第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、大学生)は、最近、同じ大学に所属するパートナー(21歳、男性)との性交後に白色帯下が増えた。外陰部に腫瘤はみられず搔痒感や痛みはないが、時々、下腹部に痛みがあった。Aさんは性感染症<STD>を疑い、1人で産婦人科クリニックを受診した。診察時の体温36.8℃、脈拍62/分であった。

106 Aさんの状態に最もあてはまる性感染症<STD>はどれか。

1.性器ヘルペス
2.尖圭コンジローマ
3.腟トリコモナス症
4.性器クラミジア感染症

解答4

解説

1.× 性器ヘルペスは考えにくい。ヘルペスの多くは外陰炎で、左右対照的な潰瘍を生じる。主症状は、排尿時痛などの疼痛である。
2.× 尖圭コンジローマは考えにくい。尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスの6型/11型の感染で生じ、肛門周囲や膣壁に無痛性のイボがみられる。男性に感染すると陰茎に腫癌が生じる。
3.× 腟トリコモナス症は考えにくい。腔トリコモナス症では、泡沫状の帯下を主訴とし、子宮膣部が赤くなるほか、外陰部に強い搔痒感を伴う。膣分泌物の鏡検で、動く膣トリコモナス原虫が確認できる。
4.〇 正しい。性器クラミジア感染症は最もあてはまる性感染症<STD>である。性器クラミジア感染症では、帯下の増加や下腹部痛・不正出血といった症状がみられる。放置すると子宮頚管炎や卵管炎を発症し、重症化すると骨盤腹膜炎などを起こす。男性では排尿時痛を伴う。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、大学生)は、最近、同じ大学に所属するパートナー(21歳、男性)との性交後に白色帯下が増えた。外陰部に腫瘤はみられず搔痒感や痛みはないが、時々、下腹部に痛みがあった。Aさんは性感染症<STD>を疑い、1人で産婦人科クリニックを受診した。診察時の体温36.8℃、脈拍62/分であった。

107 Aさんは「彼とは交際を続けたいので、性感染症<STD>のことは黙っていてもよいですか。今日、相談に来たことも彼には話していません」と看護師に話した。
 Aさんに対する看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.パートナーには話さなくてもよいと伝える。
2.パートナーに来院を促す電話をすると伝える。
3.Aさんが通う大学の保健センターの看護師に相談するよう勧める。
4.性感染症<STD>に罹患したことをAさんからパートナーに伝えるよう勧める。

解答4

解説

クラミジアの治療にはパートナーの検査、治療が重要であり、患者本人がその重要性を理解しなくてはならない。両者が治療しないと、いわゆるビンポン感染(パートナー間で感染し合うこと)が生じ、卵管妊娠や不妊症の原因となる。したがって、選択肢4.性感染症<STD>に罹患したことをAさんからパートナーに伝えるよう勧めることが正しい。

 

 

 

 

 

次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、大学生)は、最近、同じ大学に所属するパートナー(21歳、男性)との性交後に白色帯下が増えた。外陰部に腫瘤はみられず搔痒感や痛みはないが、時々、下腹部に痛みがあった。Aさんは性感染症<STD>を疑い、1人で産婦人科クリニックを受診した。診察時の体温36.8℃、脈拍62/分であった。

108 Aさんは医師から「パートナーにも感染の可能性があるので性交渉をしないように」と説明を受けた。Aさんは看護師に「パートナーとはいつから性交渉をしてもよいですか」と相談した。
 性交渉を再開する時期の説明で正しいのはどれか。

1.処方された内服薬をAさんが飲み終えた後
2.Aさんの性感染症<STD>の症状がなくなった後
3.パートナーが性感染症<STD>の検査を受けた後
4.Aさんとパートナーの性感染症<STD>の治癒が確認された後

解答4

解説

性交渉は本人とパートナーの治療・治癒が確認された後に行う。治療が完了していなければ、再感染のリスクを伴う。したがって、選択肢4.Aさんとパートナーの性感染症<STD>の治癒が確認された後が正しい。

 

1.× 処方された内服薬をAさんが飲み終えた後でも、内服後に検査を行わないと、治癒できているかわからない
2.× Aさんの性感染症<STD>の症状がなくなった後でも、完全に治癒したとは判断できない。なぜなら、性器クラミジア感染症は性交により感染し.男性・女性ともに、感染しても症状を感じにくいため。
3.× パートナーが性感染症<STD>の検査を受けた後でも、治療を終了したわけではない。治癒が確認されてから再開する。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(36歳、経産婦)は、夫と長男(3歳)との3人で暮らしている。妊娠40週0日、午前9時にAさんは陣痛開始のため入院した。このときは未破水であった。午後1時、体温36.8℃、脈拍64/分、血圧126/70mmHgであった。Aさんに分娩監視装置を装着したところ、陣痛間欠分、胎児心拍数基線は140bpmで、一過性徐脈はみられなかった。午後時、破水感があり医師が診察したところ、子宮口は7cm開大であり、羊水の流出がみられた。

109 この時点でのAさんのアセスメントで適切なのはどれか。

1.胎児頻脈
2.前期破水
3.分娩第1期
4.妊娠高血圧症候群

解答3

解説

1.× 胎児頻脈とは考えにくい。なぜなら、Aさんは140bpmであるため。胎児の正常心拍数は110~160bpmで、頻脈は160bpm以上をいう。
2.× 前期破水とは考えにくい。なぜなら、Aさんは午前9時に陣痛が開始しており、分娩は開始しているが子宮口全開大前の破水であるため。したがって、早期破水である。破水とは卵膜が破綻して羊水の漏出を起こした状態をいう。前期破水とは、分娩開始前に破水する場合をという。
3.〇 正しい。分娩第1期である。分娩第1期とは、分娩開始(陣痛発来)から子宮口全開大までの時期をいう。Aさんは午前9時に陣痛が開始しているが、この時点では子宮口7cm開大であり、分娩第1期である。
4.× 妊娠高血圧症候群とは考えにくい。なぜなら、Aさんは血圧126/70mmHgであり、収縮期血圧/拡張期血圧ともに正常範囲にあるため。妊娠高血圧症候群は、収縮期血圧140mmHg以上、あるいは拡張期血圧90mmHg以上のいずれかに該当する場合をいう。

 

 

 

 

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(36歳、経産婦)は、夫と長男(3歳)との3人で暮らしている。妊娠40週0日、午前9時にAさんは陣痛開始のため入院した。このときは未破水であった。午後1時、体温36.8℃、脈拍64/分、血圧126/70mmHgであった。Aさんに分娩監視装置を装着したところ、陣痛間欠分、胎児心拍数基線は140bpmで、一過性徐脈はみられなかった。午後時、破水感があり医師が診察したところ、子宮口は7cm開大であり、羊水の流出がみられた。

110 午後2時30分、Aさんは3,300gの女児を正常分娩した。分娩時の出血量は200mLであった。産褥3日、体温37.0℃、脈拍76/分、血圧118/60mmHgであった。血液データは、Hb11g/dL、Ht35%であった。子宮底の位置は臍下横指で硬く、赤色の悪露がみられた。乳房は左右とも張り、乳管の開口数は3本ずつで黄色の乳汁が分泌している。乳頭の伸びは少なく児が吸啜するまでに時間がかかっている。
 看護師のAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.鉄分の多い食事を勧める。
2.子宮底に冷罨法を行う。
3.乳頭のケアを行う。
4.授乳を中止する。

解答3

解説

1.× 鉄分の多い食事を勧めることは最も適切な対応にはあたらない。なぜなら、分娩時の出血でFb値、Ht値は減少し、産褥5日頃までは低値をとるが、約1か月で非妊時の状態に回復するため。Aさんはこの時点で、Hb11g/dL、Ht35%で貧血はない。ちなみに、Hbは男性が1デシリットルのなかに13.5~18g、女性では11.5~16g程度、基準値は、Htは成人男性で40~50%、成人女性で34~45%が基準値である。
2.× 子宮底に冷罨法を行うことは最も適切な対応にはあたらない。なぜなら、特に冷器法によって子宮収縮を促す必要はないため。産褥3日は、子宮底の高さは膳下2~3横指にあり、悪露の色も赤色から暗赤色に移行する時期である。Aさんの子宮底は硬く適切な位置にあり、子宮復古不全を疑う所見はない。
3.〇 正しい。乳頭のケアを行う。なぜなら、Aさんは乳頭の伸びが少ないため。乳頭・乳輪のマッサージを行うとよい。授乳に適した乳頭としては、適度に突出して、つきたての餅のように柔らかく、弾力がある状態が望ましい。産褥3日の乳房の状態として、左右とも張り、乳管開通は3本ずつ、黄色の乳汁が分泌しているのは正常である。
4.× 授乳を中止する必要はない。なぜなら、子宮復古も問題なく、乳汁分泌や児の状態も問題ないため。初乳は成乳より蛋白質やミネラル、免疫グロブリンを多く含み、新生児の栄養や免疫の補助に重要な役割を果たす。Aさんは乳汁の分泌が始まっているので、積極的に授乳を行うことが望ましい。児が吸啜することで乳頭に刺激が与えられ、乳汁分泌を促進する効果も期待できる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。