第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前51~55】

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Bさん(39 歳、1回経産婦)。妊娠32週の妊婦健康診査目的でA 病院の助産師外来を受診した。血圧126/68 mmHg。尿蛋白(-) 、尿糖(-) 。下肢浮腫(-) 。子宮底28cm。推定胎児体重1,950 g。胎動あり。B さんは「上の子の出産後に会陰切開の痛みが強かったので、できれば今回は会陰切開をせずにお産したいです」と話している。

51 B さんは、妊娠39 週で3,450 gの男児を正常分娩した。産褥3日、Bさんは疲れた様子で、泣いている児をあやしている。助産師が声をかけると「上の子はこんなに泣かなかったのに、この子は何をしても泣き止まなくて、どうしていいかわかりません」と張りのない声で答え、涙を流している。助産師はマタニティブルーズを疑い、退院後のフォローアップについて検討するためにカンファレンスを行った。A 病院は、母親のメンタルヘルスの支援を充実させるために、保健センターとの連携を強化している。
Bさんのマタニティブルーズの経過を評価するときの方法と評価者との組合せで、最も適切なのはどれか。

1.退院後1週以内の電話による状況確認:A 病院の助産師
2.産後1か月健診:A病院の助産師外来の担当者
3.新生児訪問事業:保健センターの保健師
4.乳児家庭全戸訪問事業:乳児家庭全戸訪問事業の訪問員

解答

解説
1.〇 正しい。退院後1週以内の電話による状況確認:A 病院の助産師
2.× 産後1か月健診:A病院の助産師外来の担当者
3.× 新生児訪問事業:保健センターの保健師
4.× 乳児家庭全戸訪問事業:乳児家庭全戸訪問事業の訪問員

 

 

 

 

 

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Bさん(39 歳、1回経産婦)。妊娠32週の妊婦健康診査目的でA 病院の助産師外来を受診した。血圧126/68 mmHg。尿蛋白(-) 、尿糖(-) 。下肢浮腫(-) 。子宮底28cm。推定胎児体重1,950 g。胎動あり。B さんは「上の子の出産後に会陰切開の痛みが強かったので、できれば今回は会陰切開をせずにお産したいです」と話している。

52 Bさんは、産後の身体的な経過は良好で、授乳も順調で母乳栄養である。退院前日、夫から第1子(3歳)がインフルエンザと診断されたと連絡があった。Bさんは、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種している。A病院の産科病棟は、子どもの立ち入りが禁止されている。Bさんは退院を強く希望し、主治医と相談した結果、予定通り退院することになった。B さんは「退院後にこの子(第2子)の育児で注意することを教えてください」と話している。
 Bさんへの指導内容で正しいのはどれか。

1.沐浴を中止する。
2.手洗いを励行する。
3.搾乳して児に与える。
4.第2子の衣類は第1子と分けて洗濯する。

解答

解説
1.× 沐浴を中止する。
2.〇 正しい。手洗いを励行する。
3.× 搾乳して児に与える。
4.× 第2子の衣類は第1子と分けて洗濯する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み53、54の問いに答えよ。
A さん(33 歳、初産婦)。自然妊娠し、産婦人科病院で妊婦健康診査を受けており妊娠経過は順調であった。子宮底部前壁に4cm大の子宮筋層内筋腫が指摘されていた。妊娠38 週の妊婦健康診査では児の推定体重2,860 g、羊水量正常で胎盤位置は子宮底部の後壁であった。妊娠39週2日、午後10 時に陣痛が開始して来院した。体温37.4 ℃、心拍数85/分、血圧125/75 mmHg。内診所見は頭位、子宮口6cm 開大、展退度80 %、Station ±0、未破水で入院となった。
 入院時の胎児心拍数陣痛図を下図に示す。

53 この胎児心拍数陣痛図の徐脈性変化の原因で最も適切なのはどれか。

1.臍帯圧迫
2.子宮筋腫
3.母体発熱
4.胎児発育不全
5.産道による児頭圧迫

解答

解説
1.× 臍帯圧迫
2.× 子宮筋腫
3.× 母体発熱
4.× 胎児発育不全
5.〇 正しい。産道による児頭圧迫

 

 

 

 

 

 

次の文を読み53、54の問いに答えよ。
A さん(33 歳、初産婦)。自然妊娠し、産婦人科病院で妊婦健康診査を受けており妊娠経過は順調であった。子宮底部前壁に4cm大の子宮筋層内筋腫が指摘されていた。妊娠38 週の妊婦健康診査では児の推定体重2,860 g、羊水量正常で胎盤位置は子宮底部の後壁であった。妊娠39週2日、午後10 時に陣痛が開始して来院した。体温37.4 ℃、心拍数85/分、血圧125/75 mmHg。内診所見は頭位、子宮口6cm 開大、展退度80 %、Station ±0、未破水で入院となった。
 入院時の胎児心拍数陣痛図を下図に示す。

54 入院翌日の午前4時に破水となり、内診所見は子宮口全開大、Station+ 2であった。午前5時の時点で陣痛周期3分、陣痛持続時間1分でAさんは仰臥位で陣痛時にいきみを生じている。内診所見はStation+3 で、軽度産瘤形成があり、矢状縫合は斜めの向きで大泉門を10 時方向に触れた。胎児心拍数陣痛図では胎児心拍に異常は認めない。
 このときのA さんへの助産師の対応で正しいのはどれか。

1.帝王切開の準備をする。
2.吸引分娩の準備をする。
3.A さんにマスクによる酸素投与を行う。
4.A さんの体位を変えて経過を観察する。
5.強く努責を行うことをA さんに勧める。

解答

解説
1.× 帝王切開の準備をする。
2.× 吸引分娩の準備をする。
3.× A さんにマスクによる酸素投与を行う。
4.〇 正しい。A さんの体位を変えて経過を観察する。
5.× 強く努責を行うことをA さんに勧める。

 

 

 

 

 

次の文を読み55の問いに答えよ。
 A さん(30歳、1回経産婦)。第1子は骨盤位のため38 週0日に予定帝王切開で出産した。今回の妊娠経過は順調で、Aさんは経腟分娩を希望している。妊娠38週3日9時、陣痛発来し入院した。入院時子宮口3cm 開大、未破水。末梢静脈の血管確保をして経過観察をしていたところ分娩は順調に進行し、14時の内診では子宮口9cm 開大、Station +1、破水していた。その直後、A さんは突然激しい腹痛を訴えた。呼吸数30/分、血圧70/30 mmHg、脈拍120/分。胎児心拍数陣痛図では変動一過性徐脈が出現し、その後高度徐脈となった。直ちに助産師が内診を行うと児頭を触知できなかった。異常な性器出血はみられなかった。

55 このときのA さんの状態で最も考えられるのはどれか。

1.頸管裂傷
2.子宮破裂
3.常位胎盤早期剝離
4.仰臥位低血圧症候群

解答

解説
1.× 頸管裂傷
2.〇 正しい。子宮破裂
3.× 常位胎盤早期剝離
4.× 仰臥位低血圧症候群

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)