第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み41、42の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)。父親(75歳)と2人暮らし。A さんは22 歳頃から統合失調症を発症し、精神科病院に入院した。30歳代で退院した後は精神障害者手帳2級を取得し、月1回通院を継続しながら生活できていた。
 ある日、父親から保健センターに電話があり「妻が1か月前に急死した。ようやく家は落ち着いてきたが、Aがこの頃落ち着かない様子である。今までは妻がAの世話をしていたので、これからどうすればよいか困っている」との相談があった。

41 相談の翌朝、保健センターの地区担当保健師が家庭訪問した。Aさんは血色がよく体型は標準的であったが、入浴をしていないような強い臭気がした。また終始イライラした様子で笑顔は少なく、落ち着きなく部屋を歩き回っていた。父親は「Aの薬は妻が管理していた。妻が亡くなってからAの状態は悪くなっていると思う」と話した。A さんの薬袋を保健師が確認すると、予定残数以上の内服薬が出てきた。
 保健師がAさんの状況を確認する内容で、最も優先度が高いのはどれか。

1.服薬
2.清潔
3.睡眠
4.食事

解答

解説
1.〇 正しい。服薬は、最も優先度が高い。なぜなら、Aさんの状態から病状の悪化が疑われるため。これまで服薬管理は、Aさんの母が行っており、予定残数以上の内服薬があったという情報から、確実に内服できていないことが病状悪化に影響している可能性がある。
2.× 清潔より優先度が高い選択肢がほかにある。ただ、設問から、入浴していないような強い臭気が認められることから、清潔が維持できていない状況であり対応が必要である。
3.× 睡眠より優先度が高い選択肢がほかにある。なぜなら、設問から睡眠の状況が読み取れないため。ただ、病状の悪化によって不眠などの睡眠障害が出現することもあるため、優先度は高くないが知っておく必要はある。
4.× 食事より優先度が高い選択肢がほかにある。なぜなら、Aさんは、血色がよく標準的な体形とあり、脱水や栄養不良の状態にあるとは考えにくい‘そのため。

 

 

 

 

 

次の文を読み41、42の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、男性)。父親(75歳)と2人暮らし。A さんは22 歳頃から統合失調症を発症し、精神科病院に入院した。30歳代で退院した後は精神障害者手帳2級を取得し、月1回通院を継続しながら生活できていた。
 ある日、父親から保健センターに電話があり「妻が1か月前に急死した。ようやく家は落ち着いてきたが、Aがこの頃落ち着かない様子である。今までは妻がAの世話をしていたので、これからどうすればよいか困っている」との相談があった。

42 3日後、A さんと父親の様子を見るために保健師は再度家庭訪問を行った。家庭訪問時、父親がAさんに対して「なんでできないんだ」と叱責している場面がみられた。父親は「Aの病気についてはよく知らない。自分もイライラするし、どうしたらよいのかわからない」と困った様子で保健師に話した。
 地区担当保健師がこの時に行う支援で最も適切なのはどれか。

1.父親に息抜きの時間を持つことを勧める。
2.A さんの地域生活支援事業の利用を勧める。
3.父親に精神障害者の家族会への参加を勧める。
4.A さんの受診に父親と保健師が同行することを提案する。

解答

解説
1.× 父親に息抜きの時間を持つことを勧める必要はない。なぜなら、息抜きをしても根本的な問題解決にはならないため。父親の主訴は、Aさんにどう対応したらよいかわからないことやそれに伴う不安な気持ちが大きくなっていることである。
2.× Aさんの地域生活支援事業の利用を勧める必要はない。なぜなら、地域生活支援事業の利用しても根本的な問題経穴にはならないため。地域生活支援事業は、精神障害者本人が自立した日常生活または社会生活を営むことができるように支援するものである。
3.× 父親に精神障害者の家族会への参加を勧める必要はない。なぜなら、家族会に参加することで、情報を共有したり、悩みを分かち合うことが期待できるが、病状安定後の参加が望ましいため。本症例は、3日前の訪問時点で確実な内服ができておらず、病状は不安定である。また、父親がAさんの病気について理解できていないことからも、受診して主治医から病気に対する正しい知識や対応方法について説明してもらうことが優先される。
4.〇 正しい。Aさんの受診に父親と保健師が同行することを提案する。なぜなら、保健師が同伴することで、①父親が主治医から、Aさんの病気に対する正しい知識や対応方法について説明を受けられる、②主治医に対して家庭の状況を的確に伝えられることができるため。設問から、父親は「Aの病気についてはよく知らない、どうしたらよいかわからない」と訴えているため、保健師が同行することを提案するのが適切である。

 

 

 

 

 

次の文を読み43、44の問いに答えよ。
 A町は人口7,000人、高齢化率45%、高齢者のうち独居者の割合35%である。町には急な坂が多く、公共交通機関はバスのみで運行本数は少ない。このため、A 町に住む高齢者は食品や日用品など日々の買い物に不便を感じている。

43 A町の保健師は、独居高齢者の状況について情報収集を行うことにした。
 収集する情報で優先度が高いのはどれか。

1.特定健康診査の結果
2.A町国民健康保険の医療給付内容
3.要介護認定者の介護サービスの利用状況
4.基本チェックリストによる生活機能の確認の結果

解答

解説

地域での暮らしを継続するためには日常生活動作(ADL)だけでなく、手段的日常生活動作(IADL)の状態をアセスメントすることが重要となる。

1.× 特定健康診査の結果は、優先度が低い。なぜなら、特定健康診査は、40~74歳が対象のメタボリックシンドロームに着目した健康診査であるため。したがって、生活習慣病にかかわる身体的な情報は得られるが、日々の買い物などの手段的日常生活動作(IADL)に関する情報は得られない。
2.× A町国民健康保険の医療給付内容は、優先度が低い。A町国民健康保険の医療給付内容は、独居高齢者の医療機関の受診の状況が把握できる。したがって、日々の買い物などの手段的日常生活動作(IADL)に関する情報は得られない。
3.× 要介護認定者の介護サービスの利用状況は、優先度が低い。要介護認定者の介護サービスの利用状況は、「現在、介護サービスを利用している人の情報」が把握できる。要介護認定を受けていない独居高齢者の情報は把握できない。
4.〇 正しい。基本チェックリストによる生活機能の確認の結果は、優先度が高い。基本チェックリストは、日常的な買い物や公共交通機関の利用など、A町の高齢者のIAOLに関する情報が収集できる。A町の高齢者は買い物に不便さを感じており、まずは買い物など外出に関する情報を収集する必要がある。

 

 

 

 

 

次の文を読み43、44の問いに答えよ。
 A町は人口7,000人、高齢化率45%、高齢者のうち独居者の割合35%である。町には急な坂が多く、公共交通機関はバスのみで運行本数は少ない。このため、A 町に住む高齢者は食品や日用品など日々の買い物に不便を感じている。

44 保健師が高齢者を対象に日常生活の不便さと生活に関するアンケートを実施した結果、食事回数が1日2回と回答した割合が、独居高齢者では50%、同居者がいる高齢者では30% であった。
 独居高齢者の食事回数が1日2回であることに対する寄与危険はどれか。

1.0.2
2.0.6
3.1.67
4.2.33

解答

解説

独居を曝露因子と考えると独居群(曝露群)の食事回数が1日2回になっている率は0.5(50%)、独居でない群(非曝露群)の食事が1日2回になっている率は、0.3(30%)であるから、寄与危険は、0.5-0.3=0.2となる。したがって、選択肢1.0.2が正しい。

寄与危険度(リスク差)とは?

曝露群と非曝露群の疾病発症リスクの差のこと。「曝露因子があるとどれだけ危険度が増すか」を示す。何らかの介入を行った場合にどれだけの人が疾病を予防できるかが予測できるため、健康政策を進めるうえで重要な指標となる。

 

 

 

 

 

次の文を読み45、46の問いに答えよ。
 Aちゃん(5歳、男児、第1子)。1歳6か月児健康診査で言葉の遅れ及びこだわりを指摘され、2歳6か月の時に、専門外来にて自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された。現在、療育手帳を取得し、保育所へ通いながら児童発達支援センターの療育に週2日通っている。地区担当保健師は1歳6か月児健康診査後から関わっており、母親からの相談に対応している。

45 母親が保健センターを訪れ、地区担当保健師に「Aの就学先について悩んでいます。児童発達支援センターの先生には特別支援学校を勧められていますが、できれば地域の公立小学校に通わせたいと思っています。どちらがAのために良いのでしょうか」と相談があった。
 このときの母親への対応で最も適切なのはどれか。

1.児童発達支援センターの先生と再度話し合うことを勧める。
2.母親が地域の公立小学校に通わせたい理由を確認する。
3.保健師から主治医の意見を確認すると説明する。
4.児童相談所へ相談することを提案する。

解答

解説
1.× 児童発達支援センターの先生と再度話し合うことを勧める必要はない。なぜなら、児童発達支援センターにはすでに相談し、特別支援学校を勧められているため。児童発達支援センターは『児童福祉法』により規定されている障害児通所支援の一施設である。
2.〇 正しい。母親が地域の公立小学校に通わせたい理由を確認する。設問からは、母親が「なぜ地域の公立小学校に通わせたいのか」が不明であり、まずはその理由を確認し、保健師が母親の思いを把握することが重要である。
3.× 保健師から主治医の意見を確認すると説明する必要はない。なぜなら、まずは母親の思いを傾聴することが優先されるため。ただ、子どもの障害の状態や就学先について、主治医の専門的な意見の聴取は大切であり参考にすることもある。
4.× 児童相談所へ相談することを提案する必要はない。児童相談所には、18歳未満の子どもに関する相談や障害の判定などを行うところであるため。設問での相談先として提案することはしない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)