第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後21~25】

 

21 Aさん(28 歳、初産婦)。妊娠16週0日。分娩予約の目的で病院を1人で受診した。外来受診時に助産師は、Aさんの顔面の出血斑に気付き、ドメスティックバイオレンス〈DV〉を疑った。
 このときの助産師の対応で適切なのはどれか。

1.顔面の出血斑の原因を聞く。
2.ソーシャルワーカーを紹介する。
3.配偶者暴力相談支援センターに連絡する。
4.次回の妊婦健康診査時にDVスクリーニングを行う。

解答

解説
1.〇 正しい。顔面の出血斑の原因を聞く。
2.× ソーシャルワーカーを紹介する。
3.× 配偶者暴力相談支援センターに連絡する。
4.× 次回の妊婦健康診査時にDVスクリーニングを行う。

 

 

 

 

 

 

22 助産所について正しいのはどれか。

1.開設した場合は所在地の市区町村長に届け出る。
2.分娩を扱わない助産所でも産後ケアを行える。
3.開設者は助産師でなければならない。
4.入所者数の上限は12 名である。

解答

解説
1.× 開設した場合は所在地の市区町村長に届け出る。
2.〇 正しい。分娩を扱わない助産所でも産後ケアを行える。
3.× 開設者は助産師でなければならない。
4.× 入所者数の上限は12 名である。

 

 

 

 

 

 

23 大規模災害が発生した。病院は停電・断水となった。建物の倒壊はない。入院中の褥婦に退院先の状況を確認したところ、全員から、停電・断水中だが居住可能な場所に退院する、との返答があった。
 明日退院予定で混合栄養を行う褥婦に説明する内容で適切なのはどれか。

1.児は退院まで新生児室で預かる。
2.哺乳瓶の代わりに紙コップも使用できる。
3.母乳分泌量に関わらず母乳栄養は中止する。
4.調乳にはミネラルウォーター(硬水)を使用する。

解答

解説
1.× 児は退院まで新生児室で預かる。
2.〇 正しい。哺乳瓶の代わりに紙コップも使用できる。
3.× 母乳分泌量に関わらず母乳栄養は中止する。
4.× 調乳にはミネラルウォーター(硬水)を使用する。

 

 

 

 

 

 

24 出生前に行われる遺伝学的検査について正しいのはどれか。

1.検査後に遺伝カウンセリングを開始する。
2.マススクリーニングとして実施される。
3.確定的検査と非確定的検査がある。
4.妊娠22 週以降には実施しない。

解答

解説
1.× 検査後に遺伝カウンセリングを開始する。
2.× マススクリーニングとして実施される。
3.〇 正しい。確定的検査と非確定的検査がある。
4.× 妊娠22 週以降には実施しない。

 

 

 

 

 

 

25 分娩誘発・促進の方法で正しいのはどれか。

1.メトロイリンテルの挿入後、子宮収縮薬を併用する時は30 分あける。
2.プロスタグランジンF2αは気管支喘息の合併妊婦には使用できない。
3.吸湿性頸管拡張材は子宮収縮薬投与中であっても使用できる。
4.プロスタグランジンE2錠は30 分後に1錠追加できる。
5.オキシトシンの開始時投与量は5〜15 m IU/分である。

解答

解説
1.× メトロイリンテルの挿入後、子宮収縮薬を併用する時は30 分あける。
2.〇 正しい。プロスタグランジンF2αは気管支喘息の合併妊婦には使用できない。
3.× 吸湿性頸管拡張材は子宮収縮薬投与中であっても使用できる。
4.× プロスタグランジンE2錠は30 分後に1錠追加できる。
5.× オキシトシンの開始時投与量は5〜15 m IU/分である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)