第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後51~55】

 

51 Aさん(75歳、女性)は、終末期のがんの夫を自宅で介護している。Aさんと夫は自宅での看取りを希望している。
 Aさんへのケアで最も適切なのはどれか。

1.臨死期に起こる身体徴候について説明しておく。
2.自宅で看取る意思が揺らぐことがないように支援する。
3.配偶者を亡くした家族の会への参加を生前から勧める。
4.夫が元気だったころの思い出を話題にしないように勧める。

解答1

解説

1.〇 正しい。臨死期に起こる身体徴候について説明しておく。なぜなら、臨死期(臨終が差し迫った時期)は、療養者の状態が刻一刻と変化するため。その際に家族があわてないように、あらかじめ出現するであろう身体徴候を、家族に十分に説明しておく必要がある。
2.× 自宅で看取る意思が揺らぐことがないように支援する必要はない。なぜなら、自宅で看取る覚悟を決めた家族であっても、療養者の症状の変化を目の当たりにすると不安や戸惑いによって葛藤を生じることが多いため。その揺らぐ気持ちに寄り添い、家族の話を傾聴し、受容・共感の態度でかかわることが重要である。
3.× 配偶者を亡くした家族の会への参加を生前から勧める必要はない。なぜなら、配偶者を亡くした家族の会への参加は、看取り後の家族の様子によっては参加を勧めることもあるため。
4.× 夫が元気だったころの思い出を話題にしないように勧めることはしない。なぜなら、元気だった頃の思い出を語り合うことで、家族の絆を確かめ合うことができるため。また、語り合うなどの感情を表出させる機会は、大切な人の死を受け入れ、乗りこえていく過程を支える一助になることが多い。

臨死期に起こる症状

臨死期とは、臨終が差し迫った時期である。

症状として、るい痩、ADL(日常生活活動)低下、食欲低下、水分摂取量減少、尿量減少、皮膚虚血、意識レベルの低下など、さまざまな症状がみられる。

 

 

 

 

 

52 乳児が1日に必要とする体重1kg当たりの水分量はどれか。

1.80mL
2.100mL
3.150mL
4.180mL

解答3

解説

 小児では、成人に比べ体重あたりの必要水分量が多い。その理由として2つ理由がある。①小児の成長には体重あたり多くのエネルギーと水分が必要であること。②細胞外液の割合が多く、また汗腺からの汗の分泌も多いために水分が失われやすいことなどが挙げられる。

 一方、成人ではー般に体重1.0kgあたり30~50mLが必要であり、小児では年齢や体重が小さいほど、体重1kgあたりの必要水分量は多くなる。乳児(生後1か月~1歳まで)は、離乳食が始まるまでは母乳またはミルクしか飲まない。

1.× (50~)80mLは、学童期(6~12歳)の1日必要水分量である。
2.× (80~)100mLは、幼児期(1~6歳)の1日必要水分量である。
3.〇 正しい。(100~)150mLは、乳児期(1か月~1歳)の1日必要水分量である。
4.× 180mLに、該当するライフサイクルはない。

 

しっかり覚えたい方はこちら↓

【看護師国家試験対策】計算式・公式を完璧に覚えよう。

 

 

 

 

 

53 日本の平成24年(2012年)における周産期死亡率(出産千対)について正しいのはどれか。

1.2.0
2.4.0
3.6.0
4.8.0

解答2

解説

周産期死亡とは、妊娠満22週以後の死産に生後1週未満の早期新生児死亡を加えたもので、周産期死亡率は出産千に対する率である。周産期死亡数は3.750で、出産千対の周産期死亡率は3.7である。※平成24年人口動態統計(厚生労働省)から引用。したがって、選択肢2.4.0が正しい。

ちなみに、

周産期死亡率 = 年間周産期死亡数 ÷(年間出生数 + 年間の妊娠満22週以降の死産数)× 100

で求められる。

 

 

 

 

 

54 性的対象とその性的指向の分類との組合せで正しいのはどれか。

1.同性:トランスセクシュアル
2.異性:ヘテロセクシュアル
3.両性:ホモセクシュアル
4.なし:バイセクシュアル

解答2

解説

セクシャリティとは?

セクシャリティとは、生物学的性別、社会文化的性別を統合した概念であり、性的存在としての人間の全人格、生き方、性行動、性にかかわる精神活動や人間関係も含む。

1.× トランスセクシュアルは、身体の性と心の性が異なる性同一性障害のことである。同性は、ホモセクシュアルである。
2.〇 正しい。ヘテロセクシュアルは、異性を性的対象とする。ちなみに、「ヘテロ」は「異なる」という意味である。
3.× モセクシュアルは、同性を性的対象とする。男性が男性に対して、女性が女性に対して性的指向をもっている。両性を性的対象の場合がバイセクシュアルである。
4.× バイセクシュアルは、男性、女性とも(両性)に性的対象にする両性愛者のことである。性的対象がないのはノンセクシュアルである。

 

 

 

 

 

55 更年期障害の女性にみられる特徴的な症状はどれか。

1.異常発汗
2.低血圧
3.妄想
4.便秘

解答1

解説

更年期障害とは?

更年期障害とは、更年期に出現する器質的な変化に起因しない多彩な症状によって、日常生活に支障をきたす病態と定義される。更年期症状は大きく、①自律神経失調症状、②精神神経症状、③その他に分けられるが、各症状は重複して生じることが多い。

1.〇 正しい。異常発汗は、更年期障害の女性にみられる特徴的な症状である。異常発汗は、自律神経失調症状の代表的なもので、ほかにのぼせ、顔のほてり、動悸、めまいなどが生じる.
2.× 低血圧ではなく、高血圧が起こる。なぜなら、エストロゲンの低下による脂質代謝の変化により、血液中コレステロール値が上昇し動脈硬化を生じるため。
3.× 精神神経症状としては妄想ではなく、情緒不安やイライラ、抑うつ、不安、不眠などが起こる。
4.× 便秘は特徴的な症状とはいえない。消化管症状としては、腰痛、食欲不振などや排尿障害、性交障害などがある。エストロゲン低下に伴うホルモンバランスの乱れから、消化器症状をきたすことがある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)