第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前71~75】

 

71 膀胱留置カテーテルの写真を下に示す。
 成人女性に膀胱留置カテーテルが挿入されている場合、体内に留置されている長さで最も適切なのはどれか。

1.①
2.②
3.③
4.④
5.⑤

解答3

解説

女性の尿道の長さは3~4cmであり、導尿を行う際はカテーテルを外尿道口から5~7cm挿入する。膀胱にカテーテルを留置する場合は、導尿のカテーテルの長さ(5~7cm) + 2~3cmの挿入が必要である。したがって、選択肢3.③(9cm)が正しい。

膀胱留置カテーテルの挿入方法

カテーテルを無菌的に挿入後、カテーテル内の尿の流出を確認したら、さらに2~3cmカテーテルを進めることで、確実に膀胱内に留置することができる。この長さ以上に挿入すると、膀胱内壁を損傷するおそれがあるため、禁忌である。

 

 

 

 

 

72 Aさん(60歳、男性)は、胃癌の手術目的で入院した。大動脈弁置換術を受けた既往があり、内服していたワルファリンをヘパリンに変更することになった。
 確認すべきAさんの検査データはどれか。

1.PT-INR
2.赤血球数
3.白血球数
4.出血時間
5.ヘモグロビン値

解答1

解説

1.〇 正しい。PT-INRを確認すべきである。なぜなら、PT-INRは、PT(プロトロンビン時間)の成績表記のひとつで、血液凝固系の検査で、出血傾向のスクリーニング検査、血液凝固障害の検査、ワルファリン治療時のコントロールの指標として使われるため。
2.× 赤血球数は、確認すべき検査データではない。貧血の指標として用いられる。
3.× 白血球数は、確認すべき検査データではない。炎症・その他の指標として用いられる。
4.× 出血時間は、確認すべき検査データではない。出血時間は、血小板数や血小板機能を反映している。
5.× ヘモグロビン値は、確認すべき検査データではない。貧血の指標として用いられる.

 

 

 

 

 

73 膀胱癌のため尿路ストーマを造設する予定の患者への説明で適切なのはどれか。

1.「尿道の一部を体外に出して排泄口を造ります」
2.「尿意を感じたらトイレで尿を捨てます」
3.「ストーマの装具は毎日貼り替えます」
4.「ストーマに装具を付けて入浴します」
5.「水分の摂りすぎに注意が必要です」

解答4

解説

膀胱全摘除術などでは尿路変向術を行う。尿路変向術におけるストーマには、①尿失禁型ストーマと、②尿禁制型ストーマがある。尿失禁型ストーマの代表的な術式としては、回腸導管、尿管皮膚痩などがある。尿禁制型ストーマでは、腸管で蓄尿可能なパウチを作成し、自己導尿で尿の排泄を行う。

 

1.× 尿路ストーマでは尿道の一部ではなく、尿管の一部を体外に出して排泄口を造る。
2.× 尿路ストーマでは尿意を感じたらトイレで尿を捨てるのではなく、排泄物を受け止める袋に排泄物が貯まったつどトイレに尿を捨てる。また、ストーマは膀胱の神経支配とは断絶されるため、尿意を感じることはない。
3.× ストーマの装具は毎日貼り替える必要はない。一般的に、ストーマ装具の交換時期は、季節や皮膚の状態などによって異なるが、通常は2~5日の間隔で交換を行う。
4.〇 正しい。ストーマに装具を付けて入浴する。入浴する際は、袋に貯まった尿を捨ててから装具を装着したまま入浴する。装具には耐水効果があるため湯船につかっても漏れない。また、皮膚の清潔を保ち、血液循環や新陳代謝を促す観点から入浴は推奨される。
5.× 水分の制限や摂りすぎに対する注意は特に必要ない。むしろ、尿路変向術を行った場合には、逆行性尿路感染のリスクが上がるため、水分摂取を促し、尿量の減少を防ぐように指導する。

 

 

 

 

 

74 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)で正しいのはどれか。

1.光熱費は自己負担である。
2.12人を1つのユニットとしている。
3.看護師の配置が義務付けられている。
4.介護保険制度の施設サービスである。
5.臨死期は提携している病院に入院する。

解答1

解説

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)とは?

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)とは、認知症である者について、共同生活を営むべき住居において、入浴・排泄・食事などの介護、その他日常生活上の世話および機能訓練を行うことをいう。

1.〇 正しい。光熱費は自己負担である。なぜなら、グループホームは共同生活の場であるため。ちなみに、介護保険では食費・居住費なども原則として自己負担である。
2.× 12人ではなく、5~9人を1つのユニットとしている。
3.× 看護師の配置は、義務付けられていない。職員は、管理者(1人)、計画作成担当者(コーニットごとに1人)、介護職員(利用者3人に1人の割合、夜間は1人以上)である。
4.× 介護保険制度の施設サービスではなく、地域密着型サービスである。
5.× 臨死期でも、提携している病院に入院する規定はない。看取り加算が設定されており、看取りも可能である。病院との提携はグループホームの要件ではなく、提携していないこともある。

 

 

 

 

 

75 Aちゃん(3歳、女児)は、病室で朝食を食べていた。そこに、医師が訪室して採血を行いたいと話したところ、Aちゃんは何も答えず下を向いて泣き始めた。その様子を見ていた看護師は、Aちゃんは朝食を中断して採血されるのは嫌だと思っているようなので、朝食後に採血して欲しいと医師に話した。
 この看護師の対応の根拠となる概念はどれか。

1.アセント
2.コンセント
3.アドボカシー
4.ノーマライゼーション
5.ノンコンプライアンス

解答3

解説

1.× アセント(インフォームド・アセント)とは、患児(患者)が入院や治療について理解できるよう発達段階に応じてわかりやすく説明し、その内容について患児(患者)が納得すること、同意を得ることをという。
2.× コンセント(インフォームド・コンセント)とは、対象者が医療従事者から十分な情報の提供と選択肢についての適切な説明を受けた後、示された選択肢のなかから医療行為を選択し、決定することをという。
3.〇 正しい。アドボカシーとは、患者や家族が自身の権利や利益を守るための自己決定ができるように、看護師は、患者や家族を保護し、情報を伝え、支えることでエンパワーメント(患者・家族を強引に説得したりするのではなく、自己決定できるように働きかけること)すること、さらに医療従事者との仲裁を行い、医療者間の調整をすることであると定義づけられている。看護師は、患者の権利を擁護する役割を担う。
4.× ノーマライゼーションとは、何らかの障害がある人々を特別視するのではなく、一般社会において普通の生活が送れるような条件を整え、すべての人が共に生活できる社会・環境をつくることを目的とするものである。
5.× ノンコンプライアンスとは、医師の指示に患者が従わないことを指す。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。