第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後21~25】

 

21 国際疾病分類(ICD)に基づいた統計が含まれるのはどれか。

1.国勢調査
2.人口動態調査
3.医療施設動態調査
4.国民生活基礎調査
5.国民健康・栄養調査

解答

解説

国際疾病分類(ICD)とは?

国際疾病分類(lCD)は、世界保健機関(WHO)が国際的に用いることを目的として開発した、疾病・傷害および死因の統計分類の体系である。

1.× 国勢調査は、国際疾病分類(lCD)を用いられていない。なぜなら、疾病に関する調査項目は含まれていないため。国勢調査は、国内の人口・世帯の実態を把握する調査である。
2.〇 正しい。人口動態調査は、国際疾病分類(lCD)を用いられている。なぜなら、人口動態調査は、出生・死亡・死産・婚姻・離婚の5つの事象を調べる調査であり、死亡や死産の調査に国際疾病分類が用いられているため。
3.× 医療施設動態調査は、国際疾病分類(lCD)を用いられていない。なぜなら、疾病に関する調査項目は含まれていないため。医療施設動態調査は、全国の病院・診療所の分布および整備の実態を調べる調査である。
4.× 国民生活基礎調査は、国際疾病分類(lCD)を用いられていない。国民生活基礎調査は、保健・医療・福祉・年金・所得などの国民生活の基礎的事項を把握する調査である。国民の有病状況を調べてはいるが、医療機関などで診断された病名を調べているわけではない
5.× 国民健康・栄養調査は、国際疾病分類(lCD)を用いられていない。なぜなら、疾病に関する調査項目は含まれていないため。国民健康・栄養調査は、国民の身体状況、栄養摂取量および生活習慣の状況を調べる調査である。

 

 

 

 

 

 

22 職場の健康診断で肥満傾向であった者から、体重を減らしたいと産業保健師に相談があった。
 保健師がコーチングの手法を用いて支援しているのはどれか。2つ選べ。

1.必要な1日の食事量を伝える。
2.運動のプログラムを作成し提示する。
3.本人が実施すると決めたことを認める。
4.ウォーキング教室へ参加するよう勧める。
5.体重を減少させるために本人に何ができるか聞く。

解答3・5

解説

コーチングとは?

コーチング:対象者の本来もっている能力・強み・個性を引き出し、目標実現や問題解決するために自発的行動を促す方法である。

3/5.〇 正しい。本人が実施すると決めたことを認める/体重を減少させるために本人に何ができるか聞くことは、コーチングの手法を用いて支援にあたる。対象者の考えや気持ちを承認することや、対象者が自ら考え行動する(自発行動の促し)を支援することをは、コーチングに当てはまる。
1~2.4.× 必要な1日の食事量を伝える/運動のプログラムを作成し提示する/ウォーキング教室へ参加するよう勧めることは、知識伝達型の支援技術にあたる。

 

 

 

 

 

 

23 市町村保健師が行う地区活動の展開で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.実践とモニタリングは別に行う。
2.住民との契約に基づいて実施する。
3.日頃の活動の中で実態把握をする。
4.関係機関との連携は実践の1つである。
5.地区活動の対象に産業保健は含まれない。

解答3・4

解説

保健師の地区活動

保健師の地区活動は、一定地区に居住するすべての地域住民を対象としており、潜在的なニーズに予防的に対応する必要がある。

1.× 実践とモニタリングは別ではなく、同時に行う。
2.× 住民との契約に基づいて実施する必要はない。保健師の地区活動は、潜在的なニーズを抱えている対象者に対して、本人から要請がない場合でも支援を行う。
3.〇 正しい。日頃の活動の中で実態把握をする。保健師は、個別支援などの日ごろの活動から得た情報をもとに、地区の状況を推察し、さらなるデータを収集しながら検証していくことで地域の実態を把握する。
4.〇 正しい。関係機関との連携は、実践の1つである。多様化・複雑化するニーズに対応するためには、関係機関との連携による支援が必須である。
5.× 地区活動の対象に産業保健も含まれる。担当地域には就労している人も多く居住しており、産業保健も地区活動の対象である。

 

 

 

 

 

24 「公助」に該当するのはどれか。2つ選べ。

1.地域包括支援センターにおける高齢者虐待対策
2.婦人会による高齢者を対象とした食事会
3.生活保護制度における医療扶助
4.自治会が主催する育児サークル
5.雇用保険による失業等給付

解答1・3

解説

4つの助

公助:生活保障制度や社会福祉制度による支援である。
自助:自分自身で自分を助けるということである。
共助:被保険者が保険料を支払い、相互の負担で成立する制度である。
互助:個人的な関係性をもっている人間同士が助け合うことである。費用負担が制度的に裏付けられていない。あくまで自発的な支えのこと。

1.〇 正しい。地域包括支援センターにおける高齢者虐待対策は、「公助」に該当する。なぜなら、公費(税による負担)で行われるため。ちなみに、『介護保険』自体は、互いに保険料を出し合う「共助」に該当する。しかし、地域包括支援センターが行う権利擁護や虐待対策は、保険給付の対象ではなく、税により行われている活動のため「公助」となる。
2.× 婦人会による高齢者を対象とした食事会は、「互助」に該当する。なぜなら、婦人会というインフォーマルな地域組織による活動であるため。
3.〇 正しい。生活保護制度における医療扶助は、「公助」に該当する。なぜなら、生活保護制度における8つの扶助は公費により行われるため。
4.× 自治会が主催する育児サークルは、「互助」に該当する。なぜなら、自治会というインフォーマルな地域組織による活動であるため。
5.× 雇用保険による失業等給付は、「共助」に該当する。なぜなら、雇用保険などの社会保険は、互いに保険料を出し合う「共助」のしくみであるため。

 

 

 

 

 

25 母子健康手帳に記載されている「保護者の記録【1歳6か月の頃】」で、正しいのはどれか。2つ選べ。

1.おしっこをひとりでしますか。
2.友だちと、ごっこ遊びをしますか。
3.自分でコップを持って水を飲めますか。
4.手を使わずにひとりで階段をのぼれますか。
5.うしろから名前を呼んだとき、振り向きますか。

解答3・5

解説

母子健康手帳は、市町村で作成されるが、省令様式といわれる部分は全国共通であり、様式が定められている。

1.× おしっこをひとりでしますか。母子健康手帳の4歳児の保護者の記録に掲載されている。
2.× 友だちと、ごっこ遊びをしますか。母子健康手帳の4歳児の保護者の記録に掲載されている。
3.〇 正しい。自分でコップを持って水を飲めますか。母子健康手帳の1歳6か月児の保護者の記録に掲載されている。
4.× 手を使わずにひとりで階段をのぼれますか。母子健康手帳の3歳児の保護者の記録に掲載されている.
5.〇 正しい。うしろから名前を呼んだとき、振り向きますか。母子健康手帳の1歳6か月児の保護者の記録に掲載されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)