応する。
4.× おむつをはかせるとき両足を広げる。

 

 

 

 

 

 

17 家庭内で幼児が誤飲した。児の全身状態は良好で、嘔気はみられない。
 受診前の初期対応として催吐が禁忌になるのはどれか。

1.灯油
2.たばこ
3.向精神薬
4.アルコール飲料

解答

解説
1.〇 正しい。灯油
2.× たばこ
3.× 向精神薬
4.× アルコール飲料

 

 

 

 

 

 

18 周産期医療体制整備における地域周産期母子医療センターについて正しいのはどれか。

1.周産期に係る比較的高度な医療行為を行うことができる医療施設である。
2.平成30 年(2018 年)には全国で500 施設が設置されている。
3.総合周産期母子医療センターと同数が整備される。
4.三次医療圏の範囲を基準に設置が検討される。

解答

解説
1.〇 正しい。周産期に係る比較的高度な医療行為を行うことができる医療施設である。
2.× 平成30 年(2018 年)には全国で500 施設が設置されている。
3.× 総合周産期母子医療センターと同数が整備される。
4.× 三次医療圏の範囲を基準に設置が検討される。

 

 

 

 

 

 

19 産科病棟で、正常新生児用のクリニカルパスを導入した。
 期待できる効果はどれか。

1.個別性のある授乳指導ができる。
2.新生児の取り違えが防止できる。
3.児に関する情報を母親と共有できる。
4.先天性甲状腺機能低下症が早期発見できる。

解答

解説
1.× 個別性のある授乳指導ができる。
2.× 新生児の取り違えが防止できる。
3.〇 正しい。児に関する情報を母親と共有できる。
4.× 先天性甲状腺機能低下症が早期発見できる。

 

 

 

 

 

 

20 日本において婚姻届が受理される状況はどれか。

1.夫婦別姓
2.証人が未成年
3.三親等内の傍系血族間の結婚
4.妊娠していない女性が離婚日の翌日に届出

解答

解説
1.× 夫婦別姓
2.× 証人が未成年
3.× 三親等内の傍系血族間の結婚
4.〇 正しい。妊娠していない女性が離婚日の翌日に届出

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)