第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(36 歳、初産婦)。祖父と母親が2型糖尿病の治療を受けている。自然妊娠して妊娠初期に、妊娠中の明らかな糖尿病〈overt diabetes in pregnancy〉の診断を受けた。妊娠中は、自己血糖測定の値に応じてインスリン自己注射を行い、食事は6回の分割食で血糖コントロールは良好であった。3,400 gの児を正常分娩にて出産し母児同室中である。

41 出産後6か月、糖尿病の定期検査のため来院した。血糖コントロールは良好である。Aさんは「退院後は自分の糖尿病の治療と初めての育児で毎日が大変でした。でも、最近は自分なりの育児ができるようになり、自信がついてきました。近い将来、もう1人子どもが欲しいです」と言う。
 Aさんへの説明として適切なのはどれか。

1.「次回の妊娠に向けて、引き続き血糖をコントロールしていきましょう」
2.「糖尿病が治ってから妊娠をするようにしましょう」
3.「月経が再開したらインスリンは終了できます」
4.「お子さんは糖尿病になる心配はないでしょう」

解答

解説
1.〇 正しい。「次回の妊娠に向けて、引き続き血糖をコントロールしていきましょう」
2.× 「糖尿病が治ってから妊娠をするようにしましょう」
3.× 「月経が再開したらインスリンは終了できます」
4.× 「お子さんは糖尿病になる心配はないでしょう」

 

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 Aさん(21 歳、初産婦、未婚)。高校卒業後、友人を頼りに上京したが、定職がなく不定期のアルバイトで収入を得て生活をしている。元来、月経周期が不規則であり、最近は長期間無月経であったが気にせず過ごしていた。3日ほど前から下腹部に時々痛みを感じ、腫れた感じがするため、産婦人科医院を受診した。
 診察前の尿検査で妊娠反応陽性、超音波検査で子宮内に胎児が確認され、児頭大横径55 mm。子宮底長20 cm、腹囲66 cm。最終月経の開始日は6か月前である。現在交際中のパートナーはなく、3か月前までは複数の男性との交際歴があり胎児の父親は不明であるという。

42 妊娠週数の正確な推定のために最も有用な情報はどれか。

1.腹囲
2.子宮底長
3.児頭大横径
4.最終月経の開始日
5.尿中ヒト絨毛性ゴナドトロピン値

解答

解説
1.× 腹囲
2.× 子宮底長
3.〇 正しい。児頭大横径
4.× 最終月経の開始日
5.× 尿中ヒト絨毛性ゴナドトロピン値

 

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 Aさん(21 歳、初産婦、未婚)。高校卒業後、友人を頼りに上京したが、定職がなく不定期のアルバイトで収入を得て生活をしている。元来、月経周期が不規則であり、最近は長期間無月経であったが気にせず過ごしていた。3日ほど前から下腹部に時々痛みを感じ、腫れた感じがするため、産婦人科医院を受診した。
 診察前の尿検査で妊娠反応陽性、超音波検査で子宮内に胎児が確認され、児頭大横径55 mm。子宮底長20 cm、腹囲66 cm。最終月経の開始日は6か月前である。現在交際中のパートナーはなく、3か月前までは複数の男性との交際歴があり胎児の父親は不明であるという。

43 Aさんは、初診時には妊娠に困惑した様子で「お金もないし、相手も分からないので育てる自信がない。両親にも伝えていない」と話した。助産師はAさんにまず両親に連絡を取ることを勧めた。2回目の受診時、Aさんは「お父さんもお母さんも怒っていたけど、生まれたら実家で一緒に育てようと言ってくれた。産みたいと思う」と明るい表情で話した。Aさんは助産師と相談の上、現在の産婦人科医院で分娩してから、児とともに退院後すぐに実家に帰って生活することを予定した。
 助産師がAさんのサポートのために分娩前から連絡をとる関係機関で適切なのはどれか。

1.保育所
2.警察署
3.児童相談所
4.ハローワーク
5.市町村保健センター

解答

解説
1.× 保育所
2.× 警察署
3.× 児童相談所
4.× ハローワーク
5.〇 正しい。市町村保健センター

 

 

 

 

 

 

 

44 その後、Aさんは定期的に妊婦健康診査を受診し、経過は順調であった。妊娠31 週頃より左鼠径部に限局して痛みが強い水疱を伴う複数の皮疹が出現した。妊娠32週に血清抗体検査が行われ、検査結果では単純ヘルペス抗体検査はIgG とIgM いずれも陰性、水痘・帯状疱疹ウイルス抗体IgG 陽性、IgM 陰性であった。妊娠34 週に受診の際には皮疹は痂皮化していた。
 この時点で助産師のAさんへの説明で正しいのはどれか。

1.「母乳での育児はできません」
2.「痛みが残ることはありません」
3.「胎児への感染の心配はありません」
4.「分娩後はワクチンを接種しましょう」
5.「原因ウイルスの初回の感染で生じた症状です」

解答

解説
1.× 「母乳での育児はできません」
2.× 「痛みが残ることはありません」
3.〇 正しい。「胎児への感染の心配はありません」
4.× 「分娩後はワクチンを接種しましょう」
5.× 「原因ウイルスの初回の感染で生じた症状です」

 

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。妊娠36週0日、胎児機能不全のため緊急帝王切開を受け、男児を出産した。児は出生時、自発呼吸・体動を認めず、生後30 秒で心拍数が30/分のためバッグ・マスク換気を開始し、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉モニターを装着した。その後のモニター値と児の状態を以下に示す。

45 バッグ・マスク換気の中止を検討すべきなのはいつか。

1.生後1分
2.生後1分30秒
3.生後2分
4.生後2分30秒
5.生後3分

解答

解説
1.× 生後1分
2.× 生後1分30秒
3.× 生後2分
4.〇 正しい。生後2分30秒
5.× 生後3分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)