第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 災害派遣医療チーム(DMAT)で正しいのはどれか。

1.活動の開始は発災時からおおむね48時間以後である。
2.市町村からの要請に応じて活動する。
3.活動先の調整は総務省消防庁が行う。
4.広域医療搬送活動に従事する。

解答

解説
1.× 活動の開始は発災時からおおむね48時間以後である。
2.× 市町村からの要請に応じて活動する。
3.× 活動先の調整は総務省消防庁が行う。
4.〇 正しい。広域医療搬送活動に従事する。

 

 

 

 

 

17 都道府県や市区町村において統括的な役割を担う保健師の活動で最も適切なのはどれか。

1.住民への総合相談を実施する。
2.組織横断的な総合調整及び推進を行う。
3.地区担当制による地区活動を実施する。
4.広域的かつ専門的な保健サービスを行う。

解答

解説
1.× 住民への総合相談を実施する。
2.〇 正しい。組織横断的な総合調整及び推進を行う。
3.× 地区担当制による地区活動を実施する。
4.× 広域的かつ専門的な保健サービスを行う。

 

 

 

 

 

18 現行の後期高齢者医療制度の運営における医療給付の財源負担で正しいのはどれか。

1.後期高齢者支援金は45歳以上75歳未満の者の医療保険料から拠出される。
2.国、都道府県および市町村による公費が全体の約5割を占めている。
3.高齢者が医療機関を受診した時の自己負担額は無料である。
4.後期高齢者による保険料は全体の約2割を占めている。

解答

解説
1.× 後期高齢者支援金は45歳以上75歳未満の者の医療保険料から拠出される。
2.〇 正しい。国、都道府県および市町村による公費が全体の約5割を占めている。
3.× 高齢者が医療機関を受診した時の自己負担額は無料である。
4.× 後期高齢者による保険料は全体の約2割を占めている。

 

 

 

 

 

19 公衆衛生行政の制度・対策と法律の組合せで正しいのはどれか。

1.大気汚染の監視大気汚染防止法
2.労働者の健康診断労働基準法
3.食品等の収去検査食品安全基本法
4.小学校における保健学習学校保健安全法

解答

解説
1.〇 正しい。大気汚染の監視大気汚染防止法
2.× 労働者の健康診断労働基準法
3.× 食品等の収去検査食品安全基本法
4.× 小学校における保健学習学校保健安全法

 

 

 

 

 

20 医療安全対策で正しいのはどれか。

1.産科医療補償制度は医療法に基づき実施されている。
2.医療事故調査は病院の管理者に義務付けられている。
3.都道府県に医療安全支援センターの設置が義務付けられている。
4.都道府県知事は医療事故調査・支援センターを指定することができる。

解答

解説
1.× 産科医療補償制度は医療法に基づき実施されている。
2.〇 正しい。医療事故調査は病院の管理者に義務付けられている。
3.× 都道府県に医療安全支援センターの設置が義務付けられている。
4.× 都道府県知事は医療事故調査・支援センターを指定することができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。