第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前51~55】

 

51 高齢者の栄養管理について栄養サポートチーム<NST>と連携するときに、病棟看護師が行う看護活動で最も適切なのはどれか。

1.同時期に他のサポートチームが介入しないようにする。
2.栄養管理が不十分な高齢者のケアについて助言を得る。
3.家族にも栄養サポートチーム<NST>の一員になるよう勧める。
4.経管栄養法を行っている高齢者数を減らす方法を一緒に考える。

解答2

解説

栄養サポートチーム<NST>とは?

栄養サポートチーム<NST>とは、医師・管理栄養士・看護師・薬剤師などの専門スタッフが連携し、患者の栄養状態を評価し、最良の栄養管理法を提案して、患者の回復や社会復帰などを促進するチームのことである。

 

1.× 同時期に他のサポートチームが介入することもある。なぜなら、栄養に問題がある高齢者は、摂食・嚥下障害や創傷治癒遅延、易感染などの問題を併せ持っていることが多いため。他のサポートチーム(褥瘡チーム・緩和ケアチームなど)と連携を図りながら問題を解決していく必要がある。
2.〇 正しい。栄養管理が不十分な高齢者のケアについて助言を得る。栄養管理が不十分な高齢者について、専門的立場から評価してもらい、栄養管理の視点から、ケアのあり方について助言を得ることは、栄養サポートチーム<NST>の役割を有効に活用した看護活動といえる。
3.× 家族にも栄養サポートチーム<NST>の一員になるよう勧める必要はない。なぜなら、栄養サポートチーム<NST>は、専門スタッフから構成されているチームであるため。家族は、栄養管理法の教育の対象に位置づけられている。
4.× 経管栄養法を行っている高齢者数を減らす方法を一緒に考える必要はない。栄養サポートチーム<NST>は、個々の患者の栄養状態を評価し、その人に最もふさわしい栄養管理法を提案することを目的とする。単に、経管栄養法中の高齢者数を減らすことが目的や役割ではない。

 

 

 

 

 

52 Aさん(102歳、女性)は、重度の廃用症候群のために5年前から発語が少なく体を動かすことができない。誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、終末期である。同居している家族は積極的な治療をしないことを希望し、自宅でAさんを看取ることを決めた。
 Aさんの家族への退院時の指導で最も適切なのはどれか。

1.「24時間付き添ってあげましょう」
2.「おむつの重さで尿量を測定しましょう」
3.「苦しそうになったら救急車を呼びましょう」
4.「Aさんが食べたければ食べさせてあげましょう」

解答4

解説

1.× 24時間付き添うことは、家族の負担となるため勧められない。在宅でかかわる医療・介護サポートシステムを活用し、家族の負担の軽減を図れるように説明する。
2.× おむつの重さで尿量を測定することも家族の負担となるため勧められない。また、本症例の場合、積極的な治療を行わないことを決めており,また家族の負担も考えると尿量測定を行う意義は薄いと考えられる。
3.× 苦しそうになっても救急車を呼ぶ必要は少ない。なぜなら、本症例の場合、積極的な治療を行わないことを決めているため。家族には終末期の変化について説明しておき、心がまえをしてもらうことが大切である。
4.〇 正しい。「Aさんが食べたければ食べさせてあげましょう」と伝える。そうすることで、Aさんの望みを実現するために一緒に考え、Aさんにとって最善であることをともに体験していく時間を過ごせるようにする。

 

 

 

 

 

53 Aちゃん(生後10か月、男児)は、先天性心疾患のため手術を受けた。Aちゃんの体重の変化を図に示す。
 手術後から現在までの体重の変化に対する評価で適切なのはどれか。

1.体重増加の不良
2.過度な体重増加
3.標準的な体重増加
4.キャッチアップ現象

解答4

解説

1.× 体重増加の不良はみられない。なぜなら、術前3パーセンタイル未満から、現在は50パーセンタイルまで体重増加しているため。
2.× 過度な体重増加はみられない。なぜなら、現在は50パーセンタイル(中央値)であるため。発育上問題のない範囲にある。
3.× 標準的な体重増加はみられない。なぜなら、術前3パーセンタイル未満からの体重増加であり、標準的ではないため。
4.〇 正しい。キャッチアップ現象である。キャッチアップ現象とは、何らかの疾患や栄養障害があっても、その状況が改善されることによって追いつく(キャッチアップ)ことである。先天性心疾患により体重増加不良(3パーセンタイル未満)だったAちゃんが、術後は中央値である50パーセンタイルまで体重増加していることから、キャッチアップ現象といえる。

 

 

 

 

 

54 小児の骨折の特徴で正しいのはどれか。

1.不全骨折しやすい。
2.圧迫骨折しやすい。
3.骨折部が変形しやすい。
4.骨癒合不全を起こしやすい。

解答1

解説

成長期にある小児は、骨形成(骨をつくること)が盛んに行われており、自己矯正能も高い。また、骨は成人と比較し未成熟だが、コラーゲン線維に富み、しなやかであるある特徴を持つ。

 

1.〇 正しい。不全骨折(若木骨折)しやすい。なぜなら、小児の骨はコラーゲン線維に富みしなやかであるため。不全骨折とは、骨が完全に断裂しておらず、部分的につながっている骨折である。
2.× 圧迫骨折しやすいのは老年期である。圧迫骨折は、脆くなった骨(骨粗霧症)に生じやすい。
3.× 逆である。骨折部が変形しにくい。なぜなら、小児は骨のリモデリング(骨形成と骨吸収の繰り返し)が盛んであり、変形に対する矯正能も高いため。
4.× 逆である。骨癒合不全を起こしにくい。なぜなら、小児は骨形成能が高いため。

 

 

 

 

 

55 就労している妊婦に適用される措置と根拠法令との組合せで正しいのはどれか。

1.時差出勤:母子保健法
2.産前産後の休業:児童福祉法
3.軽易業務への転換:母体保護法
4.危険有害業務の制限:労働基準法

解答4

解説

1.× 時差出勤は、母子保健法ではなく、『雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)』で定められている。
2.× 産前産後の休業は、児童福祉法ではなく、『労働基準法』で定められている。
3.× 軽易業務への転換は、母体保護法ではなく、『労働基準法』で定められている。
4.〇 正しい。危険有害業務の制限は、『労働基準法』で定められている。本条の就業制限は、妊産婦の請求の有無にかかわらず適用になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。