第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後41~45】

 

41 病棟での医薬品の管理で正しいのはどれか。(※解答なし)

1.生ワクチンは常温で保存する。
2.溶解した薬剤は冷凍保存する。
3.劇薬は施錠できる場所に保管する。
4.アンプルに残った麻薬注射液は廃棄する。

解答(※解答なし:採点対象から除外)
理由:選択肢に正解がないため。

解説

1.× 生ワクチンは常温ではなく、種類に応じて冷蔵または冷凍で保存する。
2.× 溶解した薬剤は、冷凍保存ではなく、それぞれ適切な保管方法があり、必ずしも冷凍保存するといえない。
3.× 施錠できる場所に保管するのは、劇薬ではなく、毒薬である。『医薬品医療機器等法』第48条において、劇薬や毒薬は他の物と区別して、貯蔵・陳列しなければならないとされている。施錠管理が義務とされているのは、毒薬のみである。
4.× アンプルに残った麻薬注射液は、廃棄してはならない。なぜなら、『麻薬及び向精神薬取締法』により、アンプルはすべて麻薬管理者に返却しなければならず、勝手に廃棄してはならないと規定されているため。

 

 

 

 

 

42 不安の強い入院患者に対し問題中心の対処を促す方法で適切なのはどれか。

1.読書をして気分転換を促す。
2.原因に気付くように支援する。
3.平常な気持ちを保つように助言する。
4.家族に不満を聞いてもらうことを勧める。

解答2

解説

問題中心の対処とは?

問題中心の対処とは、問題を明確化して、問題そのものを解決しようとすることを指し、「問題焦点型コーピング」と呼ばれる。一方、気晴らしなどで情動(ここでは不安)を軽減することは、「情動焦点型コーピング」と呼ばれる。

1.× 読書をして気分転換を促すのは、「情動焦点型コーピング」である。気分転換は、問題中心の対処を促す方法ではない。
2.〇 正しい。原因に気付くように支援することは、問題中心の対処といえる。なぜなら、不安の原因に気づくことは、問題を明確化することにつながるため。問題中心の対処の第一歩といえる。
3.× 平常な気持ちを保つように助言するのは、「情動焦点型コーピング」である。
4.× 家族に不満を聞いてもらうことを勧めるのは、「情動焦点型コーピング」である。

 

 

 

 

 

43 セルフケア行動を継続するための支援で適切なのはどれか。

1.看護師が患者の目標を設定する。
2.目標は達成が容易でない水準にする。
3.行動の習慣化が重要であることを伝える。
4.これまでの経験は忘れて新たな方法で取り組むよう促す。

解答3

解説

1.× 看護師ではなく、患者自身が患者の目標を設定する。なぜなら、セルフケアとは、自己管理を行うことが重要であるため。患者自身が目標を設定し、自己評価することが大切である。
2.× 目標は、達成が容易でない水準ではなく、実践しやすく達成しやすい水準にする。なぜなら、自己管理のための行動変容には、患者自身ができそうという自信や意欲といった自己効力感を高めることが重要であるため。
3.〇 正しい。行動の習慣化が重要であることを伝える。なぜなら、セルフケア行動の継続には、日常生活に定着することが重要なため。
4.× これまでの経験は忘れて、新たな方法で取り組むよう促すことはしない。反対に、セルフケア行動の支援として行う患者教育においては、これまでの経験を資源としていくことが望ましい。

 

 

 

 

 

44 Aさん(43歳、男性)は、胆道狭窄のため内視鏡的逆行性胆管膵管造影<ERCP>検査を受けた。検査後に心窩部痛が出現したため、禁食、抗菌薬および蛋白分解酵素阻害薬による治療が行われている。
 翌日実施した血液検査の項目でAさんに生じている合併症を判断できるのはどれか。

1.アミラーゼ
2.アルブミン
3.クレアチニン
4.クレアチンキナーゼ

解答1

解説

 検査後に起こりうる合併症には、急性膵炎、胆管炎、出血、穿孔などがあゲラれる。特に、本問では、検査後に出現した心窩部痛と、生じた合併症に対する禁食、抗菌薬と蛋白分解酵素阻害薬の使用から、急性膵炎が生じていることが考えられる。急性膵炎は膵臓の位置に一致する上腹部痛(心窩部痛)や左背部痛を主訴とし、血液検査では、選択肢1.アミラーゼやリパーゼなどの膵酵素が上昇する。したがって、選択肢1.アミラーゼが正しい。

2.× アルブミンは、肝臓で合成される蛋白質のひとつである。血清タンパクの約70%を占めるタンパク質で、栄養状態を判断できる。
3.× クレアチニン、は腎機能を表すものである。腎機能の指標となる。
4.× クレアチンキナーゼは、骨格筋や心筋が障害を受けた際に血液中へ流出する逸脱酵素である。急性心筋梗塞や狭心症、心筋炎などの循環器系の疾患で上昇する。

 

 

 

 

 

45 維持血液透析中の看護で適切なのはどれか。

1.シャント肢を抑制する。
2.室温を18℃に設定する。
3.筋肉のけいれんの出現に注意する。
4.患者が吐き気を感じたら座位にする。

解答3

解説

血液透析とは?

 血液透析は、シャント肢から十分な血流を保ちながら体外循環を行い、体液量や電解質濃度を是正するとともに尿毒素などの血液浄化を行う治療である。治療中、除水量が多いと循環動態に影響を及ぼしたり、血液中の電解質に急激な変化が生じたりすることがある。

1.× シャント肢は還俗として抑制しない。なぜなら、十分な血流を保つため。シャント肢が抑制され圧迫されると血流が滞り、シャント部分が詰まりやすくなるので注意が必要である。
2.× 室温を18℃に設定する必要はない。室温が18℃ではあまりにも低すぎる。適温(26℃前後)に保つことが望ましい。
3.〇 正しい。筋肉のけいれんの出現に注意する。なぜなら、除水量が多い場合や電解質濃度の急な変化が生じた場合に、筋肉のけいれんを生じるため。このほか、同様な病態で不整脈、全身倦怠感、低血圧などの合併症を生じることもある。また、血液透析中に脳圧が高くなることで不均衡症候群が起こることがある。不均衡症候群では、頭痛、吐気・嘔吐、筋肉のけいれん、全身の脱力感、意識障害などが起こる。
4.× 患者が吐き気を感じたら、座位ではなく背臥位(下肢挙上)にする。なぜなら、頭部や心臓への十分な循環血奨量を維持するため。透析中、除水量が多いと循環動態に影響を及ぼし急激に血圧が低下して吐き気を感じることが起こることがあるため観察する必要がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)