第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 妊娠末期の妊婦へのLeopold〈レオポルド〉触診法で骨盤位と疑われるのはどれか。2つ選べ。

1.第1段で凹凸のない硬い球形の塊に触れる。
2.第2段で母体側方に均等な板状の抵抗が触れる。
3.第3段で球形の塊が触れる。
4.第3段で最も大きな部分に触れる。
5.第4段は第2段で触れた部分に続く凹凸のある部分に触れる。

解答1・3

解説
1.〇 正しい。Leopold〈レオポルド〉触診法は母体の腹壁に触れることで子宮の収縮状態、子宮底の位置、胎児の数、胎向、胎位、胎勢、先進部、下降度などの観察が目的である。第1段法では子宮底の位置、頭や臀部などの胎児部分を確認できる。凹凸のない硬い球形の塊に触れる部分は児頭であり、骨盤位と疑われる。
2.× 第2段法では腹壁の緊張度、子宮の形状や大きさ、羊水量、胎向や胎動を確認できる。第2段法で触れる板状の抵抗は胎児の背中であり、骨盤位と疑われる所見とはいえない。
3.〇 正しい。第3段法では胎児下降部、形状、骨盤内進入程度を確認できる。球形の塊が触れるのは児頭であり、骨盤位と疑われる。
4.× 骨盤位が疑われるのは、第1段法で臀部よりも硬い感触で球形の塊のように感じる頭部に触れること、第3段法で臀部に触れることである。第3段法で最も大きな部分に触れるのは臀部ではないため骨盤位と疑われる所見とはいえない。
5.× 第4段法では胎児下降度、移動性や浮球度などの骨盤内進入程度を確認できる。主に37週以降の分娩進行中に行われる。第4段法では骨盤位の場合は臀部に触れるため、凹凸のある部分に触れるのは骨盤位の所見とはいえない。

 

 

 

 

 

 

32 胎児のwell-beingの評価で異常と判断される所見はどれか。2つ選べ。

1.羊水ポケット4cm
2.30分間で胎動1回
3.胎児心拍数基線140 bpm
4.拡張期の臍帯動脈血流の逆流
5.15 bpm 以上かつ15秒以上の一過性頻脈が30 分間に3回

解答2・4

解説
1.× 羊水ポケット(AFP)とは超音波プローブを子宮壁に対して垂直に当て、羊水腔内に胎児部分や臍帯を含まない最大円を描いた直径を指す。一般的に8cm以上を羊水過多とし、2cm未満を羊水過少とされている。4cmは正常値内で異常とは判断されない。
2.〇 正しい。胎動10回カウント法では胎児がはっきりと10回動くのに何分かかるかを測定する方法である。目安としては30分以内であり、30分間で胎動1回は少ないため異常と判断される。
3.× 胎児心拍数基線は10分間の区間の平均心拍数で5の倍数で表現したものである。胎児心拍数基線の正常値は110〜160bpmであり、140 bpmは正常である。
4.〇 正しい。拡張期の臍帯動脈血流の逆流は臍帯動脈の循環抵抗(RI、PI)の上昇がみられ、子宮胎盤機能不全(慢性低酸素血症)などの疑いがある。
5.× 一過性頻脈は①心拍数が増加してから30秒未満でピークに達し、ピークまでに15bpm以上増加すること、また②通常の脈拍数に戻るまでに要する時間が15秒以上2分未満のものを指す。20分程度の検査中で2回以上の一過性頻脈が起これば、胎児は健康であると予測される。

 

 

 

 

 

 

33 重症妊娠悪阻の妊婦の注意すべき主な合併症はどれか。2つ選べ。

1.悪性高熱症
2.高蛋白血症
3.静脈血栓塞栓症
4.高ナトリウム血症
5.Wernicke〈ウェルニッケ〉脳症

解答3・5

解説
1.× 悪性高熱症とは通常は脱分極性筋弛緩薬と強力な揮発性の吸入全身麻酔薬の併用に対する代謝亢進反応により生じる体温上昇であり、重症妊娠悪阻の合併症ではない。
2.× 高蛋白血症とは血清総タンパク濃度が8.5g/dL以上の状態であり、多発性骨髄腫やマクログロブリン血症などのタンパク成分であるγグロブリンの産生が異常に進んでいる病態や疾患に多い。重症妊娠悪阻では母体血液の蛋白は減少するり
3.〇 正しい。重症妊娠悪阻の合併症には脱水と安静臥床が原因となる静脈血栓塞栓症がある。特に高齢で肥満の場合はリスクが高く、肺塞栓症を起こす可能性がある。
4.× 高ナトリウム血症とは水分の摂取不足、下痢、腎機能障害、利尿薬などの脱水が原因で生じる。糸球体ろ過率の増加、Na利尿作用をもつプロゲステロンの増加などによって妊婦の血清Na値は妊娠初期に最も低く、重症妊娠悪阻においても高ナトリウム血症にはならない。
5.〇 正しい。妊娠悪阻は「つわり」の症状が悪化し、脱水、栄養代謝障害などを来たしたものをいう。重症妊娠悪阻の合併症にはビタミンB1欠乏から発症するWernicke〈ウェルニッケ〉脳症がある。意識障害、小脳性運動失調などが出現し、50%以上で逆行性健忘、記銘力低下、作話を特徴とするコルサコフ症候群と呼ばれる後遺症を生涯残す。

 

 

 

 

 

 

34 サイトメガロウイルス感染症で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.母体感染では不顕性感染が多い。
2.胎内感染により児に難聴が生じる。
3.母子感染予防のために帝王切開が有効である。
4.生殖年齢女性の抗体保有率が近年上昇している。
5.妊娠中の初感染時に胎児感染に至る可能性は1% 以下である。

解答1・2

解説
1.〇 正しい。母体感染では不顕性感染が多く、出生時に症状が出ないことがある。また成長するにつれて症状が出る場合もある。
2.〇 正しい。妊娠中の母体がサイトメガロウイルスに感染すると、胎盤や血液を通じて胎内感染する。感染の症状や障害の重さは様々であるが、流産・死産、脳や聴力障害を生じ、その中に進行性の難聴がある。
3.× サイトメガロウイルスは母子感染予防のためには母体が感染しないことであり、手指衛生や周囲の子どもから感染しないようにすることである。胎盤や血液を通じて胎内感染するため、帝王切開は母子感染予防に有効ではない。
4.× 日本人妊婦のCMV抗体保有率は1990年頃には90%台であったが、近年では60〜70%台に低下している
5.× 妊娠中の初感染の中で60%は胎児に感染しないが、およそ40%が胎内感染する

 

 

 

 

 

 

35 産後うつ病の特徴はどれか。2つ選べ。

1.希死念慮を抱く。
2.児との愛着形成に影響する。
3.産後早期に幻覚が出現する。
4.産後2週ころまでに消失する。
5.症状の本質は予期せぬ気分の変化である。

解答1・2

解説
1.〇 正しい。産後うつ病では不眠や過眠などの睡眠障害や食欲減退や過食などの摂食障害希死念慮を抱く。
2.〇 正しい。産後の母親の精神状態は児との愛着形成に影響し、母親の対児愛着は産後うつと関連して悪くなるとされている。
3.× 産後うつ病は症状が進行してくるとうつ病だけでなく、幻覚や幻聴、異常行動など産後精神病になることもある。幻覚が出現するのは産後早期ではない。
4.× 産後うつ病は産後3ヶ月以内に発症することが多い。マタニティブルーズが通常は1〜2週間で治るのに対し、産後うつの症状は2週間以上持続する。
5.× 産後うつの症状は気分の落ち込みや楽しみの喪失、自責感や自己評価の低下などであり、予期せぬ気分の変化が症状の本質ではない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)