第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 C型慢性肝炎に使用するのはどれか。

1.ドパミン
2.インスリン
3.リドカイン
4.インターフェロン

解答4

解説

1.× ドパミンは、昇圧薬として使われるため、急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)の治療に用いられる。
2.× インスリンは、血糖降下薬として使われるため、糖尿病に対して用いられる。
3.× リドカインは、局所麻酔薬抗不整脈薬として使われる。
4.〇 正しい。インターフェロンは、抗ウイルス薬として使われるため、C型慢性肝炎に対して用いられる。

C型慢性肝炎とは?

肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気である。初期は無症状が多いが、放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進行しやすい。

 

 

 

 

 

17 カルシウム拮抗薬の服用時に避けた方がよい食品はどれか。

1.納豆
2.牛乳
3.わかめ
4.グレープフルーツ

解答4

解説

1.× 納豆は、ワーファリンの服薬時に避けた方が良い。なぜなら、ビタミンKを多く含むため。
2.× 牛乳は、抗菌薬の服薬時に避けた方が良い。なぜなら、抗菌薬の中には、牛乳に含まれるカルシウム成分と結合するため。
3.× わかめは、特に注意する必要はない。ただ、放射性ヨウ素を用いた甲状腺の検査前(甲状腺シンチグラフィーなど)は、1~2週間ヨード制限食としてわかめなどの海藻類の摂取が制限される。
4.〇 正しい。グレープフルーツは、カルシウム拮抗薬の服用時に避けた方がよい食品である。なぜなら、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンは、代謝酵素CYP3A4の働きを阻害するため。同じCYP3A4によって代謝されるカルシウム措抗薬の代謝も阻害する。これにより、カルシウム措抗薬の血中濃度が上昇しすぎてしまうため、服用時には避ける必要がある。

 

 

 

 

 

18 患者の洗髪の介助方法で適切なのはどれか。

1.脱脂綿で耳栓をする。
2.43〜44℃の湯をかける。
3.指の腹を使って洗う。
4.強い振動を加えて洗う。

解答3

解説

1.× 脱脂綿ではなく、油分を含む青梅綿で耳栓をする。なぜなら、吸水性がある脱脂綿では、耳に水が入ってしまい、患者に不快感を与えてしまうため。
2.× 43〜44℃ではなく、39~41度の湯をかける。なぜなら、冷たさや熱さを感じさせないようなお湯(リラックス効果の高い温度)で洗髪する必要があるため。
3.〇 正しい。指の腹を使って洗う。なぜなら、爪を立てて洗うと傷が付き、感染などの原因になる可能性があるため。頭皮を傷つけないよう、皮膚に刺激を与え、血液循環を促すために、指の腹でマッサージをするように洗う。
4.× 強い振動を加えて洗う必要はない。なぜなら、洗髪時に頭部を振動させてしまうと、気分不快の原因となるため。力は入れ過ぎず、患者に力加減を確認しながら行う。また、

 

 

 

 

 

19 全身清拭時、洗面器に準備する湯の温度で適切なのはどれか。

1.20〜25℃
2.30〜35℃
3.40〜45℃
4.50〜55℃

解答4

解説

 湯の温度は高すぎると熱傷の原因となり、低すぎると患者に冷感を与えてしまう。そのため、洗面器に準備する湯の温度は、看護師が手を入れ、ウォッシュクロスやタオルを絞ることができる温度であり、かつ、絞って患者の皮膚に当てたときに冷たさを感じさせない温度とする。したがって、選択肢4.50〜55℃が正しい。

 

 

 

 

 

20 スタンダードプリコーションの対象はどれか。

1.汗
2.爪
3.唾液
4.頭髪

解答3

解説

標準予防策(スタンダードプリコーション)とは?

スタンダード・プリコーションとは、感染症の疑いや診断の有無にかかわらず、すべての患者に共通して実施される感染対策で、汗を除くすべての湿性生体物質(血液・体液・分泌物・排泄物・損傷した皮膚・粘膜)を感染源と見なし、対処する予防策である。

1~2.4.× 汗/爪/頭髪は、スタンダードプリコーションの対象ではない。なぜなら、湿性生体物質ではないため。
3.〇 正しい。唾液は、スタンダードプリコーションの対象である。なぜなら、湿性生体物質であるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)