第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後56~60】

 

56 産後うつ病について正しいのはどれか。

1.一過性に涙もろくなる。
2.スクリーニング調査票がある。
3.日本における発症頻度は約40%である。
4.産後10日ころまでに発症することが多い。

解答2

解説

1.× 一過性に涙もろくなる。
2.〇 正しい。スクリーニング調査票がある。
3.× 日本における発症頻度は約40%である。
4.× 産後10日ころまでに発症することが多い。

 

 

 

 

 

57 こころのバリアフリー宣言の目的で正しいのはどれか。

1.身体障害者の人格の尊重
2.高齢者の社会的な孤立の予防
3.精神疾患に対する正しい理解の促進
4.精神科に入院している患者の行動制限の最小化

解答3

解説

1.× 身体障害者の人格の尊重
2.× 高齢者の社会的な孤立の予防
3.〇 正しい。精神疾患に対する正しい理解の促進
4.× 精神科に入院している患者の行動制限の最小化

 

 

 

 

 

58 向精神薬と副作用(有害事象)の組合せで正しいのはどれか。

1.抗精神病薬:多毛
2.抗認知症薬:依存性
3.抗てんかん薬:急性ジストニア
4.抗うつ薬:セロトニン症候群

解答4

解説

1.× 抗精神病薬:多毛
2.× 抗認知症薬:依存性
3.× 抗てんかん薬:急性ジストニア
4.〇 正しい。抗うつ薬:セロトニン症候群

 

 

 

 

 

59 Aさん(40歳、男性)は、5年前に勤めていた会社が倒産し再就職ができず、うつ病になった。その後、治療を受けて回復してきたため、一般企業への再就職を希望している。
 Aさんが就労を目指して利用できる社会資源はどれか。

1.就労移行支援
2.就労継続支援A型
3.就労継続支援B型
4.自立訓練<生活訓練>

解答1

解説

1.〇 正しい。就労移行支援
2.× 就労継続支援A型
3.× 就労継続支援B型
4.× 自立訓練<生活訓練>

 

 

 

 

 

60 精神保健指定医を指定するのはどれか。

1.保健所長
2.都道府県知事
3.厚生労働大臣
4.精神保健福祉センター長

解答3

解説

1.× 保健所長
2.× 都道府県知事
3.〇 正しい。厚生労働大臣
4.× 精神保健福祉センター長

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。