第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み41、42の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)。父親(75歳)と2人暮らし。A さんは22 歳頃から統合失調症を発症し、精神科病院に入院した。30歳代で退院した後は精神障害者手帳2級を取得し、月1回通院を継続しながら生活できていた。
 ある日、父親から保健センターに電話があり「妻が1か月前に急死した。ようやく家は落ち着いてきたが、Aがこの頃落ち着かない様子である。今までは妻がAの世話をしていたので、これからどうすればよいか困っている」との相談があった。

41 相談の翌朝、保健センターの地区担当保健師が家庭訪問した。Aさんは血色がよく体型は標準的であったが、入浴をしていないような強い臭気がした。また終始イライラした様子で笑顔は少なく、落ち着きなく部屋を歩き回っていた。父親は「Aの薬は妻が管理していた。妻が亡くなってからAの状態は悪くなっていると思う」と話した。A さんの薬袋を保健師が確認すると、予定残数以上の内服薬が出てきた。
 保健師がAさんの状況を確認する内容で、最も優先度が高いのはどれか。

1.服薬
2.清潔
3.睡眠
4.食事

解答

解説
1.〇 正しい。服薬
2.× 清潔
3.× 睡眠
4.× 食事

 

 

 

 

 

次の文を読み41、42の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)。父親(75歳)と2人暮らし。A さんは22 歳頃から統合失調症を発症し、精神科病院に入院した。30歳代で退院した後は精神障害者手帳2級を取得し、月1回通院を継続しながら生活できていた。
 ある日、父親から保健センターに電話があり「妻が1か月前に急死した。ようやく家は落ち着いてきたが、Aがこの頃落ち着かない様子である。今までは妻がAの世話をしていたので、これからどうすればよいか困っている」との相談があった。

42 3日後、A さんと父親の様子を見るために保健師は再度家庭訪問を行った。家庭訪問時、父親がAさんに対して「なんでできないんだ」と叱責している場面がみられた。父親は「Aの病気についてはよく知らない。自分もイライラするし、どうしたらよいのかわからない」と困った様子で保健師に話した。
 地区担当保健師がこの時に行う支援で最も適切なのはどれか。

1.父親に息抜きの時間を持つことを勧める。
2.A さんの地域生活支援事業の利用を勧める。
3.父親に精神障害者の家族会への参加を勧める。
4.A さんの受診に父親と保健師が同行することを提案する。

解答

解説
1.× 父親に息抜きの時間を持つことを勧める。
2.× Aさんの地域生活支援事業の利用を勧める。
3.× 父親に精神障害者の家族会への参加を勧める。
4.〇 正しい。Aさんの受診に父親と保健師が同行することを提案する。

 

 

 

 

 

次の文を読み43、44の問いに答えよ。
 A町は人口7,000人、高齢化率45%、高齢者のうち独居者の割合35%である。町には急な坂が多く、公共交通機関はバスのみで運行本数は少ない。このため、A 町に住む高齢者は食品や日用品など日々の買い物に不便を感じている。

43 A町の保健師は、独居高齢者の状況について情報収集を行うことにした。
 収集する情報で優先度が高いのはどれか。

1.特定健康診査の結果
2.A町国民健康保険の医療給付内容
3.要介護認定者の介護サービスの利用状況
4.基本チェックリストによる生活機能の確認の結果

解答

解説
1.× 特定健康診査の結果
2.× A町国民健康保険の医療給付内容
3.× 要介護認定者の介護サービスの利用状況
4.〇 正しい。基本チェックリストによる生活機能の確認の結果

 

 

 

 

 

次の文を読み43、44の問いに答えよ。
 A町は人口7,000人、高齢化率45%、高齢者のうち独居者の割合35%である。町には急な坂が多く、公共交通機関はバスのみで運行本数は少ない。このため、A 町に住む高齢者は食品や日用品など日々の買い物に不便を感じている。

44 保健師が高齢者を対象に日常生活の不便さと生活に関するアンケートを実施した結果、食事回数が1日2回と回答した割合が、独居高齢者では50%、同居者がいる高齢者では30% であった。
 独居高齢者の食事回数が1日2回であることに対する寄与危険はどれか。

1.0.2
2.0.6
3.1.67
4.2.33

解答

解説
1.〇 正しい。0.2
2.× 0.6
3.× 1.67
4.× 2.33

 

 

 

 

 

次の文を読み45、46の問いに答えよ。
 Aちゃん(5歳、男児、第1子)。1歳6か月児健康診査で言葉の遅れ及びこだわりを指摘され、2歳6か月の時に、専門外来にて自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された。現在、療育手帳を取得し、保育所へ通いながら児童発達支援センターの療育に週2日通っている。地区担当保健師は1歳6か月児健康診査後から関わっており、母親からの相談に対応している。

45 母親が保健センターを訪れ、地区担当保健師に「Aの就学先について悩んでいます。児童発達支援センターの先生には特別支援学校を勧められていますが、できれば地域の公立小学校に通わせたいと思っています。どちらがAのために良いのでしょうか」と相談があった。
 このときの母親への対応で最も適切なのはどれか。

1.児童発達支援センターの先生と再度話し合うことを勧める。
2.母親が地域の公立小学校に通わせたい理由を確認する。
3.保健師から主治医の意見を確認すると説明する。
4.児童相談所へ相談することを提案する。

解答

解説
1.× 児童発達支援センターの先生と再度話し合うことを勧める。
2.〇 正しい。母親が地域の公立小学校に通わせたい理由を確認する。
3.× 保健師から主治医の意見を確認すると説明する。
4.× 児童相談所へ相談することを提案する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。