第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(40歳、1回経産婦)。20歳から喫煙している。今回、妊娠を機に禁煙を試みたが、現在も5本/日喫煙している。妊娠36週0日、妊婦健康診査のため産婦人科病院を定期受診した。身長158 cm、体重62 kg(非妊時体重55 kg)、血圧135/80mmHg。尿蛋白(+) 、尿糖(±)。子宮底長28 cm。空腹時血糖85 mg/dL。胎児推定体重1,950 g、AFI8。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮2回/40分、胎児心拍数基線120bpm、基線細変動正常、一過性頻脈3回/40 分。子宮口1指開大、展退度30 %、頸管長30 mm。

46 その後、Aさんは自宅で経過をみることになった。同日午後2時にAさんが直接来院し、「1時間ほど前からお腹の痛みが急に強くなり、時々血が腟から流れでています」と言う。来院時体温37.0 ℃、脈拍100/分、血圧135/85 mmHg。胎児心拍数陣痛図で3分毎の子宮収縮があり、心拍数の基線細変動が減少しており、遅発性一過性徐脈が確認された。緊急帝王切開術が施行された。術中出血量は羊水を含めて2,600 mLであった。羊水に血液が混じっており、胎盤の母体面の一部に血腫の付着が認められた。
 手術室から帰室した時点のA さんの観察項目で最も重要なのはどれか。

1.腟からの出血量
2.下肢の浮腫
3.腸蠕動音
4.発熱

解答

解説
1.〇 正しい。腟からの出血量
2.× 下肢の浮腫
3.× 腸蠕動音
4.× 発熱

 

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 在胎週数32週、出生体重1,800 g、児心音低下のため緊急帝王切開で出生した男児。出生直後、啼泣なく筋緊張は低下。温めたタオルで羊水を拭き取り、口鼻腔内から白色の分泌物を吸引した。心拍は6秒間に3回であった。直ちに人工呼吸が行われ、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>モニターと心電図モニターが装着された。生後2分が経過しても自発呼吸を認めなかったため、気管挿管による人工呼吸と胸骨圧迫が開始された。生後5分の評価で、心拍数50/分、自発呼吸はなく、全身性チアノーゼを認めた。

47 最初に投与すべきなのはどれか。

1.ドパミン
2.生理食塩液
3.新鮮凍結血漿
4.アドレナリン
5.重炭酸ナトリウム

解答

解説
1.× ドパミン
2.× 生理食塩液
3.× 新鮮凍結血漿
4.〇 正しい。アドレナリン
5.× 重炭酸ナトリウム

 

 

 

 

 

 

48 救命された児は母との面会のあとNICUに入院となった。児は保育器に収容され、人工呼吸器が装着された。血液検査や胸腹部エックス線撮影の結果、呼吸窮迫症候群と診断され人工肺サーファクタント補充療法が行われた。
 1時間後の児のバイタルサインは体温37.0 ℃、心拍数138/分、血圧48/28mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>94 %(上肢)、83 %(下肢)で上下肢差を認めた。
 考えられる病態はどれか。

1.壊死性腸炎
2.大血管転位症
3.胎便吸引症候群
4.新生児遷延性肺高血圧症

解答

解説
1.× 壊死性腸炎
2.× 大血管転位症
3.× 胎便吸引症候群
4.〇 正しい。新生児遷延性肺高血圧症

 

 

 

 

 

 

49 生後3週、児は保育器の中で経管栄養を行っている。呼吸補助や酸素投与は不要で、体重は出生体重に回復し、本日初回の眼底検査を受けることになった。
 このときの児への対応で正しいのはどれか。

1.空腹時の検査を避ける。
2.照明下で検査を実施する。
3.検査前に抗菌薬を点眼する。
4.開瞼器の圧迫による迷走神経反射に注意する。

解答

解説
1.× 空腹時の検査を避ける。
2.× 照明下で検査を実施する。
3.× 検査前に抗菌薬を点眼する。
4.〇 正しい。開瞼器の圧迫による迷走神経反射に注意する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Bさん(39 歳、1回経産婦)。妊娠32週の妊婦健康診査目的でA 病院の助産師外来を受診した。血圧126/68 mmHg。尿蛋白(-) 、尿糖(-) 。下肢浮腫(-) 。子宮底28cm。推定胎児体重1,950 g。胎動あり。B さんは「上の子の出産後に会陰切開の痛みが強かったので、できれば今回は会陰切開をせずにお産したいです」と話している。

50 このときの助産師外来の助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.会陰切開が必要かはわからないと伝える。
2.会陰切開の創痛には鎮痛薬を使用できると説明する。
3.妊娠37週以降に会陰切開について話し合う計画を立てる。
4.会陰切開に対する希望をバースプランに記載するよう勧める。

解答

解説
1.× 会陰切開が必要かはわからないと伝える。
2.× 会陰切開の創痛には鎮痛薬を使用できると説明する。
3.× 妊娠37週以降に会陰切開について話し合う計画を立てる。
4.〇 正しい。会陰切開に対する希望をバースプランに記載するよう勧める。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)