第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 社会福祉制度において権利擁護を目的として行われているのはどれか。

1.障害者に対する公費負担医療制度
2.ニーズに応じた就労支援
3.福祉サービスの利用援助
4.生活資金の貸し付け

解答

解説
1.× 障害者に対する公費負担医療制度
2.× ニーズに応じた就労支援
3.〇 正しい。福祉サービスの利用援助
4.× 生活資金の貸し付け

 

 

 

 

 

17 平成28年(2016年)の歯科疾患実態調査において80歳で20本以上の自分の歯を有する者の割合に最も近いのはどれか。

1.20 %
2.30 %
3.40 %
4.50 %

解答

解説
1.× 20 %
2.× 30 %
3.× 40 %
4.〇 正しい。50 %

 

 

 

 

 

18 A事業所の保健師は禁煙を希望する職員に対し、グループ活動を通して支援を行うことにした。
 初回のグループワークにおける保健師の支援で最も適切なのはどれか。

1.グループの支援計画を作成する。
2.グループメンバー同士の助け合いを推奨していく。
3.グループ支援において生じる問題や障害を予測する。
4.グループ活動に関連する関係者とネットワークをつくる。
5.グループワークの目標についてグループメンバー間で合意を得る。

解答

解説
1.× グループの支援計画を作成する。
2.× グループメンバー同士の助け合いを推奨していく。
3.× グループ支援において生じる問題や障害を予測する。
4.× グループ活動に関連する関係者とネットワークをつくる。
5.〇 正しい。グループワークの目標についてグループメンバー間で合意を得る。

 

 

 

 

 

19 市では、希望者による生活習慣病予防の運動教室を実施している。事業担当の保健師は、運動教室の終了後に自主的に活動するグループづくりを目指している。
 グループづくりのため、運動教室開催中に保健師が取り組む内容で優先度が高いのはどれか。

1.問題意識の共有
2.メンバーの社会化
3.ロールモデルの設定
4.情緒的サポートを受ける機会
5.権利擁護(アドボカシー)の自覚

解答

解説
1.〇 正しい。問題意識の共有
2.× メンバーの社会化
3.× ロールモデルの設定
4.× 情緒的サポートを受ける機会
5.× 権利擁護(アドボカシー)の自覚

 

 

 

 

 

20 系統誤差の原因はどれか。

1.マッチング
2.高い追跡率
3.低い抽出率
4.無作為化(割付)
5.検者間の測定差

解答

解説
1.× マッチング
2.× 高い追跡率
3.× 低い抽出率
4.× 無作為化(割付)
5.〇 正しい。検者間の測定差

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。