第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前66~70】

 

66 Aさん(75歳、男性)は、2型糖尿病で超速効型インスリンによる治療を行っている。
 災害に備えてAさんに指導する必要があるのはどれか。(※解2つ)

1.開封したインスリンは1年間使用できる。
2.使用しているインスリンの名称を正確に覚える。
3.消毒薬の入手が難しい場合は消毒せずに注射してもよい。
4.平常時と同じように非常時もインスリン注射は食前に行う。

解答2/3(複数の選択肢が正解)
理由:設問文が不明瞭で複数の選択肢が正解と考えられるため

解説

日本糖尿病教育・看護学会より発行されている「災害時の糖尿病看護マニュアル」を確認しておこう。

 

1.× 開封したインスリンは、1年間使用できるのではなく、種類にもよるが常温保存で約4~6週間で使用しなければならない。
2.〇 正しい。使用しているインスリンの名称を正確に覚える。災害時でも使用できるよう、普段使用しているインスリンの名称を正確に覚えていることが望ましいが、記憶は不正確なこともあるため、おくすり手帳などの客観的な情報も有用である。
3.〇 正しい。消毒薬の入手が難しい場合は、消毒せずに注射してもよい。なぜなら、インスリン注射は生命維持に必要な場合があるため。災害時など消毒薬の入手が難しい場合は消毒せずに注射してもよい。
4.× 平常時と同じように非常時もインスリン注射は食前に行う必要はない。なぜなら、非常時には食事量も不安定なことがあり、食事の直後にインスリン注射を行うこともあるため。

 

 

 

 

 

67 国際機関と事業内容の組合せで正しいのはどれか。

1.国連難民高等弁務官事務所<UNHCR>:有償資金協力
2.国連教育科学文化機関<UNESCO>:児童の健康改善
3.世界保健機関<WHO>:感染症対策
4.国際労働機関<ILO>:平和維持活動

解答3

解説

1.× 国連難民高等弁務官事務所<UNHCR>は、有償資金協力ではなく、難民問題の解決を目指した活動をしている。難民に国際的保護を与え、難民の基本的権利が守られるよう庇護することを目的に設立された機関である。難民に対する緊急援助や物的援助を行っている。ちなみに、有償資金協力は、政府開発援助(ODA)の二国間援助として、国際協力機構(JICA)によって実施されている。
2.× 国連教育科学文化機関<UNESCO>は、児童の健康改善ではなく、国際平和と人類の福祉の促進を目指した活動をしている。諸国民の教育・科学・文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国連の専門機関である。ちなみに、児童の健康改善を目的として活動する機関は、国連児童基金(UNICEF)である。
3.〇 正しい。世界保健機関<WHO>は、感染症対策が事業内容の1つである。人間の健康を基本的権利のひとつととらえ、その達成を目的として設立された国連の専門機関であり、感染症およびその他の疾病の撲滅事業の促進や、保健分野における研究の促進・指導などを行っている。
4.× 国際労働機関<ILO>は、平和維持活動ではなく、世界の労働者の労働条件と生活水準の改善を目的とする国連の専門機関である。ちなみに、世界各地における紛争の解決のために国連が行う活動を、国連平和維持活動(国連PKO)である。

 

 

 

 

 

68 頭部CTを下に示す。
 出血部位について正しいのはどれか。

1.皮下組織
2.硬膜外腔
3.くも膜下腔
4.脳実質内
5.脳室内

解答2

解説

1.× 皮下組織ではない。皮下組織への出血を皮下出血という。いわゆる「たんこぶ」のことである。皮下組織は頭蓋骨の外、つまり表皮や真皮の下の組織である。
2.〇 正しい。硬膜外腔である。硬膜外腔への出血を硬膜外血腫という。硬膜外腔は頭蓋骨と硬膜の間の空間であり、外傷により生じる硬膜外血腫は本問のような凸レンズ型の画像となる。

3.× くも膜下腔ではない。くも膜下腔への出血をくも膜下出血という。くも膜下腔はくも膜と軟膜の間の空間であり、ほとんどのくも膜下出血が動脈瘤の破裂により発生するため、頭蓋骨内側の脳表面にみられる。したがって、鞍上部周囲のくも膜下腔にヒトデ型(ダビデの星やペンタゴンともいわれる)の高吸収域を認める。
4.× 脳実質内ではない。脳実質内への出血を脳(内)出血という。高血圧により発生することが多い。
5.× 脳室内ではない。脳室内への出血を脳室内出血という。脳室は脳の中の脳脊髄液で満たされている部分であり、画像で黒く「く」の字形に写っている空間のことである。

 

 

 

 

 

69 動脈硬化を直視して評価できる血管はどれか。

1.冠動脈
2.眼底動脈
3.大腿動脈
4.腹部大動脈
5.中大脳動脈

解答2

解説

動脈硬化とは?

動脈硬化とは、動脈壁への代謝産物の病的沈着などにより、壁細胞の増殖や再構築などが生じ、動脈壁が弾力性・柔軟性を失う病態である。

1.× 冠動脈は直視できない。なぜなら、冠動脈は心臓を養う血管であるため。
2.〇 正しい。眼底動脈は、血管の状態を直接観察できる唯一の場所である。眼底動脈の状態から、動脈硬化の程度を知ることができる。また、眼底動脈の病変によって、全身糖尿病性変化などの評価が可能である。
3.× 大腿動脈は直視できない。なぜなら、大腿の深部を走行しているため。
4.× 腹部大動脈は直視できない。なぜなら、腹膜後臓器であるため。
5.× 中大脳動脈は直視できない。なぜなら、脳底にあるため。

 

 

 

 

 

70 接触性皮膚炎の原因となるアレルギー反応で正しいのはどれか。

1.Ⅰ型
2.Ⅱ型
3.Ⅲ型
4.Ⅳ型
5.Ⅴ型

解答4

解説

1.× Ⅰ型アレルギーは、アナフイラキシー型(即時型)とも呼ばれ、気管支瑞息・蕁麻疹・アレルギー性鼻炎などに関与しているアレルギー反応である。
2.× Ⅱ型アレルギーは、細胞傷害型(毒素型)とも呼ばれ、血液型不適合輸血による溶血などに関与しているアレルギー反応である。
3.× Ⅲ型アレルギーは、免疫複合型(血清病型)とも呼ばれ、全身性エリテマトーデス(SLE)、急性糸球体腎炎などに関与しているアレルギー反応である。
4.〇 正しい。Ⅳ型アレルギーは、接触性皮膚炎の原因となるアレルギー反応で正しい。T細胞依存型(遅延型)とも呼ばれ、接触皮膚炎などに関与しているアレルギー反応である。
5.× Ⅴ型アレルギーは、バセドウ病に代表される(Ⅱ型アレルギーの亜型:抗受容体抗体型)である。これも含めてアレルギー型を5つに分類する場合がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。