第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 Rubin<ルービン>の母性論の模倣にあたるのはどれか。

1.受動的な行動である。
2.悲嘆作業の一つである。
3.模写と役割演技がある。
4.妊娠期に限定された行動である。
5.自分なりの方法で子どもの世話をする。

解答

解説
1.× 受動的な行動である。
2.× 悲嘆作業の一つである。
3.〇 正しい。模写と役割演技がある。
4.× 妊娠期に限定された行動である。
5.× 自分なりの方法で子どもの世話をする。

 

 

 

 

 

 

32 分娩第1期の母体内の胎児の図を示す。
 図の状態はどれか。

1.正軸進入
2.低在横定位
3.高在縦定位
4.前在頭頂骨進入
5.後在頭頂骨進入

解答

解説
1.× 正軸進入
2.× 低在横定位
3.× 高在縦定位
4.× 前在頭頂骨進入
5.〇 正しい。後在頭頂骨進入

 

 

 

 

 

 

33 A さん(32歳、初妊婦)。妊娠39 週5日、陣痛発来後、3時間の経過で3,850 gの児を分娩した。胎盤娩出直後から子宮収縮が不良で、子宮双手双合圧迫法が行われた。分娩後30分時点で出血量の総量が1,500 mLを超えたが、子宮からの出血が持続している。体温37.3 ℃、脈拍120/分、血圧95/50 mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>99 %(room air)。
 この時点での新鮮凍結血漿の輸血の判断に必要な血液検査値で最も重要なのはどれか。

1.血小板数
2.白血球数
3.ヘモグロビン値
4.血清アルブミン値
5.フィブリノゲン値

解答

解説
1.× 血小板数
2.× 白血球数
3.× ヘモグロビン値
4.× 血清アルブミン値
5.〇 正しい。フィブリノゲン値

 

 

 

 

 

 

34 妊娠分娩経過に問題なく、経腟分娩で出生した正期産新生児の感染予防対策として正しいのはどれか。

1.出生直後に胎脂を拭い取る。
2.出生直後に抗菌薬の点眼を行う。
3.生後1時間以内に初回の沐浴を行う。
4.臍帯断端をポビドンヨードで消毒する。
5.早期母子接触時に母親に手袋を装着させる。

解答

解説
1.× 出生直後に胎脂を拭い取る。
2.〇 正しい。出生直後に抗菌薬の点眼を行う。
3.× 生後1時間以内に初回の沐浴を行う。
4.× 臍帯断端をポビドンヨードで消毒する。
5.× 早期母子接触時に母親に手袋を装着させる。

 

 

 

 

 

 

35 1か月児健康診査に来院した母親と児。完全母乳栄養で児の全身状態は良好だが、睡眠中に呼吸が2〜3秒停止することがあり、乳幼児突然死症候群<SIDS>を母親は心配している。児は家ではベビーベッドに仰臥位で就寝しており、寝入ると体温は37 ℃台後半のことが多く、また溢乳が1日10 回程度認められている。
 母親への指導で正しいのはどれか。

1.夜間の人工栄養を併用する。
2.児を温めすぎないようにする。
3.夜間は添い寝で児を観察する。
4.寝かせはじめは腹臥位にしておく。
5.表面が柔らかいマットレスを使用する。

解答

解説
1.× 夜間の人工栄養を併用する。
2.〇 正しい。児を温めすぎないようにする。
3.× 夜間は添い寝で児を観察する。
4.× 寝かせはじめは腹臥位にしておく。
5.× 表面が柔らかいマットレスを使用する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)