第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後6~10】

 

6 学童期の正常な脈拍数はどれか。

1.50〜70/分
2.80〜100/分
3.110〜130/分
4.140〜160/分

解答2

解説

表:心拍数の正常値

新生児期乳児期幼児期学童期
120~140100~12090~11080~90

1.× 50〜70/分は、高齢期の正常な脈拍数である。
2.〇 正しい。80〜100/分は、学童期の正常な脈拍数である。ちなみに、他の学童期のバイタルサインの正常値は、体温36.7℃、呼吸数18~20回/分、血圧100~110/60~70mmHgである。
3.× 110〜130/分は、乳児期の正常な脈拍数である。
4.× 140〜160/分は、該当しない。

 

 

 

 

 

7 加齢に伴い老年期に上昇するのはどれか。

1.腎血流量
2.最大換気量
3.空腹時血糖
4.神経伝導速度

解答3

解説

1.× 腎血流量は低下する。なぜなら、加齢に伴う動脈硬化によって腎臓血管が細くなったり、血流が悪くなったりするため。
2.× 最大換気量は低下する。なぜなら、加齢に伴い、肺の萎縮や気道狭窄、胸郭運動の弾力性や呼吸筋力の低下によって吸気量・呼気量ともに低下するため。ちなみに、最大換気量は、ー定時間内にどれだけの量の空気を換気できるかを示す値である。
3.〇 正しい。空腹時血糖は上昇する。なぜなら加齢に伴い、膵臓のインスリン分泌機能の低下や、糖質代謝臓器である肝臓や筋肉の萎縮による糖取りこみ機能低下などが起こるため。
4.× 神経伝導速度は低下する。なぜなら加齢に伴い、血流減少による髄鞘の変性や、骨の形状変化による神経への圧力、末梢神経細胞の自己修復の遅延などが生じるため。それにより、神経伝達速度や感覚・反射機能が低下し、動作はゆっくりぎこちなくなっていく。

 

 

 

 

 

8 医療法には「診療所とは、患者を入院させるための施設を有しないもの又は[ ]人以下の患者を入院させるための施設を有するもの」と定められている。
 [ ]に入るのはどれか。

1.16
2.17
3.18
4.19

解答4

解説

用語の説明

「診療所」・・・医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であって、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものをいう。

「病院」・・・20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。

4.〇 正しい。19人である。診療所は、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものである。

 

 

 

 

 

9 介護支援専門員が行うのはどれか。

1.通所介護の提供
2.福祉用具の貸与
3.短期入所生活介護の提供
4.居宅サービス計画の立案

解答4

解説

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは?

介護支援専門員(ケアマネジャー)には、利用者が在宅で安心・安全な生活を送れるように介護保険サービスをマネジメントする役割がある。市町村・医療機関・各サービス提供事業所と連携し、要介護・要支援者とその家族を支援する。介護サービスを受けられるようにケアプランの作成や、市町村・サービス事業者・施設等との連絡調整を行う専門職である。

1.× 通所介護(デイサービス)は、通所介護サービス事業所(施設の介護福祉士や、理学療法士などの機能訓練指導員など)が提供する。ちなみに、通所リハビリテーションも同様である。これらを総じて「通所系サービス」という。
2.× 福祉用具の貸与は、居宅サービス計画を立案した介護支援専門員(ケアマネジャー)を通じて福祉用具貸与事業者から貸与される。直接的に、介護支援専門員(ケアマネジャー)が行うことはしない。介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用者や家族と相談し、利用できるサービスのなかでニーズに合ったものを決定する役割をしている。
3.× 短期入所生活介護(ショートステイ)は、居宅介護サービス事業所(施設の介護福祉士や、理学療法士などの機能訓練指導員など)が提供する。ちなみに、短期入所生活介護(ショートステイ)とは、施設に短期間入所して日常生活の世話やレクリエーション、リハビリテーションなどを受けられるサービスである。介護者の介護疲れを予防するために利用することも可能である。
4.〇 正しい。居宅サービス計画の立案(ケアプラン)は、介護支援専門員(ケアマネジャー)が行う。利用者が介護保険を使って介護サービスを利用する際には、居宅サービス計画(ケアプラン)の立案が必要であり、介護支援専門員は、①いつ、②どのようなサービスを、③誰から受けるのかを調整し、具体的な計画を立案する。

 

 

 

 

 

10 成人の膀胱の平均容量はどれか。

1.100mL
2.500mL
3.1,000mL
4.1,500mL

解答2

解説

1日の平均尿量は、1,500mL前後である。成人膀胱の容量は、およそ300~500mL前後である。個人差は大きいが、100ml(選択肢1)は少なすぎる。したがって、選択肢2.500mLが正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。