第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午後6~10】

 

6 臓器移植では拒絶反応の主要な要因となる分子であり、妊娠では絨毛細胞における特殊な発現様式が胎児に対する母体の免疫学的受容に深くかかわっているのはどれか。

1.エストロゲン受容体
2.プロゲステロン受容体
3.ヒト白血球抗原〈HLA〉
4.ヒト絨毛性ゴナドトロピン

解答

解説
1.× エストロゲン受容体(ER)とは、エストロゲンが結びつくがん細胞の表面に発現する分子である。エストロゲン受容体陽性乳がんはエストロゲンを取り入れて増殖する性質がある。ホルモン療法ではエストロゲンの産生を抑制したり、エストロゲンとERの結合を阻止して、がん細胞の増殖を抑える。
2.× プロゲステロン受容体(PgR)とは、プロゲステロンが結びつくがん細胞の表面に発現する分子である。細胞の中でホルモンが作用する部分をレセプター(受容体)という。
3.〇 正しい。ヒト白血球抗原〈HLA〉はほぼすべての細胞と体液に分布しており、ヒトの免疫に関わる重要な分子である組織適合性抗原として働いている。造血幹細胞移植や臓器移植では自分のHLAに合わないものをすべて攻撃してしまうため、HLAの適合性が重要視される。胎盤絨毛細胞(トロホブラスト)ではHLA抗原を発現している。
4.× ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、主に絨毛組織において産生され、妊娠初期の卵巣黄体を刺激してプロゲステロン産生を高め、妊娠の維持に重要な働きをしている。また胎児精巣に対する性分化作用や母体甲状腺刺激作用がある。絨毛性腫瘍の他に、子宮、卵巣、肺、消化管、膀胱の悪性腫瘍においても異所性発現している例もある。

 

 

 

 

 

 

7 抗RhD抗体陰性の妊婦に対して抗D免疫グロブリンを投与すべき時期はどれか。

1.陣痛発来時点
2.羊水穿刺の直後
3.正期産の産褥5日
4.妊娠5週での自然流産直後

解答

解説
1.× 陣痛発来時点での投与は遅すぎる。妊娠28週以降は感作のリスクが上昇するといわれているため、妊娠28週前後で抗Rh(D)抗体の有無を確認した後に抗D免疫グロブリンを投与して以降の感作を予防する。
2.〇 正しい。羊水穿刺を行う際には抗体価測定を行って事前の感作の有無を確認した上で検査を行い、抗D免疫グロブリンを投与するのが望ましい。
3.× 分娩後に投与する場合は妊娠中に抗D免疫グロブリンを投与されていて分娩直後の抗Rh(D)抗体検査で弱陽性の褥婦である。
4.× 感作予防のために抗D免疫グロプリンを投与する場合は、①妊娠7週以降まで児の生存が確認できた自然流産後、②妊娠7週以降の人工流産・異所性妊娠後、③腹部打撲後、④妊娠中の検査・処置後(羊水穿刺、胎位外回転術等)が挙げられている。妊娠5週での自然流産直後は当てはまらない。

 

 

 

 

 

 

8 在胎22 週の胎児の状態はどれか。

1.音に対する明らかな反応がある。
2.全身に胎脂の付着を認める。
3.覚醒期が認められる。
4.呼吸様運動を認める。

解答

解説
1.× 音に対する反応が見られるのは早くて妊娠24週頃であり、22週では明らかな反応があるとはいえない。
2.× 胎脂が作られ始めるのは妊娠16〜19週であるが、量には個人差がある。出産までに体全体を覆うようになるため、22週で全身に胎脂の付着を認めるとはいえない。
3.× 妊娠21週頃になると、胎児は約20~30分おきに睡眠と活動を交互に行い、寝たり起きたりを繰り返すようになるが、覚醒期ではない。
4.〇 正しい。妊娠16〜17週頃から羊水を飲んでは肺の中でためてふくらませ、また吐き出すという呼吸様運動を認める。

 

 

 

 

 

 

9 出生直後の新生児の哺乳前行動で適切なのはどれか。

1.自分の手を吸啜する。
2.生後2時間以降に認める。
3.覚醒レベルのState6で認める。
4.分娩中の麻酔薬による影響は少ない。

解答

解説

1.〇 正しい。原始反射の1つである自分の手を吸啜する吸啜行動がみられる。
2.× 吸啜行動は胎児期から見られる行動であり、生後2時間以降に認めるわけではない。
3.× 覚醒レベルのState6は空腹や何かしらの不快な状態で泣いているため哺乳前行動はみられない。State4が静かに起きている状態でケアにも適している。
4.× 無痛分娩などで硬膜外麻酔を分娩中に使用した場合、薬を投与しなかった児よりも生後数日間、運動機能や刺激に対する反応が劣ることがあるという研究結果がある。

 

 

 

 

 

 

10 助産師は、中学1年生の女子生徒30名を対象とした45 分間の健康教育の依頼を受けた。養護教諭と担任教諭との事前打ち合わせで、中学1年生で月経が発来した生徒が約半数であること、月経前にイライラ感、頭痛などを訴える生徒が多いことがわかった。
 今回の健康教育を行う内容で、優先度が高いのはどれか。

1.月経時の手当の仕方
2.月経前症候群の症状
3.基礎体温の測定
4.性感染症

解答

解説
1.× 今回は中学1年生で月経が発来した生徒が約半数であり、月経時の手当の仕方よりも月経前症候群の症状に悩んでいる生徒が多いため、優先される内容ではない。
2.〇 正しい。担任教諭との事前打ち合わせで月経前にイライラ感、頭痛などを訴える生徒が多いことがわかっているため、月経前症候群の症状についての内容の優先度が高い。
3.× 基礎体温の測定では排卵や月経、体調の変化の予測に役立つため必要な知識ではあるが、月経前症候群に悩んでいる生徒が多いため、優先される内容ではない。
4.× 今回は月経が発来した生徒が約半数であり、性感染症の知識よりも基本的な月経についての知識や悩んでいる生徒が多い月経前症候群についての内容が優先される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)