第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前101~105】

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(6歳、男児)は、昨日午後から今朝にかけて5回の下痢便がみられ、体温が38.0℃であったため祖母と受診した。経口摂取は昨日の昼食が最後である。便の簡易検査の結果、ノロウイルスによる胃腸炎と診断され、個室に入院した。入院後、末静脈ラインが左手背に留置され持続点滴が開始された。両親は同様の症状があるため面会できない。祖母が帰宅した後、A君は顔をしかめ、側臥位で膝を腹部の方に寄せ抱えるようにしている。バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数36/分、心拍数120/分であった。

101 A君は病室内のトイレで排泄をしていた。看護師はマスク、手袋およびエプロンを着用しA君の排泄介助を行っていると、下着に便が付着していることに気付いた。看護師は、すぐにA君の下着を脱がせ流水で便を洗い流した。
 下着の処理の方法で正しいのはどれか。

1.病室内のゴミ箱に捨てる。
2.病室内でエタノールに浸す。
3.病室内で次亜塩素酸ナトリウム溶液に浸す。
4.病室外の汚物処理室の感染性廃棄物用の容器に捨てる。

解答3

解説

1.× 病室内のゴミ箱に捨てる対応は不適切である。なぜなら、ノロウイルスは空気感染を起こすため。また、患児の私物であり、排泄物で汚染された下着であってもA君や家族に説明をしないで捨てることはできない。
2.× 病室内でエタノールに浸す対応は不適切である。なぜなら、ノロウイルスに対しては、エタノールなどのアルコールは無効であるため。
3.〇 正しい。病室内で次亜塩素酸ナトリウム溶液に浸す。なぜなら、ノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効であるため。したがって、排泄物で汚染された下着を次亜塩素酸ナトリウム溶液に浸しておき、消毒することが必要である。
4.× 病室外の汚物処理室の感染性廃棄物用の容器に捨てる対応は不適切である。なぜなら、患児はノロウイルス感染が認められているため、汚染された下着を病室外に持ち出すことは感染拡大の原因となるため。また、患児の私物であり、看護師の判断で捨てることできない。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 A君(6歳、男児)は、昨日午後から今朝にかけて5回の下痢便がみられ、体温が38.0℃であったため祖母と受診した。経口摂取は昨日の昼食が最後である。便の簡易検査の結果、ノロウイルスによる胃腸炎と診断され、個室に入院した。入院後、末静脈ラインが左手背に留置され持続点滴が開始された。両親は同様の症状があるため面会できない。祖母が帰宅した後、A君は顔をしかめ、側臥位で膝を腹部の方に寄せ抱えるようにしている。バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数36/分、心拍数120/分であった。

102 入院後3日になったが両親は来院できない状況が続いている。A君は下痢が改善し体温も下がり笑顔がみられるようになった。看護師が清拭しながらA君と話していると「僕がお母さんの言うことを聞かなかったから病気になっちゃったんだ」と話した。
 このときの看護師の対応で適切なのはどれか。

1.「お母さんが悲しむからそんなことを言ってはいけないよ」
2.「気持ちは分かるけれど病気になったのはA君のせいではないよ」
3.「A君の言うとおりだとすると入院している子はみんな悪い子なのかな」
4.「お母さんの言うことを聞いていたら病気にならなかったかもしれないね」

解答2

解説

1.× 「お母さんが悲しむからそんなことを言ってはいけないよ」と、制止することは、A君がひとりで抱え込み、さらに自分を責めることにつながるため、不適切である。また、A君は幼児期後期であり、病気の原因を、自分が親の言うことを聞かなかったことへの罰ととらえやすい傾向にある。
2.〇 正しい。「気持ちは分かるけれど病気になったのはA君のせいではないよ」と、A君の認知発達段階を理解したうえで、A君が表出した考えや思いを受け止め、自己中心的にとらえている考えを修正し、病気になった原因を理解できるようなかかわりが正しい対応といえる。
3.× 「A君の言うとおりだとすると入院している子はみんな悪い子なのかな」と伝えることは不適切である。なぜなら、子どもが病気になる原因は、親の言うことを聞かなかったことという理解をさらに促進させるため。
4.× 「お母さんの言うことを聞いていたら病気にならなかったかもしれないね」と、A君の発言を肯定することは、A君は自責の念を強く抱いてしまい、精神的なストレスを与えると考えられる。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後5か月、女児)は、出生時、腟の後方に瘻孔があり、腸内容物が排出され、低位鎖肛と診断された。他に奇形は認められず、瘻孔は腟と尿道に交通していなかったため、体重増加を待って会陰式肛門形成術を行う予定とされていた。Aちゃんは順調に体重が増加しており、定期受診のため来院した。

103 受診時の観察項目で優先度が高いのはどれか。

1.活気
2.腹部膨満
3.腹部腫瘤
4.チアノーゼ

解答2

解説

1.× 活気は、観察項目の最優先とはなりにくい。なぜなら、順調に体重増加しており、なおかつ今回は定期診察であるため。
2.〇 正しい。腹部膨満は、受診時の観察項目で優先度が高い。なぜなら、「膣の後方に痩孔がある」という問題文の表記から、Aちゃんは膣後方の小さな穴(痩孔)を通して排便している状況であるため。痩孔を通じた排便では、十分な排便が難しいため、腹部膨満となっていないかをみることは重要である。
3.× 腹部腫瘤は、観察項目の最優先とはなりにくい。なぜなら、問題文に他に奇形は認めないと記されているため。また、鎖肛(直腸肛門奇形)は、食道閉鎖症や十二指腸閉鎖症などの合併がみられることはあるが、腹部腫癌としては触知されることはない。
4.× チアノーゼは、観察項目の最優先とはなりにくい。なぜなら、Aちゃんは心臓など他に奇形が認められず、低位鎖肛のみであるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後5か月、女児)は、出生時、腟の後方に瘻孔があり、腸内容物が排出され、低位鎖肛と診断された。他に奇形は認められず、瘻孔は腟と尿道に交通していなかったため、体重増加を待って会陰式肛門形成術を行う予定とされていた。Aちゃんは順調に体重が増加しており、定期受診のため来院した。

104 Aちゃんは、定期受診の1か月後、予定どおり会陰式肛門形成術を行った。術後2日、1日に6回の排便があり、造設された肛門周囲に発赤がみられている。
 排便後の対応で最も適切なのはどれか。

1.石けんで洗浄する。
2.微温湯で洗浄する。
3.お尻拭きシートで拭き取る。
4.ポビドンヨードで消毒をする。

解答2

解説

1.× 石けんで洗浄するのは不適切である。なぜなら、過度に皮脂を奪うなど、スキントラブルを助長させるため。
2.〇 正しい。微温湯で洗浄する。なぜなら、皮膚への刺激が最も少なくいため。排便ごとに陰部洗浄を行うことで患部を清潔に保ち、創部治癒を早める。
3.× お尻拭きシートで拭き取るのは不適切である。なぜなら、児によっては溶剤や繊維の刺激が強い場合があり、さらに皮膚への摩擦によりかぶれの原因ともなるため。また、便をきれいに拭き取ることができない可能がある。
4.× ポビドンヨードで消毒をするのは不適切である。なぜなら、創部への刺激が強く、治癒を遅らせるともいわれているため。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後5か月、女児)は、出生時、腟の後方に瘻孔があり、腸内容物が排出され、低位鎖肛と診断された。他に奇形は認められず、瘻孔は腟と尿道に交通していなかったため、体重増加を待って会陰式肛門形成術を行う予定とされていた。Aちゃんは順調に体重が増加しており、定期受診のため来院した。

105 術後2週、全身状態や創部の状態が安定し、肛門拡張のためのブジーが開始された。退院後もブジーを継続するため母親に指導を行うことになった。
 ブジーの指導で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.「食後は避けてください」
2.「腹臥位で行ってください」
3.「できるだけ深く入れてください」
4.「排便があった日は行わなくてよいです」
5.「直腸の向きに沿ってゆっくり入れてください」

解答1/5

解説

ブジーとは?

尿道・肛門などの体管腔に挿入し、内径を拡張するための金属製またはゴム製の医療器機。

1.〇 正しい。食後は避けるよう指導する。なぜなら、食後は腸管運動が亢進し排便を起こしやすい時間帯であるため。
2.× 腹臥位ではなく、側臥位で行う。なぜなら、腹臥位で行うと、直腸を損傷する可能性があるため。
3.× できるだけ深くではなく、適度な深さで行う。なぜなら、深く入れすぎると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるため。
4.× 排便の有無にかかわらず定期的に行うべきである。なぜなら、肛門管を徐々に拡張させることが目的であるため。
5.〇 正しい。直腸の向きに沿ってゆっくり入れる。なぜなら、斜めに入ると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるため。直腸の向きに沿い、なおかつゆっくり入れることが重要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。