第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A さん(64歳、女性)は夫が昨年に他界し、3人の子どもと別居しており現在1人暮らしである。婦人科外来を受診し「昨年から軟らかいかたまりが腟のところに触れられる。押すと戻るがまた出てきて困っている。下着とこすれて、おりものが多い」と訴えた。診察の結果、Aさんは膀胱下垂を中心とした骨盤臓器脱と診断された。Aさんはペッサリーによる矯正を行うことになり、助産師が保健指導を実施することとなった。

41 助産師が「骨盤内の臓器を支える力が弱くなると、一部が腟内に垂れたり、腟口から脱出して、触れることがあります」と説明すると、A さんから「私の場合は何が触れているのか知りたい」と質問があった。
 Aさんへの回答として、適切な部位はどれか。

1.膀胱
2.子宮頸部
3.腟前壁
4.後腟円蓋
5.直腸筋膜

解答

解説
1.× 膀胱
2.× 子宮頸部
3.〇 正しい。腟前壁
4.× 後腟円蓋
5.× 直腸筋膜

 

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A さん(64歳、女性)は夫が昨年に他界し、3人の子どもと別居しており現在1人暮らしである。婦人科外来を受診し「昨年から軟らかいかたまりが腟のところに触れられる。押すと戻るがまた出てきて困っている。下着とこすれて、おりものが多い」と訴えた。診察の結果、Aさんは膀胱下垂を中心とした骨盤臓器脱と診断された。Aさんはペッサリーによる矯正を行うことになり、助産師が保健指導を実施することとなった。

42 Aさんは「ペッサリーを使うようになってから、臓器が降りてくる感じがなくなりました。でも、尿漏れが少し気になっています。自分でできることがあれば教えてほしい」と話した。助産師はKegel<キーゲル>体操の実施を提案することにした。
 説明として正しいのはどれか。2つ選べ。

1.「膀胱に尿をためて行いましょう」
2.「どんな姿勢で行ってもよいです」
3.「肩と腹に力を入れましょう」
4.「腟のあたりに力を入れて5秒間くらい維持しましょう」
5.「1回行ったら2〜3日間隔をあけましょう」

解答2・4

解説
1.× 「膀胱に尿をためて行いましょう」
2.〇 正しい。「どんな姿勢で行ってもよいです」
3.× 「肩と腹に力を入れましょう」
4.〇 正しい。「腟のあたりに力を入れて5秒間くらい維持しましょう」
5.× 「1回行ったら2〜3日間隔をあけましょう」

 

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A さん(64歳、女性)は夫が昨年に他界し、3人の子どもと別居しており現在1人暮らしである。婦人科外来を受診し「昨年から軟らかいかたまりが腟のところに触れられる。押すと戻るがまた出てきて困っている。下着とこすれて、おりものが多い」と訴えた。診察の結果、Aさんは膀胱下垂を中心とした骨盤臓器脱と診断された。Aさんはペッサリーによる矯正を行うことになり、助産師が保健指導を実施することとなった。

43 その後の半年間、Aさんは毎月受診し経過は順調であった。A さんは「昨年から悩んでいたけど、いまはスッキリしました。治療してよかったです」と話した。今後もペッサリーの自己着脱は継続し、受診頻度は減らす方針である。
 今回の受診時に助産師が確認すべきA さんの状態はどれか。2つ選べ。

1.骨量
2.腟内pH
3.排尿の状態
4.排便の状態
5.腟出血の有無

解答3・5

解説
1.× 骨量
2.× 腟内pH
3.〇 正しい。排尿の状態
4.× 排便の状態
5.〇 正しい。腟出血の有無

 

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(40歳、1回経産婦)。20歳から喫煙している。今回、妊娠を機に禁煙を試みたが、現在も5本/日喫煙している。妊娠36週0日、妊婦健康診査のため産婦人科病院を定期受診した。身長158 cm、体重62 kg(非妊時体重55 kg)、血圧135/80mmHg。尿蛋白(+) 、尿糖(±)。子宮底長28 cm。空腹時血糖85 mg/dL。胎児推定体重1,950 g、AFI8。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮2回/40分、胎児心拍数基線120bpm、基線細変動正常、一過性頻脈3回/40 分。子宮口1指開大、展退度30 %、頸管長30 mm。

44 現時点でのアセスメントで正しいのはどれか。

1.切迫早産
2.羊水過多
3.妊娠糖尿病
4.胎児発育不全
5.妊娠高血圧症候群<HDP>

解答

解説
1.× 切迫早産
2.× 羊水過多
3.× 妊娠糖尿病
4.〇 正しい。胎児発育不全
5.× 妊娠高血圧症候群<HDP>

 

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(40歳、1回経産婦)。20歳から喫煙している。今回、妊娠を機に禁煙を試みたが、現在も5本/日喫煙している。妊娠36週0日、妊婦健康診査のため産婦人科病院を定期受診した。身長158 cm、体重62 kg(非妊時体重55 kg)、血圧135/80mmHg。尿蛋白(+) 、尿糖(±)。子宮底長28 cm。空腹時血糖85 mg/dL。胎児推定体重1,950 g、AFI8。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮2回/40分、胎児心拍数基線120bpm、基線細変動正常、一過性頻脈3回/40 分。子宮口1指開大、展退度30 %、頸管長30 mm。

45 妊娠37 週3日、午前1時にAさんから病院に電話があり「30分位前から時々下腹部の痛みを感じています。茶色いおりものが少量でています」と言う。
 助産師がA さんから聴取する情報で最も重要なのはどれか。

1.次回の受診予約
2.食事摂取の時間
3.胎動の有無
4.便秘の有無

解答

解説
1.× 次回の受診予約
2.× 食事摂取の時間
3.〇 正しい。胎動の有無
4.× 便秘の有無

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)