第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前6~10】

 

6 妊娠による性器の変化で正しいのはどれか。

1.初期に卵巣は腫大する。
2.腟内の乳酸の産生が減少する。
3.子宮頸部は体部より早期に軟化する。
4.子宮壁の厚さは妊娠末期に最大となる。

解答

解説
1.〇 正しい。妊娠初期には絨毛性ゴナドトロピン(HCG)が過剰産生され卵巣が刺激されることにより卵巣が腫れる。HCGは排卵後に卵巣に形成された黄体を刺激して黄体の受精卵を発育させる機能を維持する。機能的な卵巣嚢腫(ルテイン嚢胞)であり、妊娠初期の胎盤が形成される15〜16週ごろまでにほとんどの場合に治まる。
2.× 妊娠により腟内の乳酸の産生は減少せず増加する。乳酸桿菌であるデーデルライン桿菌は腟内を酸性に保つ働きがあり、異常細菌の増殖を防ぐ腟の自浄作用を行う。妊娠中は乳酸桿菌が増加するし強酸性となる。
3.× 子宮頸部は体部より遅れて軟化する。12〜16週ごろに子宮体部の軟化のために、子宮峡部が双合診で内診指と外診指が直接触れるように感じるヘガール徴候がみられる。
4.× 子宮壁の厚さは妊娠が進むと薄くなる。妊娠中は胎児の成長とともに子宮が大きくなるため子宮壁も伸び、妊娠末期に最も薄くなる。

 

 

 

 

 

 

7 胎盤通過性で正しいのはどれか。

1.グルコースは通過しない。
2.免疫グロブリンIgGは通過する。
3.水溶性が高い物質ほど通過しやすい。
4.分子量が大きい物質ほど通過しやすい。

解答

解説
1.× グルコースは、胎盤通過性がある。胎盤を通じて胎児へグルコースを輸送している。
2.〇 正しい。免疫グロブリンIgGは、唯一胎盤を通過できる。母親から移行したIgGは生後1週間まで新生児を守る。血中に最も多い抗体であり、血中や組織中に広く分布して生体防御を担う。
3.× 胎盤は、水溶性が高い物質よりも脂溶性が高い物質が通過しやすい。
4.× 胎盤は、分子量が大きいものよりも分子量が小さい物質が通過しやすい。

 

 

 

 

 

 

8 骨盤峡部の前後径を表しているのはどれか。

1.恥骨結合後面中央と第2、3仙椎癒合部の中央との距離
2.岬角の中央から恥骨結合上縁中央までの距離
3.恥骨結合下縁から仙骨下端中央までの距離
4.左右寛骨臼内面中心間の距離

解答

解説
1.× 恥骨結合後面中央と第2、3仙椎癒合部の中央との距離は骨盤濶部である。骨盤濶部は骨盤腔の中で最も広い場所である。
2.× 岬角の中央から恥骨結合上縁中央までの距離は骨盤入口部である。骨盤入口部の縦径のうち、岬角の中央から恥骨結合上縁の中央までの最短距離は解剖学的真結合線と呼ぶ(平均値は11cm)。岬角の中央から恥骨結合後面までの最短距離を産科的真結合線と呼ぶ(平均値は10.7cm)。骨盤入口部は①岬角と恥骨結合上縁を含む面、②①と平行かつ骨盤分界線の下縁を含む面の2つの面によって構成される。
3.〇 正しい。骨盤峡部の前後径は恥骨結合下縁から仙骨下端中央までの距離である。骨盤峡部は広い骨盤濶部の下にある狭い場所である。峡部の上面は濶部の下面と一致する。下面は仙骨先端と恥骨結合下縁を結ぶ線によって作られる。峡部の 縦径の平均値は11.5cm、横径の平均値は10.5cmである。
4.× 寛骨は側方と前方の大骨盤を構成する骨である。骨盤峡部は小骨盤の4区分の1つであり、骨産道である骨盤腔の中にある。大骨盤を構成する寛骨には腸骨、坐骨、恥骨の融合体が含まれる。寛骨臼は骨盤の外側にある寛骨の中央部のカップ状の陥凹部である。

 

 

 

 

 

 

9 産褥4日の初産婦。産後の経過に異常はなく、母乳育児をしている。明日退院予定である。2年後に2人目の子どもが欲しいと話した。
 産後の避妊法の説明として適切なのはどれか。

1.コンドームは産後8週まで使用できない。
2.ペッサリーは妊娠前と同じサイズのものでよい。
3.低用量経口避妊薬は産後1か月から使用できる。
4.子宮内避妊器具<IUD>は子宮の復古が確認されたら挿入できる。

解答

解説
1.× コンドームは産後すぐの避妊に適しており、産後8週でも使用できる。
2.× ペッサリーは①体重の増減が4.5キログラム以上あった場合、②1年以上使用している場合、③出産や中絶をした場合には、腟の大きさや形が変化することがあるためサイズを合わせ直す必要がある。ペッサリーはドーム形をしたゴム製のカップで、腟から挿入して子宮頸部にかぶせて使用する。
3.× 低用量経口避妊薬が使用できるのは授乳している場合は産後6か月以降である。低用量経口避妊薬はホルモン剤で乳汁分泌に影響をあたえるため、母乳育児を希望する場合は避ける。授乳していなければ産後3週から使用できる。
4.〇 正しい。子宮内避妊器具<IUD>は産後6週間以上経過し子宮の復古が確認されたら挿入できる。産後6週間を過ぎれば授乳中でも使用できる。

 

 

 

 

 

 

10 A病院では希望がある場合に助産師による家庭訪問を行っている。5月、正常分娩して退院した初産婦の産褥10日に家庭訪問を行うことになった。
 家庭環境について把握する項目で最も重要なのはどれか。

1.ベビーバスの有無
2.児の冬服の準備状況
3.温度および湿度調整の可否
4.独立した育児用の部屋の有無

解答

解説
1.× ベビーバスは家庭によっては大きめの桶やシンクでも代用可能であり、家庭環境について把握する項目で重要ではない。
2.× 児の冬服の準備状況など服装に関しては室温やかけもので調整可能であり、産後の家庭環境について把握する項目で重要ではない。
3.〇 正しい。新生児は室温や湿度の影響を受けやすいため、温度および湿度調整の可否は家庭環境について把握する項目で重要である。
4.× 独立した育児用の部屋はなくても育児可能であり、家庭環境について把握する項目で重要ではない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)