第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 認知症の中核症状はどれか。

1.幻聴
2.抑うつ
3.希死念慮
4.見当識障害

解答4

解説

  • 「中核症状」:記憶障害、失見当識などの基本的な症状。
  • 「周辺症状」:すべての症例に出現するわけではないが、残存する神経機能が外界への反応。

 

1~3.× 幻聴/抑うつ/希死念慮(死にたいという気持ち)は、周辺症状である。
4.〇 正しい。見当識障害(自分の周囲の状況の理解の障害)は、認知症の中核症状である。時(何日・何月・何年)、場所(病院・何階)、人(年齢・氏名)を尋ねて検査する。

 

 

 

 

 

17 ステロイド薬の副作用(有害事象)はどれか。

1.便秘
2.口内炎
3.低血圧
4.骨粗鬆症

解答4

解説

副腎皮質ステロイド薬は、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールと同様の働きをもつ。

 

1.× 便秘ではなく下痢になりやすい。ちなみに、便秘はモルヒネなどの麻薬性鎮痛薬などの代表的な副作用である。
2.× 口内炎にはなりにくい。なぜなら、副腎皮質ステロイド薬は免疫反応を抑制する作用が強いため。ちなみに、口内炎を引き起こす薬物としては、主に抗がん薬などが挙げられる。
3.× 低血圧ではなく高血圧になりやすい。ちなみに、低血圧を起こしやすい薬には、抗うつ薬・利尿薬などさまざまなものがある。
4.〇 正しい。骨粗鬆症は、副腎皮質ステロイド薬の代表的な副作用である。

 

 

 

 

 

18 骨盤底筋訓練が最も有効なのはどれか。

1.溢流性尿失禁
2.切迫性尿失禁
3.反射性尿失禁
4.腹圧性尿失禁

解答4

解説

1.× 溢流性尿失禁とは、神経因性膀胱や重症の前立腺肥大症で、尿の排出がうまくできず、残尿が貯留し溢れることにより起こる。尿道留置カテーテルを挿入し、その後は自己導尿などの残尿を減らす治療が有効である。
2.× 切迫性尿失禁とは、尿意を感じると我慢ができずに尿が漏れる尿失禁で、過活動膀胱や急性期の膀胱炎などで起こることが多い。過活動膀胱に対しては、抗コリン薬やβ受容体刺激薬を用い、膀胱炎炎などの感染に対しては抗生剤治療を行う。つまり、薬物療法を用いる。
3.× 反射性尿失禁とは、尿意がない状態にもかかわらず、脊髄反射により膀胱排尿筋が収縮して起こる尿失禁で、脊髄の排尿にかかわる神経が遮断されたとき(脊髄損傷後など)に起こることが多い。治療としては、自己導尿や排尿訓練などを行う。
4.〇 正しい。腹圧性尿失禁は、骨盤底筋訓練が最も有効である。腹圧性尿失禁とは、くしゃみや重いものを持ったときなど、腹圧の急激な上昇時に起こる尿失禁である。骨盤底筋群の脆弱性によることが多いため訓練が有効である。

 

 

 

 

 

19 口腔ケアで適切なのはどれか。

1.歯肉出血がある場合は実施しない。
2.含嗽ができない患者には禁忌である。
3.経口摂取の有無に関係なく実施する。
4.総義歯の場合は義歯を入れた状態で実施する。

解答3

解説

1.× 歯肉出血がある場合でも実施する。なぜなら、出血がある場合に口腔ケアを行わないとむしろ歯肉の炎症が悪化するため。歯肉出血の原因は、主に口腔衛生不良によるプラークの付着である。これにより歯肉に炎症が生じ、出血が起こりやすくなるメカニズムである。含嗽などで歯肉へ刺激を与えないよう工夫しながら口腔ケアを実施することが大事である。
2.× 含嗽ができない患者でも口腔ケアを行う。なぜなら感染予防や唾液の分泌を促進するため。スポンジブラシ・ガーゼなどで口腔粘膜の清拭を行い、粘膜を清潔に保つ必要がある。
3.〇 正しい。経口摂取の有無に関係なく実施する。なぜなら、経口摂取ができない場合でも、口腔内の細菌感染は生じるため。
4.× 総義歯の場合は、義歯を入れた状態ではなく、義歯は外して実施する。なぜなら、義歯を入れた状態だと、口腔粘膜の清掃ができなくなるため。また義歯を維持するクラスプという金属のバネの部分があると歯の清掃の障害になるため。

 

 

 

 

 

20 医療法施行規則に定められている療養病床に係る多床室の床面積は、患者1人につき[ ]m2以上である。
 [ ]に入るのはどれか。(※解答なし:採点対象外)

1.2.3
2.3.3
3.4.3
4.5.3

解答(※解答なし:採点対象外)
理由:選択肢に正解がないため

解説

療養病床は、長期にわたり療養を必要とする患者が入院する病床である。療養病床の床面積は、患者1人につき6.4m2以上である。一般病床も、既設の病床を除いて、療養病床と同じ病床面積が決められている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。