第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 要保護児童対策地域協議会の機能で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.被虐待児の里親委託の決定
2.養育支援訪問事業の対象者の選定
3.子育て世代包括支援センターの運営
4.虐待通告を受けた児の支援内容の検討
5.居住実態を把握できない児の情報共有

解答4・5

解説
1.× 被虐待児の里親委託の決定
2.× 養育支援訪問事業の対象者の選定
3.× 子育て世代包括支援センターの運営
4.〇 正しい。虐待通告を受けた児の支援内容の検討
5.〇 正しい。居住実態を把握できない児の情報共有

 

 

 

 

 

27 レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)によって集計できる情報はどれか。2つ選べ。

1.がん検診受診率
2.主要死因別死亡数
3.入院外来別医療費
4.年齢階級別出生率
5.都道府県別BMI分布

解答3・5

解説
1.× がん検診受診率
2.〇 正しい。主要死因別死亡数
3.× 入院外来別医療費
4.× 年齢階級別出生率
5.〇 正しい。都道府県別BMI分布

 

 

 

 

 

28 難病対策で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.医療費助成の患者負担割合は1割である。
2.都道府県は療養生活環境整備事業を実施できる。
3.居住地の都道府県内の医療機関は全て医療費助成の対象である。
4.軽症者でも高額な医療を継続する者は医療費助成の対象となる。
5.都道府県は難病相談支援センターの設置が義務付けられている。

解答2・4

解説
1.× 医療費助成の患者負担割合は1割である。
2.〇 正しい。都道府県は療養生活環境整備事業を実施できる。
3.× 居住地の都道府県内の医療機関は全て医療費助成の対象である。
4.〇 正しい。軽症者でも高額な医療を継続する者は医療費助成の対象となる。
5.× 都道府県は難病相談支援センターの設置が義務付けられている。

 

 

 

 

 

29 保健所管内の特別養護老人ホームの職員を対象に、結核に関する説明を行うことになった。
 説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.「高齢の結核患者は定型的な呼吸器症状がでます」
2.「患者が発生した際は施設長が保健所に発生届を提出します」
3.「新登録結核患者のうち70歳以上が占める割合は50 %未満です」
4.「排菌していない入所者は特別養護老人ホームへの入所を継続できます」
5.「65歳以上の入所者に対しては、定期健康診断を実施する義務があります」

解答4・5

解説
1.× 「高齢の結核患者は定型的な呼吸器症状がでます」
2.× 「患者が発生した際は施設長が保健所に発生届を提出します」
3.× 「新登録結核患者のうち70歳以上が占める割合は50 %未満です」
4.〇 正しい。「排菌していない入所者は特別養護老人ホームへの入所を継続できます」
5.〇 正しい。「65歳以上の入所者に対しては、定期健康診断を実施する義務があります」

 

 

 

 

 

30 災害対策基本法に示されている住民の責務はどれか。2つ選べ。

1.過去の災害から得られた教訓の伝承
2.避難行動要支援者名簿の作成
3.生活必需物資の備蓄
4.防災組織の充実
5.防災活動の促進

解答1・3

解説
1.〇 正しい。過去の災害から得られた教訓の伝承
2.× 避難行動要支援者名簿の作成
3.〇 正しい。生活必需物資の備蓄
4.× 防災組織の充実
5.× 防災活動の促進

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。