第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A市内にある入所定員100人の介護老人保健施設。ショートステイも実施している。2月3日(月)に入所者と職員の13人が嘔吐と下痢などの症状を発症した。発症した入所者は全員、施設内の厨房で調理された給食を各階の食堂で食べており、食中毒の発生を疑った施設長から、保健所に電話で相談があった。相談を受けた保健所は、医師を含む調査チームを組んで施設に現地調査に向かうことにした。

41 調査チームのメンバーで適切なのはどれか。2つ選べ。

1.薬剤師
2.保健師
3.管理栄養士
4.環境衛生監視員
5.食品衛生監視員

解答2・5

解説

ポイント

本問では、「食中毒の発生」が疑われる。

1.× 薬剤師は、主に調剤・医薬品に関する情報提供および指導が業務内容である。
2.〇 正しい。保健所の保健師は、感染症対策や健康危機管理を行う。したがって、保健師が食中毒の調査チームのメンバーとして参加する。
3.× 管理栄養士は、主に傷病者に対し、療養のため必要な栄養の指導や、健康の保持増進のための指導などが業務内容である。食品衛生に関する部署に所属している可能性はあるが、業務内容や専門性の観点から選択肢の中に優先度が高い職種がほかにある。
4.× 環境衛生監視員は、主に理美容所などの立入検査、旅館やホテルの構造設備の検査、公衆浴場の衛生措置などを行う。保健所に所属する職種ではあるが、食中毒の調査チームのメンバーとして優先度は低い。
5.〇 正しい。食品衛生監視員は、保健所などに所属し、食中毒の調査、営業施設の監視、指導などを行っている。したがって、食中毒の調査チームのメンバーとして適切である。

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A市内にある入所定員100人の介護老人保健施設。ショートステイも実施している。2月3日(月)に入所者と職員の13人が嘔吐と下痢などの症状を発症した。発症した入所者は全員、施設内の厨房で調理された給食を各階の食堂で食べており、食中毒の発生を疑った施設長から、保健所に電話で相談があった。相談を受けた保健所は、医師を含む調査チームを組んで施設に現地調査に向かうことにした。

42 施設への現地調査の結果、調理従事者の直近の検便結果に異常はなく、冬期のため乳幼児の面会は制限していたことがわかった。また、通常、職員は1階と2階とで担当が分かれているが、2月1日(土)に1階のショートステイで嘔吐・下痢の発症者が増えたため、2階の職員が1階のショートステイ利用者の吐物の処理や介護を行っていた。ショートステイ利用者と入所者、職員等について、発症日と発症者数等を表に示す。
 今回の感染経路で「ショートステイ利用者からの感染」のほかに可能性が高いのはどれか。

1.面会者からの感染
2.給食食材からの感染
3.介護職員からの感染
4.調理従事者からの感染

解答

解説
1.× 面会者からの感染経路である可能性は低い。なぜなら、①最初(1月30日)に発症しているのが、ショートステイ利用者で施設の入所者ではないこと、②乳幼児の面会は制限していたたため。
2.× 給食食材からからの感染経路である可能性は低い。なぜなら、給食の食材が感染源であるとすれば、入所者や介護職員も1月30日に発症する可能性が高いため。また、1月30日に発症した入所者や介護職員はいないため。
3.〇 正しい。介護職員からの感染経路である可能性は高い。なぜなら、ショートステイの利用者が発症し、その利用者の介護を担っていた介護職員が感染し、その介護職員によって感染が拡大した可能性が高いため。
4.× 調理従事者からの感染経路である可能性は低い。なぜなら、調理従事者が感染源であるとすれば、入所者や介護職員も1月30日に発症する可能性が高いため。1月30日に発症した入所者や介護職員はいないこと、調理従事者の直近の検便結果に異常はなかったことから考えて、調理従事者からの感染である可能性は低い。

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 A市内にある入所定員100人の介護老人保健施設。ショートステイも実施している。2月3日(月)に入所者と職員の13人が嘔吐と下痢などの症状を発症した。発症した入所者は全員、施設内の厨房で調理された給食を各階の食堂で食べており、食中毒の発生を疑った施設長から、保健所に電話で相談があった。相談を受けた保健所は、医師を含む調査チームを組んで施設に現地調査に向かうことにした。

43 今回の感染症は、ノロウイルスによる感染と判明した。2月10日(月)に、施設から保健所に「8日(土)以降は新たな発症者もなく、患者も快方に向かっている」と報告があり、集団発生の終息の時期について相談があった。
 終息時期で適切なのはどれか。

1.初発患者の発生から1年後
2.最後に症状のあった患者の発生からか1月後
3.施設から提出された報告書によって保健所が判断
4.一定期間、新たな患者が発生しないことを確認して保健所が判断

解答

解説
1.× 初発患者の発生から1年後は、終息時期として不適切である。なぜなら、感染の状況を確認せず、初発患者の発生からの時間経過のみで終息時期を決めているため。一定期間、新たな患者が発生しないことを確認して保健所が終息時期を判断する。
2.× 最後に症状のあった患者の発生からか1月後は、終息時期として不適切である。なぜなら、感染の状況を確認せず、最後に症状のあった患者の発生からの時間経過のみで終息時期を決めているため。一定期間、新たな患者が発生しないことを確認して保健所が終息時期を判断する。
3.× 施設から提出された報告書によって保健所が判断することは、終息時期として不適切である。なぜなら、保健所が感染の状況を確認せず、報告書のみによって終息時期を決めているため。
4.〇 正しい。一定期間、新たな患者が発生しないことを確認して保健所が判断することは、終息時期として適切である。

ノロウイルスによる感染の特徴と対応

原因:①カキ等の二枚貝、②感染者の嘔吐物等への接触や飛沫による二次感染。
感染経路:経口感染、接触感染、飛沫感染、空気(飛沫核)感染
潜伏期間:1~2日
症状:悪心・嘔吐、水様性下痢腹痛、発熱等の急性胃腸炎。

予防・拡大防止
①感染源となる二枚貝等は、中心部まで十分に加熱(85~95℃以上、90秒以上)する。
②消毒には、通常のアルコール製剤や逆性石鹸は有効でないため、塩素系消毒剤(0.1%次亜塩素酸ナトリウム)を用いる。
③ノロウイルスは乾燥に強く、感染者の嘔吐物等が乾燥して空気中に飛散することで感染拡大するため完全に拭き取る。
④嘔吐物等の処理時には手袋、ガウンマスクを装着する

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 人口10万人のA市では、脳血管疾患の死亡割合が全国と比較して大きいことが明らかになった。そこで、脳血管疾患の予防対策の一環として血圧に注目し、一部の市民を対象とした塩分摂取量の把握のための聞き取りによる食事調査を行うこととした。

44 調査者の主観が影響しにくい標本を選ぶ方法はどれか。

1.制限
2.応募法
3.無作為抽出
4.マッチング
5.無作為化(割付)

解答

解説
1.× 制限は、母集団となるA市民から、調査対象となる一部の市民を募集する際に、一定の条件を設けて、その条件に合致する人を選ぶ方法である。「条件の設定方法によって」は、母集団を代表せず、調査者の主観が含まれる可能性がある。
2.× 応募法は、調査を行う際に、自ら応募してきた人を対象とする方法である。「募集方法によって」は、調査者の主観が含まれる可能性がある。
3.〇 正しい。無作為抽出は、調査者の主観が影響しにくい。なぜなら、無作為抽出は、母集団から調査対象者を無作為(ランダム)に抽出することを指すため。調査対象者は、乱数表などを用いて確率的に標本が抽出される。
4.× マッチングは、調査において、あるグループと、比較するもう一方のグループの間で、性別・年齢などの背景因子に関する分布を、類似させたり同一にする方法である。つまり、調査者の主観の影響を減らすためでなく、交絡を減らすための方法であり、調査の仮説や対象集団の特徴にあわせて、事前に決定される事項である。
5.× 無作為化(割付)は、介入研究であり、標本を選ぶ際に行う方法ではない。対象者を介入群、非介入群にランダムに割り付ける方法である。すでに抽出された標本に対して行う方法である。

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 人口10万人のA市では、脳血管疾患の死亡割合が全国と比較して大きいことが明らかになった。そこで、脳血管疾患の予防対策の一環として血圧に注目し、一部の市民を対象とした塩分摂取量の把握のための聞き取りによる食事調査を行うこととした。

45 調査の対象者の塩分摂取量を評価するため、平成28年(2016年)の全国の結果と比較することにした。
  比較するのに有用な統計資料はどれか。

1.国勢調査
2.医療施設調査
3.国民生活基礎調査
4.国民健康・栄養調査

解答

解説
1.× 国勢調査は、比較するのに有用な統計資料といえない。国勢調査とは、日本に住んでいるすべての人を対象に5年に1回行う調査で、国内の人口や世帯の実態を把握するために行われる。
2.× 医療施設調査は、比較するのに有用な統計資料といえない。医療施設調査とは、病院および診療所の分布および整備の実態を明らかにするために行われる調査である。
3.× 国民生活基礎調査は、比較するのに有用な統計資料といえない。国民生活基礎調査とは、国民生活の基礎的事項(保健・医療・福祉・年金・所得など)を把握するために行われる調査である。
4.〇 正しい。国民健康・栄養調査は、比較するのに有用な統計資料である。国民健康・栄養調査とは、国民の身体状況・栄養素などの摂取量・生活習慣の状況を明らかにするために行われる調査である。つまり、調査結果に食塩摂取量の状況を公表している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)