第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後116~120】

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(58歳、男性)は、妻(55歳、会社員)、長女夫婦および生後5か月の孫の5人で暮らしている。頸椎の後縦靱帯骨化症と診断され椎弓形成術を受けた。リハビリテーション病院に転院しか2月前に退院した。退院時から週1回の訪問看護を受けている。現在の症状は、下肢のしびれ、知覚鈍麻、筋力低下、上下肢の痙性麻痺および膀胱直腸障害である。移動は車椅子で、食事はリハビリテーション用のフォークを使用して座位で摂取している。排泄は家族に見守られながら尿器とポータブルトイレとを使用し、自分で行っている。

116 Aさんは1週前から排便がなく、センノシドを毎日就寝前に継続して内服している。訪問看護師が観察すると左腹部に便塊を触れ、腸蠕動音は微弱であった。Aさんは、2日間排便がないときはピコスルファートナトリウム水和物を適宜内服するよう医師に言われているが、以前に内服して下痢になったため内服していないと話す。
 看護師のAさんへの提案で適切なのはどれか。

1.「もう少し様子をみましょう」
2.「下剤は2種類とも飲みましょう」
3.「便意を感じたらトイレに座りましょう」
4.「浣腸をしてもよいか医師に確認しましょう」

解答4

解説

1.× 経過観察は不適切である。なぜなら、Aさんは1週前より排便がないとの記述があり、医師からは2日間排便がなければ下剤の内服を指示されているため。また、腸嬬動音は微弱、左腹部に便塊を触れることからも、直ちに対処する必要がある。
2.× 下剤を2種類とも飲む必要はない。なぜなら、以前下痢になったことが理由で内服していないため。その理由について話し合うことなく、下剤を2種類飲むことは適切ではない。
3.× 便意を感じたらトイレに座ることを伝えても、現在のままでは便意が起こるとは考えにくいため不適切である。なぜなら、Aさんは膀胱直腸障害があることや、1週前より排便がない状況であるため。
4.〇 正しい。「浣腸をしてもよいか医師に確認しましょう」と提案する。なぜなら、1週前より排便がない状況から、排便を直ちに促す必要があるため。実施の可否を医師に確認し、浣腸することが最も即効性が期待できる。また、ピコスルファートナトリウム水和物の内服はしたくない状況であるため、代替案を医師に確認することを提案する。

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(58歳、男性)は、妻(55歳、会社員)、長女夫婦および生後5か月の孫の5人で暮らしている。頸椎の後縦靱帯骨化症と診断され椎弓形成術を受けた。リハビリテーション病院に転院しか2月前に退院した。退院時から週1回の訪問看護を受けている。現在の症状は、下肢のしびれ、知覚鈍麻、筋力低下、上下肢の痙性麻痺および膀胱直腸障害である。移動は車椅子で、食事はリハビリテーション用のフォークを使用して座位で摂取している。排泄は家族に見守られながら尿器とポータブルトイレとを使用し、自分で行っている。

117 ある日、Aさんに軽度の歯肉出血および歯肉の腫脹がみられるようになった。疼痛はない。訪問歯科診療を受け、口腔ケアを徹底するよう促された。リハビリテーション病院に入院していたときは、自助具を利用して口腔ケアの練習をしていた。退院後は妻が口腔ケアを介助していたが、最近は仕事の帰りが遅く、Aさんは妻を待てずに寝てしまうと言う。また、Aさんは育児で疲れている長女には頼めないと話す。
 看護師のAさんへの提案で最も適切なのはどれか。

1.日中の口腔ケアを徹底する。
2.長女に口腔ケアを依頼する。
3.就寝時刻を遅くするよう提案する。
4.妻が夜に実施できる時間帯を検討する。
5.Aさんが自立してできる方法を検討する。

解答5

解説

1~2.× 日中の口腔ケアを徹底する/長女に口腔ケアを依頼することは困難である。なぜなら、Aさんの家庭状況として「退院後は妻が口腔ケアを介助していたが、最近は仕事の帰りが遅く、Aさんは妻を待てずに寝てしまうと言う。また、Aさんは育児で疲れている長女には頼めないと話す。」と記載があるため。ちなみに、一般的には口腔ケアは毎食後および就寝前に行うことが理想である。
3~4.× 就寝時刻を遅くするよう提案する/妻が夜に実施できる時間帯を検討することは適切とはいえない。なぜなら、妻の介護負担やAさんの睡眠時間の双方に負担が増大してしまうため。
5.〇 正しい。Aさんが自立してできる方法を検討する。なぜなら、身の回りのことはできるだけ自分で行うことが望ましいため。また、入院中に自助具を利用して口腔ケアの練習をしていたことから、周囲の介護負担の軽減や、AさんのADL(日常生活活動)の維持・拡大のためにもつながる。Aさんと一緒に自立して行える方法を検討することの優先度が高いと考えられる。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aちゃん(4歳、男児)は、昨夜の土砂災害によって両親とともに小学校の体育館に避難している。母親は自分の両親の安否が不明なため眠ることができなかった。また、落ち着きがなく感情的になっている。父親はずっと毛布をかぶって横になっている。

118 昼間のAちゃんは体育館の中を走り回っている。また、指しゃぶりをしながら両親の姿を気にしているが、近づいて甘えようとはしない。
 Aちゃんの反応で正しいのはどれか。

1.自我同一性の拡散
2.急性ストレス障害
3.外傷後ストレス障害<PTSD>
4.注意欠陥多動性障害<ADHD>

解答2

解説

1.× 自我同一性の拡散とは、「自分とは何者なのか」という自我同一性が獲得できないことをいう。これは青年期の発達課題である。
2.〇 正しい。急性ストレス障害と考えられる。なぜなら、災害というトラウマを直接経験した直後に、走り回るという覚醒症状や指しゃぶりという回避症状、児に気持ちを向けられない両親への両価的な反応という陰性気分がみられているため。ちなみに、急性ストレス障害(ASD)とは、トラウマになる圧倒的な出来事(外傷的出来事)を経験して間もなく始まり、1カ月未満で消失する、日常生活に支障をきたす強く不快な反応のことである。
3.× 外傷後ストレス障害<PTSD>とは、「障害の持続が1か月以上」で日常生活にも支障を来たす場合のことをいう。現時点では診断はできない。
4.× 注意欠陥多動性障害<ADHD>とは、発達障害のひとつで、2~3歳頃から、年齢・発達に不釣り合いな不注意(集中困難)、多動性、衝動性がみられるものである。非被災時の情報がない状況でADHDの診断はできない。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aちゃん(4歳、男児)は、昨夜の土砂災害によって両親とともに小学校の体育館に避難している。母親は自分の両親の安否が不明なため眠ることができなかった。また、落ち着きがなく感情的になっている。父親はずっと毛布をかぶって横になっている。

119 Aちゃんの母親は自分の両親と連絡がとれた。避難所生活5日目、親子3人で過ごすことが多くなってきた。Aちゃんの活気がなくなってきている。
 地域の病院から派遣された看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.両親のAちゃんへの関わりを見守る。
2.Aちゃんと災害時のことを一緒に話す。
3.Aちゃんが他の子どもと遊べる機会をつくる。
4.災害時の様子を絵に描くようAちゃんに勧める。

解答3

解説

1.× 両親のAちゃんへの関わりを見守るのではなく、積極的に介入すべきである。なぜなら、Aちゃんの活気のなさは急性ストレス障害における陰性気分や解離症状、回避症状であると考えられるため。
2.× Aちゃんと災害時のことを一緒に話す必要はない。なぜなら、この時点ではまだトラウマについての記憶、思考、感情を回避している状態であるため。無理に思い出させると、外傷の原因となった体験が何度もよみがえる再体験(フラッシュバック)を起こす危険性がある。
3.〇 正しい。Aちゃんが他の子どもと遊べる機会をつくる。なぜなら、子どもは災害時の体験を、「遊び」を通して整理しようとする場合があるため。また、大人は避難生活や今後の生活に向けて慌ただしく過ごしているため、子どもに目が向かなくなる時間が多くなる傾向がある。そのため、看護師やボランティアが中心となり、子どもたちが遊べるような場をつくることが大切である。
4.× 災害時の様子を絵に描くようAちゃんに勧める必要はまだないと考えられる。なぜなら、災害時のことを想起させることは、心的外傷後ストレス障害につながることもあるため。トラウマの治療として絵を描かせる方法はあるが時期尚早である。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aちゃん(4歳、男児)は、昨夜の土砂災害によって両親とともに小学校の体育館に避難している。母親は自分の両親の安否が不明なため眠ることができなかった。また、落ち着きがなく感情的になっている。父親はずっと毛布をかぶって横になっている。

120 避難から3週後、Aちゃん家族は仮設住宅に移動が決定し、両親は忙しくしている。Aちゃんは1人で過ごすことが多く、絵本を持ってぼんやりとしていることが多い。母親からAちゃんの様子がいつもと違うと看護師に相談があった。
 母親への対応で最も適切なのはどれか。

1.引っ越しすることを説明するよう促す。
2.スキンシップの時間を増やすように促す。
3.すぐに専門医の外来を受診するよう促す。
4.子どもの反応は母親の関わりが原因だと話す。

解答2

解説

1.× 引っ越しすることを説明するよう促す優先度は低い。なぜなら、強いストレスを感じているAちゃんに対しては、不安や寂しさを解消することが優先されるため。また、まだ4歳のAちゃんに対し引っ越しの説明をしても、うまく理解できないと考えられる。本を読んであげるなど、Aちゃんに直接関わることをするべきである。
2.〇 正しい。スキンシップの時間を増やすように促す。Aちゃんは、遊んでほしいと思う気持ちをもつ一方、忙しくしている両親に子どもながらに気をつかっていると思われる。大人の側から語りかけ、子どもの感情が表出できるようにすることが最優先されるケアである。
3.× すぐに専門医の外来を受診するよう促す優先度は低い。なぜなら、自傷・他害や睡眠障害があるわけではなく、緊急性はないと思われるため。まずは、いつもと様子が違うと気づいたばかりであり、家族内の調整から行っていく。
4.× 子どもの反応は、母親の関わりが原因だと話す優先度は低い。なぜなら、両親も復興に向けてがんばっているため。災害時は、すべての人が危機的状態である。このような状況下で誰かに責任を押し付けるようなかかわりはしてはいけない。

 

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第102回保健師国家試験、第99回助産師国家試験、第105回看護師国家試験の問題および正答について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)