第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前6~10】

 

6 正期産の定義はどれか。

1.妊娠36週0日から40週6日
2.妊娠37週0日から41週6日
3.妊娠38週0日から42週6日
4.妊娠39週0日から43週6日

解答2

解説

正期産の定義は、選択肢2.妊娠37週0日から41週6日に当てはまる。

出産の定義
  • 早産:妊娠22週0日から36週6日の間の出産。
  • 正期産:妊娠37週0日から41週6日の間に出産。
  • 過期産:妊娠42週0日を越えてからの出産。
  • 過期産:妊娠42週0日を越えてからの出産。

 

 

 

 

 

7 日本の女性の平均閉経年齢に最も近いのはどれか。

1.40歳
2.45歳
3.50歳
4.55歳

解答3

解説

閉経とは、卵巣の活動性が次第に低下し(エストロゲン分泌低下)、ついには月経が永久に停止した状態である。なお、更年期は閉経の前後5年間を指す。日本人の平均閉経年齢は約50.5歳といわれている。よって、選択肢3.50歳が正しい。

 

 

 

 

 

8 日本の平成25年(2013年)における家族の世帯構造で最も少ないのはどれか。

1.単独世帯
2.三世代世帯
3.夫婦のみの世帯
4.夫婦と未婚の子のみの世帯

解答2

解説

1.× 単独世帯は、単独世帯は1,366万2千世帯で、その割合は27.1%である。
2.〇 正しい。三世代世帯は、346万4千世帯で、その割合は6.9%である。家族の世帯構造で最も少ない
3.× 夫婦のみの世帯は、1,174万8千世帯で、その割合は23.3%である。
4.× 夫婦と未婚の子のみの世帯は、1,454万6千世帯で、その割合は28.8%である。

平成26年国民生活基礎調査(厚生労働省)より引用。

 

 

 

 

 

9 保健所の設置主体で正しいのはどれか。

1.国
2.都道府県
3.社会福祉法人
4.独立行政法人

解答2

解説

保健所は、①都道府県、②指定都市、③中核市、④『地域保健法施行令』で定める市、⑤特別区が設置する。これら以外の主体は,保健所を設置することができない。よって、選択肢2.都道府県が正しい。ちなみに、設置主体とは、職員を配置し費用を拠出する主体をいう。

 

 

 

 

 

10 チーム医療で正しいのはどれか。

1.国家資格を持つ者で構成される。
2.リーダーとなる職種を固定する。
3.他施設との間で行うことはできない。
4.メンバー間で情報を共有して意思決定をする。

解答4

解説

1.× 国家資格を持つ者に限定されていない。医療の専門職以外(准看護師や介護士)、同じ疾患を持つピアサポーターやボランティア、患者本人やその家族もチームの一員としてとらえるケースもある。つまり、国家資格の有無は関係ない。
2.× リーダーとなる職種を固定する必要はない。チームリーダーは、それぞれの役割の内容に応じて、そのチームにおいて最も適切な専門職がリーダーシップをとるため、固定はしない。ただ主に医師を中心とする場合が多い。
3.× 他施設との間で、行うこと(連携をとること)が多い。なぜなら、各々の医療施設の機能に合わせて、医療機関相互の連携や役割分担を行うこと、より効率的な医療提供体制を確立することで切れ目のない医療を提供し、在宅における療養生活に円滑に移行することが法律で定められているため。
4.〇 正しい。メンバー間で情報を共有して意思決定をする。医療チームのメンバー間で、それぞれの専門的見地からの情報を共有し意思決定を行うことが大切である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。