第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 平成28年(2016年)の女性の労働に関する説明で正しいのはどれか。

1.育児休業取得率は90%を超えている。
2.労働力人口比率は60%を超えている。
3.30歳代の就業率は40歳代よりも低い。
4.平均勤続年数は20年前よりも短くなっている。

解答

解説
1.× 育児休業取得率は、90%を超えておらず、83.2%である。
2.× 労働力人口比率は、60%を超えておらず、51.1%である。
3.〇 正しい。30歳代の就業率(30~34歳が72.9%、35~39歳が71.4%)は、40歳代(の就職率40~44歳が75.1%、45~49歳が77.5%)よりも低い
4.× 平均勤続年数は、20年前よりも短くなっているのではなく、長くなっている。平成29年は、9.4年である。一方、平成9年(20年前)の女性の一般労働者の平均勤続年数は、8.4年であった。

 

 

 

 

 

12 Aさん(25歳、男性)。1人暮らし。1か月前から、自宅で大声を出したり、独り言を言っている。近隣住民3名が保健所に来所し「Aさんの状況が悪化し住民に危害があったら大変だ。精神科に入院させてほしい」と訴えた。保健師は、Aさんの家族からも相談を受けていた。
 近隣住民3名に保健師が伝えることで適切なのはどれか。

1.保健師がA さん宅を訪問する予定であること
2.A さんの家族からも相談を受けていること
3.保健所では入院の相談に応じられないこと
4.保健師が把握しているA さんのこれまでの経緯

解答

解説
1.〇 正しい。保健師がA さん宅を訪問する予定であることは、近隣住民3名に保健師が伝えることとして適切である。本問は、家族・近隣住民3名から相談を受けている。また、Aさんの年齢や現在の状態から、精神疾患を発症している可能性がある。したがって、まずは家庭訪問でAさんの状態の確認を行うことが優先度が高い。つまり、訪問予定であること近隣住民3名を伝えることは、現実的かつ住民の不安にも配慮した対応である。
2.× Aさんの家族からも相談を受けていることをわざわざ近隣住民3名に伝える必要はない。なぜなら、個人情報保護の観点があるため。家族のプライバシーにも配慮する必要がある。
3.× 保健所では入院の相談に応じられないと本問からは判断できない。近隣住民の相談をもとに入院させることは難しいが、入院の相談全般に応じられないということではない。近隣住民が抱えている不安への配慮も不足している。
4.× 保健師が把握しているA さんのこれまでの経緯をわざわざ近隣住民3名に伝える必要はない。なぜなら、個人情報保護の観点があるため。Aさんのプライバシーにも配慮する必要がある。

 

 

 

 

 

13 平成28年(2016年)1月から12月の感染症発生動向調査報告において、国内で発生が報告されているのはどれか。

1.エボラ出血熱
2.腸管出血性大腸菌感染症
3.中東呼吸器症候群(MERS)
4.重症急性呼吸器症候群(SARS)

解答

解説
1.× エボラ出血熱は、日本では今のところ確定例の報告はない。エボラ出血熱は、主にアフリカ大陸で散発的に発生しており、欧米でも輸入例の報告はある。
2.〇 正しい。腸管出血性大腸菌感染症(O157など)は、平成29年には3904件の報告があった。
3.× 中東呼吸器症候群(MERS)は、日本では今のところ確定例の報告はない。サウジアラビアなどの中東で多くの症例が報告されている。
4.× 重症急性呼吸器症候群(SARS)は、日本では今のところ確定例の報告はない(日本でも可能性例と疑い例が報告されたが、いずれも否定されている)。2002~2003年にかけて世界的に流行した。

(※引用先:平成28年(2016年)1月から12月の感染症発生動向調査報告

 

 

 

 

 

14 産業保健における作業管理に該当するのはどれか。

1.定期的に健康診断を行う。
2.工場内の騒音を測定する。
3.労働時間内に休憩時間をとる。
4.作業場に排気装置を設置する。

解答

解説
1.× 定期的に健康診断を行うのは、健康管理である。
2.× 工場内の騒音を測定するのは、作業環境管理である。
3.〇 正しい。労働時間内に休憩時間をとるのは、作業管理である。
4.× 作業場に排気装置を設置するのは、作業環境管理である。

労働衛生の3管理

①作業環境管理:・有害要因の除去、・環境測定等による状態の把握と評価。

②作業管理:・作業そのものの管理、・健康障害の防止対策。

③健康管理:・保健指導、・健康診断と事後指導、・職業性疾病や障害の予防。

 

 

 

 

 

15 法令に定められた有害業務従事者に対する特殊健康診断の平成27年(2015年)と平成28年(2016年)の有所見率を表に示す。
 【A】の種別はどれか。

1.除染等電離放射線
2.高気圧
3.じん肺
4.鉛

解答

解説
1.× 除染等電離放射線の健康診断における有所見率は、平成28年が8.2%である。
2.× 高気圧の健康診断における有所見率は、平成28年が5.3%である。
3.〇 正しい。じん肺の健康診断における有所見率は、平成28年が0.7%である。したがって,表中の【A】は、じん肺である。
4.× 鉛の健康診断における有所見率は、平成28年が1.8%である。

(※引用先:平成28年業務上疾病発生状況等調査

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)