第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前116~120】

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(42歳、女性)は、2年前に筋萎縮性側索硬化症<ALS>の確定診断を受けた。夫(50歳)と長女(16歳)と自宅で過ごしている。Aさんは「なるべく口から食べるようにしたい」と話し、食事と併せて胃瘻から栄養剤の注入を行っている。要介護2の認定を受け、訪問看護および訪問介護を利用している。食事の介助を行う夫から、訪問看護師に「介助の方法が良くないのか、妻はうまく飲み込めていません」と相談の電話があった。

116 6か月後、Aさんは呼吸障害と嚥下障害とが進行し、気管切開による人工呼吸療法を開始するために入院した。
 退院に向けて病棟看護師が行う家族への気管内吸引の説明として最も適切なのはどれか。

1.夜間に定期的な吸引を行う。
2.就寝前に体位ドレナージを行う。
3.気道内圧が低下したら吸引する。
4.吸引時は気管カニューレのカフ圧を上げる。

解答2

解説

1.× 夜間に定期的な吸引を行う必要はない。なぜなら、夜間の定期的な吸引は家族の負担が大きく、患者本人の睡眠の妨げにもなるため。どの程度夜間に吸引が必要かどうかをアセスメントし、必要最小限にとどめる。
2.〇 正しい。就寝前に体位ドレナージを行う。なぜなら、就寝時は、長時間同一体位になることで痰が貯留しやすいため。排痰促進法である体位ドレナージを行い、その後気管内吸引を行うと効果的である。これにより、無気肺や肺炎などの合併症を予防できる。
3.× 気道内圧が、低下ではなく上昇したら吸引する。なぜなら、気道内圧が上昇したら、気道内が痰で閉塞された状況を示すため。気道内圧は、痰が貯留していたり、チューブが折れ曲がるなどの閉塞が起こることで上昇する。原因を確認し、対応する必要がある。ちなみに、気道内圧の低下は人工呼吸器のチューブ損傷や接続不良、カニューレのカフのエア抜けが起こった際などに起こる。
4.× 吸引時は気管カニューレのカフ圧を上げる必要はない。なぜなら、気管カニューレのカフ圧を上げすぎると気管を傷つけるため。吸引時はカフ圧が変動する可能性があるため、20~30cm H2Oで保たれるよう確認する必要はあるが、必ず上げる必要はない。カちなみに、逆にカフ圧が低いと、刺激による咳反射などでカフから分泌物が垂れ込み、誤嚥しやすい。

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(42歳、女性)は、2年前に筋萎縮性側索硬化症<ALS>の確定診断を受けた。夫(50歳)と長女(16歳)と自宅で過ごしている。Aさんは「なるべく口から食べるようにしたい」と話し、食事と併せて胃瘻から栄養剤の注入を行っている。要介護2の認定を受け、訪問看護および訪問介護を利用している。食事の介助を行う夫から、訪問看護師に「介助の方法が良くないのか、妻はうまく飲み込めていません」と相談の電話があった。

117 Aさんは要介護5に区分が変更され、自宅で療養通所介護を利用することになった。退院後1か月、Aさんは療養通所介護の看護師に「ゆっくりお風呂に入ってみたい」と文字盤を使って話した。入浴を開始するにあたり、看護師と介護職員との間でカンファレンスを行うことになった。
 検討する内容として優先順位が高いのはどれか。

1.夫の介護負担
2.座位の保持能力
3.緊急時の対応方法
4.入浴後の人工呼吸器の回路交換の方法
5.入浴時の関節可動域<ROM>訓練の実施

解答3

解説

1.× 夫の介護負担は、最優先の検討事項ではない。なぜなら、療養通所介護での入浴についての検討であるため。
2.× 座位の保持能力は、最優先の検討事項ではない。なぜなら、座位の保持が困難であれば入浴用の特殊寝台を利用できるため。坐位が保持できるか否かによって、安全に入浴を実施するための介護方法は変わる。
3.〇 正しい。緊急時の対応方法は、優先順位が高い。なぜなら、人工呼吸療法中であるため。患者の命にかかわる状況のため、緊急時の迅速な対応方法の検討は最優先事項となる。
4.× 入浴後の人工呼吸器の回路交換の方法は、最優先の検討事項ではない。なぜなら、人工呼吸器の回路に汚染等がなければ入浴後に交換する必要はないため。入浴後ではなく入浴時に、アンビューバックやジャクソンリースなど人工呼吸器の回路交換が必要となる。
5.× 入浴時の関節可動域<ROM>訓練の実施は、最優先の検討事項ではない。なぜなら、入浴を安全に実施することが最優先であるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、女性)は、子宮頸癌の終末期で入院し緩和ケア治療を行っている。倦怠感は強いが食事は摂れている。麻薬を使用し疼痛のコントロールはできており、ふらつきはあるがトイレ歩行はできる。医師からは余命2か月と告知されており、退院して自宅で最期を迎えたいと希望している。主な介護者となる夫は58歳で、5年前の脳梗塞の後遺症で不全麻痺がある。経済的には安定している。子どもはいない。

118 病棟看護師はAさんと夫とを交えてカンファレンスを行った。夫は「妻は体力がとても落ちて、見ているのがつらいです。病気が進行すると動けなくなると聞きました。私は介護に自信がありません」と不安を訴えた。
 Aさんと夫への今後の不安に対する対応として最も適切なのはどれか。

1.生活保護の手続きをするよう促す。
2.要介護認定の申請手続きをするよう促す。
3.家事をしてくれる人を雇用するよう促す。
4.訪問リハビリテーションの利用を勧める。

解答2

解説

1.× 生活保護の手続きをするよう促す必要はない。なぜなら、経済的には安定しているため。
2.〇 正しい。要介護認定の申請手続きをするよう促す。なぜなら、Aさんは、50歳でがん末期であるため。介護保険の第2号被保険者(40~64歳、特定疾病)の対象となる。介護保険を活用し、訪問介護サービス等を受けることで夫の介護負担は軽減できる。また、福祉用具をレンタルすることができる。
3.× 家事をしてくれる人を雇用するよう促す必要はない。なぜなら、家事よりも介護の手助けが必要な状況であるため。また、介護保険を活用し、訪問介護サービスを受けることで、Aさんに対する家事は訪間介護員(ホームヘルパー)に依頼できる。
4.× 訪問リハビリテーションの利用を勧める必要はない。なぜなら、本症例は余命2か月であり、病状の進行によるADL低下はリハビリテーションでの改善は困難であるため。リハビリテーションの優先度は低い。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、女性)は、子宮頸癌の終末期で入院し緩和ケア治療を行っている。倦怠感は強いが食事は摂れている。麻薬を使用し疼痛のコントロールはできており、ふらつきはあるがトイレ歩行はできる。医師からは余命2か月と告知されており、退院して自宅で最期を迎えたいと希望している。主な介護者となる夫は58歳で、5年前の脳梗塞の後遺症で不全麻痺がある。経済的には安定している。子どもはいない。

119 看護師が退院に向けて最も連携すべき職種はどれか。

1.理学療法士
2.管理栄養士
3.介護支援専門員
4.保健所の保健師

解答3

解説

1.× 理学療法士は、リハビリテーションチームを構成する医療従事者の一員である。Aさんはリハビリテーションを行う状況ではないと考えられるため、連携の必要性は低い。
2.× 管理栄養士は、病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理、栄養管理を行う。本症例は、末期であるため、Aさんが食べたいものを食べられるだけ摂取できればよいと考えられ、特に管理栄養士による栄養管理が必要な状況ではない。
3.〇 正しい。介護支援専門員は、看護師が退院に向けて最も連携すべき職種である。なぜなら、Aさんは、介護保険の第2号被保険者の対象であり、介護保険サービスを検討する必要性は高いため。介護保険のサービスを活用するためには、介護支援専門員(ケアマネジャー)と連携をとり、サービス導入を決定していく必要がある。
4.× 保健所の保健師が対象とするのは、在宅療養を継続する難病疾患などの療養者のため、がん末期の患者は対象ではない。ちなみに、保健師は所定の専門教育を受け、地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾病の予防や健康増進など公衆衛生活動を行う地域看護の専門家である。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、女性)は、子宮頸癌の終末期で入院し緩和ケア治療を行っている。倦怠感は強いが食事は摂れている。麻薬を使用し疼痛のコントロールはできており、ふらつきはあるがトイレ歩行はできる。医師からは余命2か月と告知されており、退院して自宅で最期を迎えたいと希望している。主な介護者となる夫は58歳で、5年前の脳梗塞の後遺症で不全麻痺がある。経済的には安定している。子どもはいない。

120 退院後1か月。訪問看護ステーションの看護師が訪問した際、夫から「妻は痛みで苦しんでいる様子はない。トイレと食事以外は眠っていることが多く、このまま死んでしまうのでしょうか。家で看取ることができるか不安です」と相談を受けた。
 夫への支援で最も適切なのはどれか。

1.夫に頑張るよう励ます。
2.病院に入院するよう提案する。
3.麻薬の量を増やすことを提案する。
4.Aさんが希望する看取りの場について再度話し合う。

解答4

解説

1.× 夫に頑張るよう励ます必要はない。なぜなら、すでに夫はがんばっているため。励ましは、かえって大きなプレッシャーとなってしまう可能性がある。傾聴するよう努める。
2.× 病院に入院するよう提案する必要はない。なぜなら、Aさんは自宅で最期を迎えたいと希望しているため。まずは話し合い、不安に思うことについて検討する。
3.× 麻薬の量を増やすことを提案する必要はない。なぜなら、夫の発言により、Aさんの疼痛コントロールはできていると考えられるため。
4.〇 正しい。Aさんが希望する看取りの場について再度話し合う。Aさんは自宅で最期を迎えたいという希望があるが、家族は家での看取りに不安を抱いている。Aさんだけではなく、家族の現状も考え、看取りの場について再度検討する必要がある。

 

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第102回保健師国家試験、第99回助産師国家試験、第105回看護師国家試験の問題および正答について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。