第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、女性)。隣接する市に所在する警察署から、B町の保健師に「町に住む無職のAさんが、泥酔して路上で寝ていたところを保護している。先ほど目を覚ましたので事情を聴いたが、本人は『何も覚えていない』と言う。1か月前も同じ状況で保護した。Aさんは、1人暮らしで親族と連絡が取れなかったことから、その時は1人で帰している。今回は、保健師の支援をお願いできないか。B町の保健師に連絡することは本人が同意している」と連絡があった。保健師は、住民基本台帳でAさんがB町に居住し、他県に姉のC さんがいることを確認した。

36 保健師は上司に報告および相談し、警察署でAさんと面接することになった。
 この面接の際に把握する情報で、優先度が高いのはどれか。

1.飲酒歴
2.所持金
3.就労の有無
4.今回の飲酒の理由

解答

解説
1.〇 正しい。飲酒歴は、最も優先して確認すべき情報である。なぜなら、飲酒歴を確認することは、アルコール依存症の程度や身体的・精神的障害の見立てをするうえで必要不可欠であるため。アルコール依存症の場合、長期間多量にアルコールを摂取することで、身体的・精神的に障害されている可能性がある。
2.× 所持金は、優先度は低い。ただ、所持金について確認することは、本人の帰宅後の生活能力を把握することに有用である。
3.× 就労の有無は、優先度は低い。ただ、就労の有無の確認は、飲酒による問題行動の有無や程度、生活能力などを把握するために有用である。
4.× 今回の飲酒の理由は、優先度は低い。なぜなら、今回の飲酒の理由を確認することは、本人が「飲酒したことを責められている」と感じ、保健師と本人との関係構築が難しくなる可能性があるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、女性)。隣接する市に所在する警察署から、B町の保健師に「町に住む無職のAさんが、泥酔して路上で寝ていたところを保護している。先ほど目を覚ましたので事情を聴いたが、本人は『何も覚えていない』と言う。1か月前も同じ状況で保護した。Aさんは、1人暮らしで親族と連絡が取れなかったことから、その時は1人で帰している。今回は、保健師の支援をお願いできないか。B町の保健師に連絡することは本人が同意している」と連絡があった。保健師は、住民基本台帳でAさんがB町に居住し、他県に姉のC さんがいることを確認した。

37 面接時、Aさんは保健師に「疲れているので、早く家に帰りたい。話は明日にして欲しい」と言い、保健師とともに家に戻った。その際に、Aさんには手指の振戦がみられていた。保健師は翌日に再度家庭訪問することを伝え、Cさんの連絡先を教えてもらった。保健師はB町役場に戻り、Aさんが直近の3か月間には医療機関の受診がないことを確認し、Aさんに医療機関の受診を勧めることをC さんに連絡して了解を得た。
 翌日の保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.複数の保健師による家庭訪問を行う。
2.警察官に家庭訪問時の同席を依頼する。
3.家庭訪問を町役場での面接に変更する。
4.精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づいて保健所に通報を行う。

解答

解説
1.〇 正しい。複数の保健師による家庭訪問を行う。なぜなら、拒否的な反応に対するリスク管理支援体制確保のため。Aさんが帰宅後に再飲酒する可能性や、医療機関の受診を勧めた際にAさんが拒否的な反応を示す可能性がある。
2.× 警察官に家庭訪問時の同席を依頼する必要はない。なぜなら、警察官を同伴することはAさんの警戒心を高め、保健師との相談関係の構築が難しくなる可能性があるため。
3.× 家庭訪問を町役場での面接に変更する必要はない。なぜなら、町役場での面接に変更すると、Aさんの自宅の様子や帰宅後の生活状況について確認できなくなるため。
4.× 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づいて保健所に通報を行う必要はない。町役場の保健師が、保健所に通報する規定はない。

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、女性)。隣接する市に所在する警察署から、B町の保健師に「町に住む無職のAさんが、泥酔して路上で寝ていたところを保護している。先ほど目を覚ましたので事情を聴いたが、本人は『何も覚えていない』と言う。1か月前も同じ状況で保護した。Aさんは、1人暮らしで親族と連絡が取れなかったことから、その時は1人で帰している。今回は、保健師の支援をお願いできないか。B町の保健師に連絡することは本人が同意している」と連絡があった。保健師は、住民基本台帳でAさんがB町に居住し、他県に姉のC さんがいることを確認した。

38 その後、A さんは精神科医療機関を保健師が同伴して受診した。診察室で精神保健指定医に「誰と来たか」と問われると、A さんは「清掃センターの人」と答え、出身地を尋ねられると、答えに詰まった。「今、困っていることはありますか」の問いに対して「若い女性の声が聞こえてくる」、「夜、眠れない」と答えた。医師からAさんに入院による治療が必要であると説明されると、Aさんは理解できていない様子であった。医師からAさんと保健師に「Aさん本人の同意による入院はできない」と説明があり、C さんに連絡したところ、入院の手続きを進めて欲しいとの意思表示があった。
 Aさんの入院に向けた対応で適切なのはどれか。

1.保健師からA さんに入院の必要性を説明する。
2.精神保健指定医が成年後見人の選定を申し立てる。
3.精神科病院の管理者が医療保護入院の手続きを行う。
4.精神科病院の管理者が措置入院に必要な届出を行う。

解答

解説
1.× 保健師からA さんに入院の必要性を説明する必要はない。なぜなら、Aさんへ入院の必要性を説明しても、正確に理解し、同意が得られるとは考えにくいため。Aさんは、現在自分が置かれている状況を正確に理解できておらず、幻聴や不眠を疑わせる発言もある。
2.× 精神保健指定医が成年後見人の選定を申し立てる必要はない。『精神保健福祉法』に規定されている扶養義務者に該当するCさん(Aさんの姉)が入院に同意しているため、改めて成年後見人の選定を申し立てる必要はない。
3.〇 正しい。精神科病院の管理者が、医療保護入院の手続きを行う。精神保健指定医1名の診察により、入院の必要性があると診断されている。Aさんは入院の必要性を理解できていないが、姉であるCさんが入院に同意しているため、医療保護入院の手続きを行うことができる。
4.× 精神科病院の管理者が措置入院に必要な届出を行う必要はない。なぜなら、設問からAさんに自傷他害の記述がなく、また、精神保健指定医2名の診察が行われていないため。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み39、40の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、専門学校生)。3か月前から咳が続き、市販薬を服用していたが、改善しなかった。そこで内科を受診したところ、胸部エックス線写真で空洞性病変があり、喀痰塗抹陽性、結核菌PCR陽性で結核病床へ入院した。結核の既往歴はない。入院前、A さんは居住地のB 市内にある専門学校に休まず通学していた。

39 情報収集を踏まえ、B市を管轄する県のC保健所で接触者健康診断の対象者が決定された。対象者は全員18 歳以上である。
 C保健所保健師が接触者健康診断の対象者に説明する内容で正しいのはどれか。

1.「ツベルクリン反応検査を行います」
2.「2年間にわたり健康診断を行います」
3.「3か月後に初回の健康診断を行います」
4.「B 市の保健センターで健康診断を行います」

解答

解説

結核の接触者健康診断についての問題である。

1.× ツベルクリン反応検査は実施しない。なぜなら、設問における接触者健康診断の対象者は全員18歳以上であるため。したがって、ツベルクリン反応検査ではなく、lGRA検査を行う。ツベルクリン反応検査は、BCG接種の影響を受けるため、接触者健康診断における結核感染のスクリーニングには基本的にIGRA検査を用いる。ちなみにツベルクリン反応検査は、乳幼児に対してIGRA検査と併用して実施したり、必要に応じて小学生に対して実施するものである。
2.〇 正しい。2年間にわたり健康診断を行う。なぜなら、結核は、感染後1年以内に発病することが最も多く、約8割は2年以内に起こるため。したがって、経過観察が必要と判断された接触者に対してはおおむね2年間にわたり健康診断を行う必要がある。
3.× 初回の健康診断は、3か月後ではなく、直後実施する必要がある。なぜなら、Aさんの咳症状が3か月続いているため。IGRA検査の実施時期については、検査のウインドウ期(感染していても検査結果が陽性とならない期間)を考慮し、原則として結核患者との最終接触から2~3か月後に実施する。ただし、患者との接触期間(結核菌の曝露期間)が長い場合などには、初発患者の診断直後でもIGRA検査を行い、陰性の場合は最終接触から2~3か月経過後に再度IGRA検査を行う。
4.× 健康診断を行う場合、B 市の保健センターではなく、接触者の居住地の保健所で行われる。

 

 

 

 

 

次の文を読み39、40の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、専門学校生)。3か月前から咳が続き、市販薬を服用していたが、改善しなかった。そこで内科を受診したところ、胸部エックス線写真で空洞性病変があり、喀痰塗抹陽性、結核菌PCR陽性で結核病床へ入院した。結核の既往歴はない。入院前、A さんは居住地のB 市内にある専門学校に休まず通学していた。

40 接触者健康診断の結果、潜在性結核感染症と診断された専門学校生が3名おり、治療を開始することになった。C保健所保健師は、専門学校の教員から「潜在性結核感染症の病気の特徴や対応がよくわからないので教職員に説明して欲しい」と言われた。
 保健師の説明で適切なのはどれか。

1.感染者が使用した部屋は消毒する必要がある。
2.感染者にはN 95 マスクの着用を義務付ける。
3.感染者は入院治療が必要である。
4.他者への感染の恐れはない。

解答

解説
1.× 感染者が使用した部屋は、消毒する必要はない。なぜなら、結核は空気感染であり、潜在性結核感染症では他者への感染の恐れはないため。
2.× 感染者には、N 95 マスクの着用を義務付ける必要はない。なぜなら、潜在性結核感染症では他者への感染の恐れはないため。ちなみにN95マスクは、結核の感染を防ぐため、排菌患者と接する場合に周囲の者(医療従事者や面会者など)が着用する。
3.× 感染者は、入院治療が必要である必要はない
4.〇 正しい。他者への感染の恐れはない。潜在性結核感染症は、結核に感染しているが発病はしておらず、排菌もしていない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)