第105回(H31) 保健師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 人口10万人のA市では、脳血管疾患の死亡割合が全国と比較して大きいことが明らかになった。そこで、脳血管疾患の予防対策の一環として血圧に注目し、一部の市民を対象とした塩分摂取量の把握のための聞き取りによる食事調査を行うこととした。

46 調査の結果、全国と比較して塩分摂取量が多く、さらに塩分摂取量が多い対象者の血圧は、塩分摂取量が少ない対象者と比較して高いことが分かった。調査結果を表に示す。

高血圧に関して「塩分摂取量が多い」の「塩分摂取量が少ない」に対するオッズ比を求めよ。
ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。
解答: ① .②
 ①:0~9
 ②:0~9

 

解答17

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 平成26年(2014年)の医療法改正に伴い、A 県は平成28年度(2016年度)の第6次医療計画に地域医療構想を追記した。A 県および構想区域B、Cについて、厚生労働省の示す地域医療構想策定ガイドラインにより推計された2025年の必要病床数推計値を表に示す。

47 A県および構想区域B、C の2025年の必要病床数推計値の説明で正しいのはどれか。

1.A県全体での急性期の必要病床数推計値の割合は全国の値より低い。
2.構想区域Cの回復期の必要病床数推計値の割合はA県全体より低い。
3.構想区域B及びCの慢性期の必要病床数推計値の割合は同じである。
4.構想区域Bの高度急性期の必要病床数推計値はA県の5割を占めている。

解答

解説
1.× A県全体での急性期の必要病床数推計値の割合は全国の値より低い。
2.× 構想区域Cの回復期の必要病床数推計値の割合はA県全体より低い。
3.× 構想区域B及びCの慢性期の必要病床数推計値の割合は同じである。
4.〇 正しい。構想区域Bの高度急性期の必要病床数推計値はA県の5割を占めている。

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 平成26年(2014年)の医療法改正に伴い、A 県は平成28年度(2016年度)の第6次医療計画に地域医療構想を追記した。A 県および構想区域B、Cについて、厚生労働省の示す地域医療構想策定ガイドラインにより推計された2025年の必要病床数推計値を表に示す。

48 構想区域Cを所管する保健所では、必要病床数推計値に地域の実情を反映するために、管内の市町村と協働して18歳から64歳までの住民を無作為抽出し、独自に調査票送付によるアンケートを行うことにした。
アンケートの質問項目で優先度が高いのはどれか。

1.よく利用する医療機関の所在地
2.利用したい介護保険事業所のサービス
3.地域に不足していると感じる医療機能
4.緊急時に受診したい医療機関の所在地

解答

解説
1.× よく利用する医療機関の所在地
2.× 利用したい介護保険事業所のサービス
3.〇 正しい。地域に不足していると感じる医療機能
4.× 緊急時に受診したい医療機関の所在地

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 平成26年(2014年)の医療法改正に伴い、A 県は平成28年度(2016年度)の第6次医療計画に地域医療構想を追記した。A 県および構想区域B、Cについて、厚生労働省の示す地域医療構想策定ガイドラインにより推計された2025年の必要病床数推計値を表に示す。

49 構想区域Cを所管する保健所の保健師は、地域医療構想に基づく切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築を、実際にどのように行っていくかについて、市町村の保健師と話し合いを行うことにした。
 初回に検討する内容で優先度が高いのはどれか。

1.A県の第6次医療計画
2.市町村ごとの入院患者の状況
3.2025年の医療機能別の必要病床数推計値(全国ベース)
4.市町村ごとの介護給付における居宅サービスの利用状況

解答

解説
1.× A県の第6次医療計画
2.〇 正しい。市町村ごとの入院患者の状況
3.× 2025年の医療機能別の必要病床数推計値(全国ベース)
4.× 市町村ごとの介護給付における居宅サービスの利用状況

 

 

 

 

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 A ちゃん(3歳1か月、男児)。身長49cm、体重3,100g で出生した。市の3歳児健康診査に母親と来所した。自記式の問診票では、目・耳に関する特記事項はなく、相談したいことの欄には「昼間のおむつは取れたが、時々おしっこは失敗することがある」と記入されていた。生後11か月時に、鼠径ヘルニアによる手術の既往がある。今回の計測の結果は、身長90cm、体重11kgであった。過去の健康診査結果では、4か月児健康診査、1歳6か月児健康診査とも特記すべき事項はなかった。

50 問診時、A ちゃんに対するアセスメント項目で最も優先度が高いのはどれか。

1.体重
2.排泄
3.聴力
4.外科的疾患の既往

解答

解説
1.〇 正しい。体重
2.× 排泄
3.× 聴力
4.× 外科的疾患の既往

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。