第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 切迫早産で入院中の妊婦。持続点滴静脈内注射で硫酸マグネシウムの投与が行われている。
 高マグネシウム血症のリスクが高まる状態はどれか。

1.肥満
2.不眠
3.便秘
4.尿量減少
5.羊水過少

解答

解説
1.× 肥満
2.× 不眠
3.× 便秘
4.〇 正しい。尿量減少
5.× 羊水過少

 

 

 

 

 

 

27 正常な妊娠経過の経産婦に認められる所見と妊娠週数の組合せで正しいのはどれか。

1.Piskacek〈ピスカチェック〉徴候:妊娠16週ころ
2.胎動初覚:妊娠18週ころ
3.前駆陣痛:妊娠24週ころ
4.組織学的内子宮口開大:妊娠28週ころ
5.産徴:妊娠34週ころ

解答

解説
1.× Piskacek〈ピスカチェック〉徴候:妊娠16週ころ
2.〇 正しい。胎動初覚:妊娠18週ころ
3.× 前駆陣痛:妊娠24週ころ
4.× 組織学的内子宮口開大:妊娠28週ころ
5.× 産徴:妊娠34週ころ

 

 

 

 

 

 

28 40歳の初産婦。妊娠経過は順調であったが、妊娠38週の妊婦健康診査で血圧が140/95 mmHgとなり、分娩誘発が行われて順調に経腟分娩した。産褥1日目に突然「胃のあたりが痛い」と訴え、苦悶様表情を浮かべている。意識は清明で血圧170/110 mmHg、脈拍100/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98 %(room air)である。
 直ちに行うべき検査はどれか。

1.上部消化管内視鏡検査
2.胸部エックス線撮影
3.肝機能の血液検査
4.血液ガス分析
5.脳波検査

解答

解説
1.× 上部消化管内視鏡検査
2.× 胸部エックス線撮影
3.〇 正しい。肝機能の血液検査
4.× 血液ガス分析
5.× 脳波検査

 

 

 

 

 

 

29 日齢5の正期産新生児。哺乳は良好だが、胸部聴診で収縮期心雑音を聴取した。聴取した心雑音の最強点を図に示す。バイタルサインは、体温37.2 ℃、呼吸数80/分、心拍数150/分(整)、血圧65/40 mmHg、下肢の経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉99 %(room air)であった。
 心雑音の原因として最も考えられるのはどれか。

1.機能性心雑音
2.重症肺動脈狭窄症
3.心室中隔欠損症
4.総肺静脈還流異常症
5.動脈管開存症

解答

解説
1.× 機能性心雑音
2.× 重症肺動脈狭窄症
3.〇 正しい。心室中隔欠損症
4.× 総肺静脈還流異常症
5.× 動脈管開存症

 

 

 

 

 

 

30 Aさん(31 歳、既婚)。妊娠歴なし。会社の子宮頸がん検診で細胞診異常の指摘を受けた。その後、挙児希望があり、婦人科外来を受診した。子宮頸部組織検査で軽度異形成(CIN1)、ヒトパピローマウイルス〈HPV〉核酸検査で16 型陽性であった。
 助産師の説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.「出産後には自然治癒します」
2.「定期的に産婦人科に通院しましょう」
3.「妊娠のためには人工授精が必要です」
4.「頸部病変の悪化がなければ妊娠することができます」
5.「すぐに子宮頸癌のワクチンの接種を受けてください」

解答2・4

解説
1.× 「出産後には自然治癒します」
2.〇 正しい。「定期的に産婦人科に通院しましょう」
3.× 「妊娠のためには人工授精が必要です」
4.〇 正しい。「頸部病変の悪化がなければ妊娠することができます」
5.× 「すぐに子宮頸癌のワクチンの接種を受けてください」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)