第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後81~85】

 

81 食事摂取基準に耐容上限量が示されているビタミンはどれか。2つ選べ。

1.ビタミンA
2.ビタミンB1
3.ビタミンB2
4.ビタミンC
5.ビタミンD

解答1/5

解説

耐用上限量とは?

耐用上限量とは、過剰摂取による「健康障害をもたらすリスクがない」とみなされる摂取量の最大限度量である。脂溶性ビタミンは、尿中に排池されず体内に蓄積されるため、過剰に摂取すると組織(特に肝臓など)に影響を与え過剰症が生じやすい。

1.〇 正しい。ビタミンAは、食事摂取基準に耐容上限量が示されている。なぜなら、ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、体内に蓄積されるため。過剰摂取により脳圧亢進や消化器症状などの症状(頭痛、筋肉痛など)を引き起こす。また、催奇性(さいきせい:ある物質が生物の発生段階において奇形を生じさせる性質や作用のこと)があることが確認されており、妊婦や、妊娠を希望する女性では、摂取量に特に注意が必要である。ちなみに、成人で2700μgRAE/日が耐容上限量である。
2~4.× ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンCは、食事摂取基準に耐容上限量が示されていない。なぜなら、水溶性ビタミンであるため。過剰摂取した場合は尿中に排泄される。
5.〇 正しい。ビタミンDは、食事摂取基準に耐容上限量が示されている。なぜなら、ビタミンDは脂溶性ビタミンであり、体内に蓄積されるため。過剰摂取により高カルシウム血症、腎不全などさまざまな症状を引き起こす。ちなみに、成人の耐用上限量が100㎍/日と設定されている。

 

 

 

 

 

82 水腎症の原因で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.前立腺癌
2.陰囊水腫
3.ループス腎炎
4.神経因性膀胱
5.腎アミロイドーシス

解答1/4

解説

水腎症とは?

水腎症は、尿の体外への排泄が何らかの病態で妨げられた際に、排泄障害を起こした部位から腎臓までの間に尿が貯留し内圧が上昇、腎孟や尿管の拡張を生じる疾患である。

1.〇 正しい。前立腺癌は、水腎症の原因となる。前立腺は尿道を覆うように局在しており、前立腺癌や前立腺肥大症などで肥大すると、尿路を狭窄して尿排泄を妨げる可能性がある。
2.× 陰囊水腫は、腎臓から尿を排泄するまでの尿路に関与しない。ちなみに、陰嚢水腫は、精巣の周囲に液体が貯留して陰嚢が膨らんだ状態である。
3.× ループス腎炎は、腎臓から尿を排泄するまでの尿路に関与しない。なぜなら、ループス腎炎は、腎臓内の実質に生じる疾患であるため。ループス腎炎は全身性エリテマトーデス(SLE)にみられる腎疾患で、進行すると腎不全に至る。尿量の低下があっても腎機能の低下によるもので、水腎症の原因とはならない。
4.〇 正しい。神経因性膀胱は、水腎症の原因となる。なぜなら、神経因性膀胱は、排尿をつかさどる神経がうまく働かなくなるため。膀胱の収縮能が低下して尿排泄が妨げられる。
5.× 腎アミロイドーシスは、腎臓から尿を排泄するまでの尿路に関与しない。なぜなら、腎アミロイドーシスは、腎臓内にアミロイド沈着を生じるため。蛋白尿やネフローゼ症候群の原因となり、進行すると慢性腎不全となることもある。

 

 

 

 

 

83 児童相談所の業務はどれか。2つ選べ。

1.児童の一時保護
2.自立支援給付の決定
3.不登校に関する相談
4.身体障害者手帳の交付
5.放課後児童健全育成事業の実施

解答1/3

解説

1.〇 正しい。児童の一時保護は、児童相談所の基本的機能である。「児童福祉法」より、児童相談所長は、児童を一時保護し又は適当な者に委託して一時保護を加えさせることができると規定されている。
2.× 自立支援給付の決定は、市町村等の業務である。「障害者総合支援法」より規定されている。
3.〇 正しい。不登校に関する相談は、児童相談所の業務である。児童相談所が受け付ける相談は、①養護相談や②保健相談、③障害相談、④非行相談、⑤不登校などの育成相談がある。「児童福祉法」により規定されている。
4.× 身体障害者手帳の交付は、都道府県知事が行う。ちなみに、申請は福祉事務所経由で都道府県知事に行うことになっている。「身体障害者福祉法」により規定されている。
5.× 放課後児童健全育成事業の実施は、市町村や社会福祉法人などが行う。「児童福祉法」により規定されている。保護者が労働などにより昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対して、適切な遊びや生活の場を与えて健全な育成を図る。

 

 

 

 

 

84 前腕の内側中央部に創部がある患者で、創部のガーゼがずれないよう固定をする必要がある。
 伸縮性のある巻軸包帯を使う場合に適切なのはどれか。2つ選べ。

1.創の部位から巻き始める。
2.包帯を伸ばした状態で巻く。
3.前腕部の巻き方は螺旋帯とする。
4.手関節から肘関節まで巻く。
5.巻き終わりは環行帯とする。

解答3/5

解説

1.× 巻き始めるのは、創の部位からではなく、固定しやすい部分から行う。ちなみに、巻き終わりの際は結び目などが患部の上にならないような注意する。
2.× 包帯を伸ばした状態では巻かない。なぜなら、包帯を伸ばした状態で巻くと緩みやすく固定ができないため。また、伸縮性包帯を必要以上に伸ばして巻くと、血行障害を招くおそれがあり危険であるため注意する。
3.〇 正しい。前腕部の巻き方は螺旋帯とする。螺旋帯とは、先に巻いた包帯に2分の1から3分の1重なるように、螺旋状に巻く巻き方のことである。末梢から中枢に向けて巻き、創部のガーゼがずれにくい特徴を持つ。
4.× 手関節から肘関節まで巻く必要はない。なぜなら、前腕の中央部に創部がある患者であるため、前腕の中央部のみでよい。必要以上の範囲を巻くことは、血行障害や運動障害を招くこともある。
5.〇 正しい。巻き終わりは環行帯とする。環行帯は、同じ位置に重ねて、軸に対し横方向に巻く巻き方のことである。ごく一部の例外を除き、巻き始めと巻き終わりはこの巻き方を用いる。

 

 

 

 

 

85 壮年期の特徴はどれか。2つ選べ。

1.骨密度の増加
2.味覚の感度の向上
3.総合的判断力の向上
4.早朝覚醒による睡眠障害
5.水晶体の弾力性の低下による視機能の低下

解答3/5

解説

壮年期とは?

 壮年期とは、30歳代から60歳代くらいまでを指す。社会的役割が増大し、心理的に最も充実するが、種々の身体機能は徐々に低下し始める時期である。

1.× 骨密度は、増加ではなく低下する。特に女性は、閉経以後エストロゲンの減少により骨密度の低下が著明になる。
2.× 味覚の感度は、向上ではなく低下する。なぜなら、加齢とともに味蕾が減少するため。
3.〇 正しい。総合的判断力の向上は、壮年期の特徴である。壮年期から老年期に至るまでは、これまでの経験の積み重ねとして得られる総合的判断力は向上する。
4.× 早朝覚醒による睡眠障害は、壮年期ではなく老年期以降の高齢者の特徴である。老年期以降は、入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒などによる睡眠障害が起こりやすい。
5.〇 正しい。水晶体の弾力性の低下による視機能の低下は、壮年期の特徴である。水晶体の弾力性の低下は40代ぐらいから始まる。これを老視という。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)