第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 平成28年(2016年)の女性の労働に関する説明で正しいのはどれか。

1.育児休業取得率は90%を超えている。
2.労働力人口比率は60%を超えている。
3.30歳代の就業率は40歳代よりも低い。
4.平均勤続年数は20年前よりも短くなっている。

解答

解説
1.× 育児休業取得率は90%を超えている。
2.× 労働力人口比率は60%を超えている。
3.〇 正しい。30歳代の就業率は40歳代よりも低い。
4.× 平均勤続年数は20年前よりも短くなっている。

 

 

 

 

 

12 A さん(25歳、男性)。1人暮らし。1か月前から、自宅で大声を出したり、独り言を言っている。近隣住民3名が保健所に来所し「Aさんの状況が悪化し住民に危害があったら大変だ。精神科に入院させてほしい」と訴えた。保健師は、Aさんの家族からも相談を受けていた。
 近隣住民3名に保健師が伝えることで適切なのはどれか。

1.保健師がA さん宅を訪問する予定であること
2.A さんの家族からも相談を受けていること
3.保健所では入院の相談に応じられないこと
4.保健師が把握しているA さんのこれまでの経緯

解答

解説
1.〇 正しい。保健師がA さん宅を訪問する予定であること
2.× Aさんの家族からも相談を受けていること
3.× 保健所では入院の相談に応じられないこと
4.× 保健師が把握しているA さんのこれまでの経緯

 

 

 

 

 

13 平成28年(2016年)1月から12月の感染症発生動向調査報告において、国内で発生が報告されているのはどれか。

1.エボラ出血熱
2.腸管出血性大腸菌感染症
3.中東呼吸器症候群(MERS)
4.重症急性呼吸器症候群(SARS)

解答

解説
1.× エボラ出血熱
2.〇 正しい。腸管出血性大腸菌感染症
3.× 中東呼吸器症候群(MERS)
4.× 重症急性呼吸器症候群(SARS)

 

 

 

 

 

14 産業保健における作業管理に該当するのはどれか。

1.定期的に健康診断を行う。
2.工場内の騒音を測定する。
3.労働時間内に休憩時間をとる。
4.作業場に排気装置を設置する。

解答

解説
1.× 定期的に健康診断を行う。
2.× 工場内の騒音を測定する。
3.〇 正しい。労働時間内に休憩時間をとる。
4.× 作業場に排気装置を設置する。

 

 

 

 

 

15 法令に定められた有害業務従事者に対する特殊健康診断の平成27年(2015年)と平成28年(2016年)の有所見率を表に示す。
 【A】の種別はどれか。

1.除染等電離放射線
2.高気圧
3.じん肺
4.鉛

解答

解説
1.× 除染等電離放射線
2.× 高気圧
3.〇 正しい。じん肺
4.× 鉛

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。