第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

 

46 Aさん(48歳、男性)は、直腸癌のため全身麻酔下で手術中、出血量が多く輸血が行われていたところ、41℃に体温が上昇し、頻脈となり、血圧が低下した。麻酔科医は下顎から頸部の筋肉の硬直を確認した。既往歴に特記すべきことはない。
 この状況の原因として考えられるのはどれか。

1.アナフィラキシー
2.悪性高熱症
3.菌血症
4.貧血

解答2

解説

1.× アナフィラキシーは考えにくい。なぜなら、アナフィラキシーでは高熱や筋硬直はみられないため。
2.〇 正しい。悪性高熱症が最も考えられる。悪性高熱症は全身麻酔の重篤な合併症で、特徴的な症状では筋硬直で頻脈、不整脈、代謝性アシドーシスなどが起こる。血圧が不安定となり、体温が上昇し40℃以上の高熱が特徴的である。
3.× 菌血症は考えにくい。なぜなら、菌血症になったとしても、下顎から頚部への筋肉の硬直は通常起こらないため。菌血症は血液中に細菌が存在している状態のことである。菌血症が感染症や敗血症を引き起こすことがあるが、この状況の原因とは考えにくい。
4.× 貧血は考えにくい。なぜなら、通常の貧血では発熱などは起こらないため。

悪性高熱症とは?

全身麻酔薬の使用中に発症し、急激な体温上昇や異常な高熱・頻脈・筋硬直・ミオグロビン尿などを特徴とする。遺伝性があるため、術前に家族歴や既往を聴取することが重要である。治療としては麻酔の中止、ダントロレン投与、全身冷却などを行う。

 

 

 

 

 

47 慢性副鼻腔炎についての説明で適切なのはどれか。

1.1週間の内服で症状が軽減すれば受診の必要はない。
2.発症後1週は空気感染の危険性がある。
3.眼窩内感染を起こす危険性がある。
4.透明の鼻汁が特徴的である。

解答3

解説

1.× 1週間の内服で症状が軽減しても、受診の必要がある。なぜなら慢性疾患であるため。保存療法の場合、マクロライド系抗菌薬の少量長期投与を行い、長期間の通院(3~6か月)が必要であるため。
2.× 発症後1週でも、空気感染の危険性はない。なぜなら、慢性副鼻腔炎と空気感染の関連はないため。発症のきっかけは細菌感染であり、病態は副鼻腔での炎症の広がりによるものである。
3.〇 正しい。眼窩内感染を起こす危険性がある。なぜなら、副鼻腔の炎症が篩骨洞や前頭洞からの波及により、近接する眼窩内へ広がり、眼窩内蜂窩織炎や眼窩内腫瘍などの眼窩内合併症を起こすことがあるため。
4.× 透明の鼻汁ではなく、持続性の粘膿性鼻汁(粘調度の高い黄緑色の鼻汁)が特徴的である。他の症状として、頭痛・鼻閉・嗅覚低下などの症状があり、不機嫌や注意力散漫となることが多い。

 

 

 

 

 

48 過活動膀胱の説明で正しいのはどれか。

1.尿意切迫感がある。
2.失禁することはない。
3.水分を制限して治療する。
4.50歳台の有病率が最も高い。

解答1

解説

過活動膀胱とは?

過活動膀胱では、膀胱の蓄尿期において尿意切迫感があり、頻尿や尿失禁をきたす(切迫性尿失禁)。明らかな神経学的異常に起因する神経因性過活動膀胱と、原因を特定できない非神経因性過活動膀胱に分けられる。有病率は高齢になるほど高くなる。

1.〇 正しい。尿意切迫感がある。過活動膀胱は、膀胱の蓄尿期における尿意切迫感が典型的な症状である。尿意切迫感とは、突然起こる我慢できないような強い尿意であり、通常の尿意との相違の説明が困難なものとされている。
2.× 失禁することがある。急に尿意をもよおすため、トイレまで我慢できずに失禁してしまうことがある。この状態を切迫性尿失禁という。
3.× 水分を制限はしない。なぜなら、膀胱の収縮がコントロールできないことにより起こる病態であるため。過活動膀胱では、膀胱訓練や骨盤底筋訓練など機能訓練を行い、薬物療法で治療を行う。
4.× 有病率が最も高いのは、50歳台ではなく、男性も女性も高齢になるほど高い。データとして、40~50歳代では10%以下、60歳代は10%、70歳代は20%、80歳代は35%程度との報告がある。

 

 

 

 

 

49 ハヴィガースト,R.J.による発達課題のうち、老年期の発達課題はどれか。

1.健康の衰退に適応する。
2.大人の余暇活動を充実する。
3.個人としての自立を達成する。
4.大人の社会的な責任を果たす。

解答1

解説

1.〇 正しい。健康の衰退に適応するのは、老年期の発達課題である。
2.× 大人の余暇活動を充実することは、中年期の発達課題である。
3.× 個人としての自立を達成することは、青年期の発達課題である.
4.× 大人の社会的な責任を果たすことは、青年期の発達課題である.

 

 

 

 

 

50 エイジズムを示す発言はどれか。

1.「介護を要する高齢者を社会で支えるべきだ」
2.「後期高齢者は車の運転免許証を返納するべきだ」
3.「認知症の患者の治療方針は医療従事者が決めるべきだ」
4.「高齢者が潜在的に持つ力を発揮できるような環境を整えるべきだ」

解答2

解説

エイジズムとは?

エイジズムとは、年齢による差別、特に高齢者に対する偏見や差別をいう。具体的には、年齢が高いというだけで高齢者を画一的集団としてとらえ、役に立たない、能力が低下しているなどの否定的な考えのもと、高齢者を差別することである。

1.× 介護を要する高齢者を社会で支えることは、エイジズムにあたらない。介護保険の理念として、老後の最大の不安要因である介護を社会全体で支える仕組みとすることである。
2.〇 正しい。年齢を理由に運転免許証を返納させることは、エイジズムにあたる。高齢者を、役に立たない無用なもの、あるいは能力の劣ったものといった否定的にとらえ差別することである。
3.× 「認知症の患者の治療方針は医療従事者が決めるべきだ」というのは、エイジズムにあたるとは言い難い。なぜなら、認知症という情報のみでは患者は若年層の可能性もあるため。また、治療方法については医師が提供するが、その方針は本人とその家族、または本人の身近にいる人と相談の上決定する。
4.× 高齢者が潜在的にもつ力を発揮できるような環境を整えることは、エイジズムにはあたらない。高齢看護は生活上のリスクを最小にし、残存機能を最大限に発揮できる環境を整える必要がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。