第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、会社員)。妊娠歴なし。夫(40 歳、会社員)と2年前に結婚した。結婚後なかなか妊娠しないため、不妊専門クリニックを初回受診した。Aさんの月経周期は30 日型で規則的、持続期間6〜7日である。半年ほど前から月経時の下腹部痛が強くなっているのを自覚している。次の月経は1週後の予定であるという。夫婦ともに既往歴と家族歴に特記すべきことはない。

36 初回受診時に行う検査で適切なのはどれか。

1.Huhner〈フーナー〉試験
2.経腟超音波検査
3.抗精子抗体検査
4.卵管通色素検査
5.Aさんの染色体検査

解答

解説
1.× Huhner〈フーナー〉試験
2.〇 正しい。経腟超音波検査
3.× 抗精子抗体検査
4.× 卵管通色素検査
5.× Aさんの染色体検査

 

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、会社員)。妊娠歴なし。夫(40 歳、会社員)と2年前に結婚した。結婚後なかなか妊娠しないため、不妊専門クリニックを初回受診した。Aさんの月経周期は30 日型で規則的、持続期間6〜7日である。半年ほど前から月経時の下腹部痛が強くなっているのを自覚している。次の月経は1週後の予定であるという。夫婦ともに既往歴と家族歴に特記すべきことはない。

37 初回受診後に、まず不妊原因についてのAさんのスクリーニング検査が開始された。その結果、血清クラミジア抗体検査が陽性であった。クラミジアの治療を行ったことはないという。子宮頸管分泌物の核酸増幅法検査では陰性である。抗菌薬の内服治療後に実施した子宮卵管造影検査の結果、左右卵管の通過性には問題がなかった。
 クリニックの助産師のAさんへの説明で正しいのはどれか。

1.「クラミジアの検査結果は夫に話す必要はありません」
2.「クラミジア感染が不妊の原因です」
3.「妊娠しても流産しやすい状態です」
4.「治療しても抗体は陽性のままです」

解答

解説
1.× 「クラミジアの検査結果は夫に話す必要はありません」
2.× 「クラミジア感染が不妊の原因です」
3.× 「妊娠しても流産しやすい状態です」
4.〇 正しい。「治療しても抗体は陽性のままです」

 

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、会社員)。妊娠歴なし。夫(40 歳、会社員)と2年前に結婚した。結婚後なかなか妊娠しないため、不妊専門クリニックを初回受診した。Aさんの月経周期は30 日型で規則的、持続期間6〜7日である。半年ほど前から月経時の下腹部痛が強くなっているのを自覚している。次の月経は1週後の予定であるという。夫婦ともに既往歴と家族歴に特記すべきことはない。

38 その後、夫の精液検査が行われて、重度の乏精子症であることが確認された。夫婦で夫の検査結果の説明を受けた後、2人ともできるだけ早く効果が期待できる治療に臨みたいと希望している。
 今後の不妊治療で優先されるのはどれか。

1.漢方療法
2.タイミング法
3.顕微授精〈ICSI〉-胚移植
4.提供精子を用いた人工授精

解答

解説
1.× 漢方療法
2.× タイミング法
3.〇 正しい。顕微授精〈ICSI〉-胚移植
4.× 提供精子を用いた人工授精

 

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、初産婦)。祖父と母親が2型糖尿病の治療を受けている。自然妊娠して妊娠初期に、妊娠中の明らかな糖尿病〈overt diabetes in pregnancy〉の診断を受けた。妊娠中は、自己血糖測定の値に応じてインスリン自己注射を行い、食事は6回の分割食で血糖コントロールは良好であった。3,400 gの児を正常分娩にて出産し母児同室中である。

39 産褥2日。血糖値は朝食前85 mg/dLで予定通りの量のインスリンを自己注射してから朝食を摂取した。朝食後2時間、助産師が訪室するとAさんは授乳中であったが、気分不快を訴えて冷汗が認められた。授乳を一時中断して、自己血糖測定器で血糖値を測定したところ70 mg/dLであった。
 このときのAさんへの対応で適切なのはどれか。

1.授乳を再開して様子を見る。
2.追加のインスリン投与の準備をする。
3.仰臥位で両下肢を挙上した体位とする。
4.ブドウ糖含有の飴をなめるように促す。

解答

解説
1.× 授乳を再開して様子を見る。
2.× 追加のインスリン投与の準備をする。
3.× 仰臥位で両下肢を挙上した体位とする。
4.〇 正しい。ブドウ糖含有の飴をなめるように促す。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、初産婦)。祖父と母親が2型糖尿病の治療を受けている。自然妊娠して妊娠初期に、妊娠中の明らかな糖尿病〈overt diabetes in pregnancy〉の診断を受けた。妊娠中は、自己血糖測定の値に応じてインスリン自己注射を行い、食事は6回の分割食で血糖コントロールは良好であった。3,400 gの児を正常分娩にて出産し母児同室中である。

40 産褥6日。インスリン量の調整が行われて、Aさんの血糖値も適切なコントロールとなった。母乳分泌は良好で、授乳は母乳のみで行い、児の体重は3,450 gである。1日の摂取エネルギーは1,800 kcalで3分食とし、食事直前にインスリンの自己注射を継続することとなった。
 退院指導の内容で適切なのはどれか。

1.「母乳分泌量が増えたら、食事カロリー量を再度検討しましょう」
2.「授乳は30 分程度で切り上げて血糖値の変動を抑えましょう」
3.「母乳育児をすると、糖尿病が悪化しやすくなります」
4.「授乳前には軽い間食を摂るといいですよ」

解答

解説
1.〇 正しい。「母乳分泌量が増えたら、食事カロリー量を再度検討しましょう」
2.× 「授乳は30 分程度で切り上げて血糖値の変動を抑えましょう」
3.× 「母乳育児をすると、糖尿病が悪化しやすくなります」
4.× 「授乳前には軽い間食を摂るといいですよ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)