第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前81~85】

 

81 立ち直り反射に関与するのはどれか。2つ選べ。

1.視細胞
2.コルチ器
3.圧受容器
4.化学受容器
5.頸筋の筋紡錘

解答1/5

解説

立ち直り反射(姿勢反射)とは?

立ち直り反射(姿勢反射)は、姿勢を正しく保持するときに働く機能系であり、体位をモニターする器官(視覚性、頸筋性、迷路性、体性)が働く。

1.〇 正しい。視細胞は、立ち直り反射に関与する。立ち直り反射は直立姿勢を維持するのに重要な反射で、視覚性の立ち直り反射がある。
2.× コルチ器は、内耳にあり聴覚に携わる器官である。音により内耳内のリンパ液が振動し、その振動を有毛細胞が感知し内耳神経を興奮させる。
3.× 圧受容器は、動脈における血圧を感知する器官である。頚動脈洞や大動脈弓に存在し、変化に応じて血圧を調整する。
4.× 化学受容器は、呼吸状態をモニターする器官である。末梢性(大動脈小体、頚動脈小体)と中枢性(延髄)の化学受容器がある。
5.〇 正しい。頸筋の筋紡錘は、立ち直り反射に関与する。頚筋の筋紡錘や体部の皮膚刺激は、頭部や体幹部の姿勢保持のときに働く。

 

 

 

 

 

82 ヒト免疫不全ウイルス<HIV>の感染経路で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.感染者の嘔吐物との接触
2.感染者の咳による曝露
3.感染者の糞便との接触
4.感染者からの輸血
5.感染者との性行為

解答4/5

解説

HIVの感染経路は、大きく分けて①性行為感染②血液媒介感染③母子感染の3つである。

 

1~3.× 感染者の嘔吐物との接触/感染者の咳による曝露/感染者の糞便との接触は、ヒト免疫不全ウイルス<HIV>の感染経路ではない。4.〇 正しい。感染者からの輸血は、ヒト免疫不全ウイルス<HIV>の感染経路で正しい、②血液媒介感染である。
5.〇 正しい。感染者との性行為は、ヒト免疫不全ウイルス<HIV>の感染経路で正しい。①性行為感染である。

 

 

 

 

 

83 慢性腎不全によって起こるのはどれか。2つ選べ。

1.低血圧
2.低リン血症
3.低カリウム血症
4.低カルシウム血症
5.代謝性アシドーシス

解答4/5

解説

1.× 低血圧ではなく血圧は上昇しやすい。なぜなら、腎機能低下により水分と塩分の貯留が生じるため。
2.× 低リン血症ではなく高リン血症を生じやすい。なぜなら、腎機能の低下に伴い、腎臓からのリン排泄能が低下するため。
3.× 低カリウム血症ではなく高カリウム血症を生じやすい。なぜなら、慢性腎不全になると電解質のバランスが崩れ、特にカリウム排泄能力が低下するため。
4.〇 正しい。低カルシウム血症を生じやすい。腎機能が低下することで高リン血症となる。高リン血症は血液中のカルシウム濃度を低下させるため低カルシウム血症となる。
5.〇 正しい。代謝性アシドーシスを生じやすい。なぜなら、腎機能の低下に伴い、体内から尿中への不揮発性酸の排泄(尿酸性化能)が低下して貯留をきたすため。

腎機能低下によって起きる病態

腎機能低下によって起きる病態として、

①老廃物(クレアチニン・アンモニアなど)の濾過能低下。
②体液の貯留(浮腫)
③ナトリウム・カリウム・カルシウム・リンなどの電解質バランスの調節障害。
④尿中への酸排泄能低下や尿毒症物質の蓄積に伴う酸塩基平衡の異常。
⑤ビタミンD3活性化の低下
⑥エリスロポエチン産生能の低下

などが挙げられる。

 

 

 

 

 

84 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に定められているのはどれか。2つ選べ。

1.離婚調停の支援
2.成年後見制度の利用
3.保健所による自立支援
4.婦人相談員による相談
5.裁判所による接近禁止命令

解答4/5

解説

1.× 離婚調停の支援については規定されていない
2.× 成年後見制度の利用については規定されていない。成年後見制度とは、判断能力が不十分な人を法律面や生活面で支援するものである。
3.× 保健所による自立支援については規定されていない。自立支援を行うのは、保健所ではなく配偶者暴力相談支援センターである。
4.〇 正しい。婦人相談員による相談は、配偶者暴力相談支援センターで規定している。婦人相談員は、被害者の相談に応じ、必要な指導を行うことができるとされている。
5.〇 正しい。裁判所による接近禁止命令は、保護命令として接近禁止命令が規定されている。裁判所による接近禁止命令は、配偶者からの暴力で重大な被害を受けるおそれが大きいとき、被害者からの申立てにより出される。

 

 

 

 

 

85 パルスオキシメータによる経皮的動脈血酸素飽和度< SpO2>の測定に適した部位はどれか。2つ選べ。

1.背部
2.上腕
3.指先
4.耳たぶ
5.大腿部

解答3/4

解説

パルスオキシメータは動脈血中の酸化ヘモグロビン(酸素と結合しているヘモグロビン)と還元ヘモグロビン(酸素と結合していないヘモグロビン)の光の透過性の違いを利用している。装着部位は、指先耳たぶのほかに手の甲鼻筋などがある。したがって、選択肢3~4.指先/耳たぶが正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。