第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 平成26年度(2014年度)学校保健統計調査における主な疾病・異常等で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.肥満傾向児の出現率は、平成23 年度(2011年度)以降男女ともに増加している。
2.小学校における疾病・異常の被患率は、裸眼視力1.0 未満の者が最も高い。
3.むし歯(う歯)の者の割合は、全ての学校段階で前年度より減少している。
4.ぜん息の者の年齢別の割合は、小学校で高い傾向がみられる。
5.心電図異常の割合は、高等学校より小学校の方が多い。

解答3・4

解説
1.× 肥満傾向児の出現率は、平成23 年度(2011年度)以降男女ともに増加している。
2.× 小学校における疾病・異常の被患率は、裸眼視力1.0 未満の者が最も高い。
3.〇 正しい。むし歯(う歯)の者の割合は、全ての学校段階で前年度より減少している。
4.〇 正しい。ぜん息の者の年齢別の割合は、小学校で高い傾向がみられる。
5.× 心電図異常の割合は、高等学校より小学校の方が多い。

 

 

 

 

 

32 人口動態統計の情報を用いて算出を行う指標はどれか。2つ選べ。

1.受療率
2.婚姻率
3.生活影響率
4.年少人口指数
5.合計特殊出生率

解答2・5

解説
1.× 受療率
2.〇 正しい。婚姻率
3.× 生活影響率
4.× 年少人口指数
5.〇 正しい。合計特殊出生率

 

 

 

 

 

33 保健行政で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.保健行政の都道府県レベルの組織機構は一様である。
2.産業保健行政の根拠法令の1つに労働基準法がある。
3.地域保健行政は地域住民の健康の保持・増進を図る。
4.地域保健、産業保健、学校保健の3分野からなる。
5.学校保健行政の所管は厚生労働省である。

解答2・3

解説
1.× 保健行政の都道府県レベルの組織機構は一様である。
2.〇 正しい。産業保健行政の根拠法令の1つに労働基準法がある。
3.〇 正しい。地域保健行政は地域住民の健康の保持・増進を図る。
4.× 地域保健、産業保健、学校保健の3分野からなる。
5.× 学校保健行政の所管は厚生労働省である。

 

 

 

 

 

34 医療法において医療計画に定めるものとされているのはどれか。2つ選べ。

1.緩和医療
2.救急医療
3.歯科医療
4.先進医療
5.災害時における医療

解答2・5

解説
1.× 緩和医療
2.〇 正しい。救急医療
3.× 歯科医療
4.× 先進医療
5.〇 正しい。災害時における医療

 

 

 

 

 

35 発達障害で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.発達障害者は障害者総合支援法のサービスを利用することができる。
2.発達障害者は精神障害者保健福祉手帳を申請することはできない。
3.発達障害の定義は発達障害者支援法に規定されている。
4.発達障害者に二次障害が出現することはない。
5.発達障害者支援センターは市町村が設置する。

解答1・3

解説
1.〇 正しい。発達障害者は障害者総合支援法のサービスを利用することができる。
2.× 発達障害者は精神障害者保健福祉手帳を申請することはできない。
3.〇 正しい。発達障害の定義は発達障害者支援法に規定されている。
4.× 発達障害者に二次障害が出現することはない。
5.× 発達障害者支援センターは市町村が設置する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。