第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午前86~90】

 

86 Aさん(60歳、男性)は、転倒して第頸椎レベルの脊髄を損傷した。肩を上げることはできるが、上肢はわずかに指先を動かせる程度である。呼吸数22/分、脈拍86/分、血圧100/70mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)97%であった。Aさんは「息がしづらい」と言っている。
 Aさんの状態で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.低酸素血症がある。
2.胸郭運動がみられる。
3.無気肺を起こしやすい。
4.腹式呼吸を行っている。
5.閉塞性換気障害を起こしている。

解答3/4

解説

脊髄損傷では、損傷した脊髄レベルによって生じる麻痺の範囲が異なる。本症例では、肩の拳上が可能であるため、第4頚髄節以上は残存し第5頚髄節以下の麻痺を生じていると考えられる。

 

1.× 低酸素血症とはいえない。なぜなら、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は97%であるため。
2.× 胸郭運動はみられない。なぜなら、本症例は第5頚髄節以下の麻痺を生じていると考えられ、肋間神経(T1~T11支配)はすべて麻痺しているため。
3.〇 正しい。無気肺を起こしやすい。なぜなら、肋間筋が機能せず喀痰が困難となるため。
4.〇 正しい。腹式呼吸を行っている。なぜなら、本症例は第4頚髄節以上は残存しているため。腹式呼吸にかかわる横隔膜を支配する横隔神経は、第3~4頚髄から出ているため腹式呼吸が可能である。
5.× 閉塞性換気障害ではなく拘束換気障害(肺が膨らまない)を起こしている可能性が高い。ただ、気道粘膜からの分泌過多や喀痰排出困難により気道の狭窄を生じれば、二次的に閉塞性換気障害を引き起こす危険性もある。

 

 

 

 

 

87 Aさん(35歳、女性、会社員)は、動悸、手指の震え及び体重減少があり、受診したところ、頻脈と眼球突出とを指摘され抗甲状腺薬の内服を開始した。Aさんは看護師に「仕事のストレスは寝る前にビールを飲むことで解消するようにしているが、ちょっとしたことでイライラして眠れない」と話した。
 Aさんへの説明で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「仕事を休みましょう」
2.「禁酒する必要があります」
3.「積極的に運動しましょう」
4.「発熱したときは受診してください」
5.「病気が原因でイライラしやすくなります」

解答4/5

解説

Aさんは、甲状腺機能の亢進による甲状腺ホルモンの増加のため、甲状腺中毒症状を起こしている(甲状腺機能亢進症)。
また、内服している抗甲状腺薬は、重篤な副作用を引き起こすことがあるため注意が必要である。

 

1.× 仕事を休む必要はない。なぜなら、本症例は病気が原因でイライラしやすい状態にあるため。必ずしも、仕事を休むことで解決にはならない可能性が高い。
2.× 禁酒する必要はない。なぜなら、飲酒は絶対的な禁忌とはいえないため。ただし、睡眠を目的とした飲酒であれば勧められないことが多い。
3.× 積極的な運動は禁忌である。なぜなら、過剰な運動が甲状腺中毒症状を悪化させる可能性があるため。甲状腺機能が亢進しており全身の代謝も亢進しているため禁忌である。
4.〇 正しい。発熱したときは受診を勧める。なぜなら、抗甲状腺薬の重篤な副作用に無顆粒球症があり、頻度は低いが敗血症をきたす危険性があるため。早期に治療が必要である。無顆粒球症の初発症状として発熱があり、抗甲状腺薬の開始後初期に発熱した場合は受診する必要がある。
5.〇 正しい。病気が原因でイライラしやすくなることを説明する。なぜなら、甲状腺機能が亢進するとイライラして怒りっぽくなるため。その他にも、甲状腺中毒症状には、易刺激性・不眠・多動などの精神症状がある。

 

 

 

 

 

88 Aさん(42歳、女性)は、2週前から腰痛と坐骨神経痛とを発症し整形外科で処方された鎮痛薬を内服している。帯下が増えて臭いもあるため婦人科を受診し、子宮頸癌と診断された。
 進行期を決めるためにAさんに行われる検査で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.ヒトパピローマウイルス検査
2.小腸内視鏡検査
3.腎盂尿管造影
4.脊髄造影
5.CT

解答3/5

解説

子宮頚癌とは、初期では無症状だが、進行するにつれて帯下の増加や悪臭のある帯下、周囲臓器の浸潤による疼痛などの症状が表れる。Aさんには2週前から腰痛や坐骨神経痛といった症状が表れており、癌の転移が疑われる。

 

 

1.× ヒトパピローマウイルス検査は、子宮頸癌の進行期を決める検査である。Aさんはすでに子宮頚癌と診断されているため、不適切である。
2.× 小腸内視鏡検査は、小腸にある病変を見つけるため検査である。子宮頚癌は、進行すると小腸ではなく直腸に浸潤するため、不適切である。
3.〇 正しい。腎盂尿管造影は、進行期を決めるためにAさんに行われる検査で適切である。なぜなら、子宮頸癌において、腎盂尿管造影法による尿管の圧迫・閉塞による水腎症の有無の判定は、進行期を決定する上で必須の項目であるため。水腎症が認められれば進行期はⅢb期となる。
4.× 脊髄造影は、脊柱管内の神経組織の圧迫や狭窄の位置、その程度を評価する検査(椎間板ヘルニアなどに行われる検査)である。本症例の腰痛は、癌の転移の可能性が高いため不適切である。
5.〇 正しい。CT検査は、進行期を決めるためにAさんに行われる検査で適切である。CT検査により、子宮頚癌が肺や肝臓などへ遠隔転移しているかが判断できる。

 

 

 

 

 

89 児の免疫に関する説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.胎児期は胎盤を通じて母体からIgGを受け取る。
2.出生後は母乳からIgMを受け取る。
3.生後3か月ころに免疫グロブリンが最も少なくなる。
4.1歳ころから抗体の産生が盛んになる。
5.3歳ころにIgAが成人と同じレベルに達する。

解答1/3

解説

1.〇 正しい。胎児期は、胎盤を通じて母体からIgGを受け取る。IgGは、胎盤を通過する唯一の免疫グロブリンであり、胎児は母胎で常に母体由来のIgGに守られている。
2.× 出生後は母乳から、IgMではなくIgAを受け取る。IgAは、消化管や気道の局所免疫として働く免疫グロブリンであり、母乳のなかでも特に初乳に多く含まれる。ちなみに、IgMは感染の初期に発現し、生体防御の初段階を担うのはこのIgMに属するいずれかの抗体で、それらは症状が進むと再び発現するようになる。
3.〇 正しい。生後3か月ころに免疫グロブリンが最も少なくなる。出生時に十分な母体由来のIgGをもって生まれるが、徐々に消耗し、生後3~6か月頃にかけて母体由来のIgGは減少・消失する。そのうえ、IgGだけでなくIgAやIgMといった免疫グロブリンの自己産生能もまだ十分ではないため、この時期が最も低値となる。
4.× 1歳ころからではなく、乳児期(生後28日未満)から抗体の産生が盛んになる。ちなみに、1歳ではIgGは成人の約60%、IgMは約75%に達する。
5.× 3歳ころではなく、15~18歳頃にIgAが成人と同じレベルに達する。IgAは新生児~乳幼児期では低値なため、母乳中のIgAが消化管の局所免疫に大きな役割を担っている。

 

 

 

 

 

90 500mLの輸液を50滴/分の速度で成人用輸液セットを用いて順調に滴下し、現在80分が経過した。
 このときの輸液の残量を求めよ。
 ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。
 解説:①②③mL
① 0~9
② 0~9
③ 0~9

解答①3、②0、③0

解説

輸液の残量は、輸液総量から滴下した輸液量を引くことで求められる。滴下した輸液量を求めるには、輸液セットの1mLあたりの滴下数を覚えておく必要がある。

滴下した輸液量(滴)は、1分あたりの 滴下数 × 時間(分)で求められる。
したがって、設問のように1分あたり50滴の早さで80分滴下すると

50(滴) × 80 = 4000(滴)

つまり、4000滴を滴下したことになる。

 

次に、4000滴は何mLかを考える。
ここで用いられているのは、成人用輸液セットであるため、20滴で1mLを滴下することができる。

 

4000(滴) ÷ 20(滴) = 200
したがって、4000滴は、200mLとわかる。

 

最後に、輸液総量は500mLであるから、ここから滴下量である200mLを引いた量を求める。
500mL - 200mL = 300mLとなる。
したがって、300mLが輸液残量である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。