第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第105回保健師国家試験、第102回助産師国家試験、第108回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 市町村に勤務する保健師が、業務上知り得た人の秘密を、他に漏らしてはならないことを規定しているのはどれか。

1.医療法
2.地域保健法
3.地方公務員法
4.地域保健対策の推進に関する基本的な指針

解答

解説
1.× 医療法
2.× 地域保健法
3.〇 正しい。地方公務員法
4.× 地域保健対策の推進に関する基本的な指針

 

 

 

 

 

2 日本で、いわゆる公害病が公衆衛生上の問題として認識され始めた時期はどれか。

1.1940年から1950年代
2.1960年から1970年代
3.1980年から1990年代
4.2000年以降

解答

解説
1.× 1940年から1950年代
2.〇 正しい。1960年から1970年代
3.× 1980年から1990年代
4.× 2000年以降

 

 

 

 

 

3 保健師が生後14日の乳児のいる家庭に家庭訪問した。児の体重増加量は1日当たり30gであった。母親は母乳を1日平均10 回、2〜3時間間隔で授乳しており、母乳育児を続けたいと希望していた。
 児が1か月児健康診査を受診するまでの母親への指導で適切なのはどれか。

1.「赤ちゃんが泣いた時に授乳しましょう」
2.「食事以外にも水分を十分に摂りましょう」
3.「1回の授乳時間は30分以上にしましょう」
4.「乳房が張るまで待ってから飲ませましょう」

解答

解説
1.× 「赤ちゃんが泣いた時に授乳しましょう」
2.〇 正しい。「食事以外にも水分を十分に摂りましょう」
3.× 「1回の授乳時間は30分以上にしましょう」
4.× 「乳房が張るまで待ってから飲ませましょう」

 

 

 

 

 

4 A ちゃん(生後5か月、男児)。定期予防接種であるBCG接種を受けた。接種7日後に、母親が保健センターに来所し、地区担当保健師に「接種したところが腫れているが大丈夫か」と相談があった。接種部位の写真を下に示す。
 母親に対する地区担当保健師の対応で正しいのはどれか。

1.「入浴は控えましょう」
2.「免疫がついた証拠です」
3.「すぐに小児科を受診してください」
4.「接種後3か月程度で自然に治ります」

解答

解説
1.× 「入浴は控えましょう」
2.× 「免疫がついた証拠です」
3.〇 正しい。「すぐに小児科を受診してください」
4.× 「接種後3か月程度で自然に治ります」

 

 

 

 

 

5 双子の育児をしている母親が、1歳6か月児健康診査の受診時に「双子の子育ては大変です。子どもたちが言うことを聞かないと、つい叩いてしまいそうになります。私は、幼少のころ母親から殴られて育ちました。このままでは虐待をしてしまうのではないかと不安です」と保健師に訴えた。
 母親に対する保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.双子の親の会を紹介する。
2.保育所の利用を提案する。
3.家庭訪問をして話を聞くことを約束する。
4.よくあることだから気にすることはないと言う。

解答

解説
1.× 双子の親の会を紹介する。
2.× 保育所の利用を提案する。
3.〇 正しい。家庭訪問をして話を聞くことを約束する。
4.× よくあることだから気にすることはないと言う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。