第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(医療介護総合確保推進法)において、地域包括ケアシステムとして包括的に確保されるのはどれか。2つ選べ。

1.介護予防
2.年金保険
3.雇用の促進
4.自然とのふれあいの推進
5.自立した日常生活の支援

解答1・5

解説
1.〇 正しい。介護予防
2.× 年金保険
3.× 雇用の促進
4.× 自然とのふれあいの推進
5.〇 正しい。自立した日常生活の支援

 

 

 

 

 

32 学校保健の歴史的変遷で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.学制発布によって学校衛生の施策が始まった。
2.痘そうの蔓延によって学校看護婦が置かれた。
3.昭和16年(1941年)に学校看護婦は養護教諭に名称変更された。
4.学校教育法の改正によって養護教諭の保健授業担当が可能になった。
5.学校保健法の改正によって学校保健安全法が制定された。

解答1・5

解説
1.〇 正しい。学制発布によって学校衛生の施策が始まった。
2.× 痘そうの蔓延によって学校看護婦が置かれた。
3.× 昭和16年(1941年)に学校看護婦は養護教諭に名称変更された。
4.× 学校教育法の改正によって養護教諭の保健授業担当が可能になった。
5.〇 正しい。学校保健法の改正によって学校保健安全法が制定された。

 

 

 

 

 

33 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)の五類感染症のうち、直ちに届け出る必要があるのはどれか。2つ選べ。

1.麻しん
2.百日咳
3.破傷風
4.侵襲性髄膜炎菌感染症
5.Creutzfeldt-Jakob(クロイツフェルト・ヤコブ)病

解答1・4

解説
1.〇 正しい。麻しん
2.× 百日咳
3.× 破傷風
4.〇 正しい。侵襲性髄膜炎菌感染症
5.× Creutzfeldt-Jakob(クロイツフェルト・ヤコブ)病

 

 

 

 

 

34 学校保健における組織活動で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.校長は学校保健活動を管理する。
2.学校保健計画は副校長が策定する。
3.保健主事は学校保健活動を総括する。
4.養護教諭は保健室経営計画を立案する。
5.学校保健委員会は地域との連携を推進する。

解答4・5

解説
1.× 校長は学校保健活動を管理する。
2.× 学校保健計画は副校長が策定する。
3.× 保健主事は学校保健活動を総括する。
4.〇 正しい。養護教諭は保健室経営計画を立案する。
5.〇 正しい。学校保健委員会は地域との連携を推進する。

 

 

 

 

 

 

35 市では乳幼児健康診査の集団指導において、防災および災害対策についての普及啓発を図ることとした。
 集団指導の内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.風呂の水をためておく。
2.母子健康手帳を常時携帯する。
3.最低1日分の食料品を備えておく。
4.停電時にはブレーカーを入れておく。
5.非常用の持ち出し品はバッグに入れておく。

解答2・5

解説
1.× 風呂の水をためておく。
2.〇 正しい。母子健康手帳を常時携帯する。
3.× 最低1日分の食料品を備えておく。
4.× 停電時にはブレーカーを入れておく。
5.〇 正しい。非常用の持ち出し品はバッグに入れておく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。