第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 県の保健所に住民から「うつ病で通院中なので、医療費を公費で負担してくれる制度の内容や手続きについて知りたい」という電話相談があった。
 保健所保健師の説明で適切なのはどれか。

1.「県の保健所が申請窓口です」
2.「精神保健福祉法に基づく制度です」
3.「世帯の所得に応じて負担上限額があります」
4.「お住まいの市が医療費受給の判定を行います」

解答

解説

電話相談の主訴が精神通院医療(自立支援医療)である。精神通院医療(自立支援医療)とは、公費負担医療のひとつであり、精神疾患の治療のため通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対して医療費の自己負担を軽減するものである。

1.× 申請窓口は、県の保健所ではなく、市町村の担当窓口で行う。ちなみに、精神通院医療の実施主体は都道府県である。
2.× 精神保健福祉法ではなく、『障害者総合支援法』に基づく制度である。自立支援給付に含まれる。ちなみに、自立支援医療には、神通院医療のほかに、更生医療・育成医療がある。
3.〇 正しい。世帯の所得に応じて負担上限額がある。自己負担は原則1割であるが、この負担が過大なものとならないよう世帯の所得に応じて負担上限額が設定されている(応能負担)。
4.× 精神通院医療の医療費受給の判定は、お住まいの市ではなく、都道府県が行う。

 

 

 

 

 

12 公衆衛生看護管理の機能と内容の組合せで正しいのはどれか。

1.人事管理:計画的人員配置
2.事業管理:指示命令系統の形成
3.予算管理:人材育成方針の作成
4.情報管理:地区活動計画の進捗状況の把握

解答

解説
1.〇 正しい。人事管理は、計画的人員配置が含まれる。他にも、主な内容は労務管理・キャリアパス・ワークライフバランス・人事評価である。
2.× 事業管理の主な内容は、必要量と稼働量、業務計画の作成・遂行管理・評価、業務委託の管理である。ちなみに、指示命令系統の形成は、組織運営管理に含まれる。
3.× 予算管理の主な内容は、予算編成・確保、予算の執行管理と評価である。ちなみに、人材育成方針の作成は、人事管理に含まれる。
4.× 情報管理の主な内容は、情報管理に関する法制度、個人情報の保護、情報通信技術(ICT)活用の推進に伴う個人情報保護への対応、看護活動に関する地域情報管理、情報の収集・活用・発信、情報公開、情報開示である。ちなみに、活動計画の進捗状況の把握は、業務管理に含まれる。

保健師に求められる看護管理機能

①事例管理:個々の事例のケアから始まり、それを地域の問題としてとらえ、ダイナミックな活動を展開する。
②地区管理:地域のニーズや課題から地域診断を行い、住民と協働した施策化を行う。
③事業・業務管理:地方自治体の上位計画や組織目標に基づく、事業計画策定や進行管理を行い、評価結果を次年度の計画等へ反映させる。
④組織運営管理:組織理念・目標や地域の課題を共有して組織としての方針を決定し、業務の効率化を高めながら組織体制を機能させる。
⑤予算編成:予算の仕組みを把握し、事業企画に伴う予算編成を行う。
⑥予算管理:新たな政策や人材確保等のための予算獲得および適切な執行と評価を行い、予算面から公衆衛生看護活動を担保する。
⑦人材育成:保健師の育成過程に応じて、中・長期的な研修計画および生涯学習企画と実施を行い、実践報告を評価する。
⑧人事管理:組織の目標を達成するため、組織に必要な保健師人員数を確保し、職員を計画的に適材適所へ配置するとともに、人事評価を行う。
⑨情報管理:地域の実態を把握するための情報収集・分析や正確な情報伝達のための体制整備、マスコミ対応、個人情報への配慮を行う。
⑩健康危機管理:危機発生を予測し,住民と協働する健康危機管理の体制づくり全般を行う。

 

 

 

 

 

13 人口(集団)寄与危険割合を直接計算するのに必要な情報はどれか。

1.全死亡数
2.累積罹患数
3.平均有病期間
4.対象集団の疾病頻度

解答

解説

人口寄与危険割合とは?

人口寄与危険割合(集団寄与危険割合)とは、疫学における指標の1つであり、集団全体と非暴露群における疾病の頻度の差である人口寄与危険度が、集団全体における疾病の頻度に占める割合である。

 人口(集団)寄与危険割合は、人口集団(曝露群+非曝露群)の疾病の発生率からブ非曝露群の発生率を引くことで曝露による増加分が占める割合を示す。具体的には、【人口(集団)寄与危険割合 =(人口集団の発生率一非曝露群の発生率)÷ 人口集団の発生率 × 100(%)】で表される。

よって、対象集団での発生率を意味する疾病頻度が必要な情報となる選択肢4.対象集団の疾病頻度が正しい。

 

 

 

 

 

14 大腸がんの危険因子はどれか。

1.肥満
2.熱い飲食物
3.アフラトキシン
4.ヘリコバクター・ピロリ

解答

解説
1.〇 正しい。肥満は、食道癌・大腸癌・膵癌・子宮体癌などの危険因子である。
2.× 熱い飲食物は、食道癌の危険因子である。
3.× アフラトキシンは、肝癌の危険因子である。アフラトキシンは、穀類・落花生・ナッツ類などに寄生するかびが産生するかび毒であり発がん性がある。
4.× ヘリコバクター・ピロリは、胃癌の危険因子である。

 

 

 

 

15 2群間の平均の差の検定に用いるのはどれか。

1.t 検定
2.回帰分析
3.χ2(カイ2乗)検定
4.Fisher(フィッシャー)の直接確率法

解答

解説

検定とは?

 検定とは、統計学的手法を用いて、帰無仮説が正しいか、正しくないかを判断することである。

「検定の方法」

①パラメトリック検定(母集団が正規分布をするという仮説のもとに行う)
例:パラメトリック検定には、①t検定(2群の平均値の差を検定する)、②分散分析(3群以上の平均値に差があるかどうかを検定する)などがある。

②ノンパラメトリック検定(母集団の分布にかかわらず用いることのできる)に大別される。
例:ノンパラメトリック検定には、①Mann-Whitney検定(2群の中央値の差を検定する)、②X2検定(割合の違いを求める)、③Wilcoxon符号付順位検定(一対の標本による中央値の差を検定する)などがある。

1.〇 正しい。t 検定とは、2群の平均値に統計学的な有意差があるかを検定する方法である。
2.× 回帰分析とは、変数(xとy)の関係を式に当てはめ、1つ以上の説明変数(独立変数)xを用いて、結果変数(従属変数)yを予測する方法である。
3.× χ2(カイ2乗)検定とは、2群の割合に統計学的な有意差があるかを検定する方法である。
4.× Fisher(フィッシャー)の直接確率法は、2群の割合に統計学的な有意差があるかを検定する方法である。Fisherの直接確率法は、標本数が少ないときによく用いられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)