第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後86~90】

 

86 Aさん(63歳、男性)は、胃癌にて胃亜全摘出術後3か月目に誤嚥性肺炎で緊急入院した。食物の通過や排便は問題なかったが、食事摂取量が少なく、術前より体重が10kg減少した。総義歯が外れやすく歯科を受診予定であった。
 Aさんの肺炎の原因として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1.消化管内容物の逆流
2.義歯の不適合
3.消化吸収障害
4.吻合部狭窄
5.腸閉塞

解答1/2

解説

誤嚥性肺炎とは?

 誤嚥性肺炎とは、口腔内常在菌が食物のご縁とともに肺の中へ流れ込んで生じる肺炎のことである。原因は、①嚥下機能自体の低下、②寝たきり状態などによるADL(日常生活活動)の低下、③食物がスムーズに食道へ進めない状態などで、口腔内に長時間食物が存在してしまう状況などが挙げられる。

1.〇 正しい。消化管内容物の逆流は、Aさんの肺炎の原因として考えられる。なぜなら、Aさんは、胃亜全摘出術を行っており、消化管内容物は逆流しやすい状態となっていることが考えられるため。一般に、胃亜全摘出術後、しばしばみられる消化管内容物の逆流により口腔内に消化管内容物が滞留したり、気道に入ったりすることで、ご縁性肺炎の原因となる。
2.〇 正しい。義歯の不適合は、Aさんの肺炎の原因として考えられる。義歯には口腔内の細菌が定着しやすい。また、義歯の不適合により咀嚼にも問題を生じ、噛み合わせの悪い部分に残渣がたまるなどし、誤嚥性肺炎を起こしやすい。
3.× 消化吸収障害は考えにくい。消化吸収障害とは、小腸からの栄養の消化吸収が障害された状態のことである。 全身の栄養状態が悪くなり、栄養失調を起こすことがあり、 下痢、体重減少、全身倦怠感、腹部膨満感、浮腫、貧血などの症状を引き起こす場合がある。消化吸収障害による体重減少、さらに体力や免疫力の低下から肺炎へとつながる可能性はあるが、直接的に誤嚥性肺炎の原因とはならない。
4.× 吻合部狭窄は考えにくい。吻合部狭窄とは、消化管のつなぎ目、消化管のむくみや癒着、ねじれなどが原因となって、つなぎ目 やその周囲の消化管が狭くなることをいう。本症例は、食物の通過に問題はなかったことから考えにくい。
5.× 腸閉塞は考えにくい。腸閉塞とは、小腸や大腸が何らかの原因で詰まってしまうことである。本症例は、排便に問題はなかったことから考えにくい。

 

 

 

 

 

87 眼底検査が必要なのはどれか。2つ選べ。

1.中耳炎
2.糖尿病
3.麦粒腫
4.高血圧症
5.筋萎縮性側索硬化症<ALS>

解答2/4

解説

眼底検査とは?

眼底検査とは、瞳孔を特殊な目薬で開くことにより上記の構造を詳しく観察することができる基本的な眼科検査のひとつである。眼底出血、網膜剥離、視神経炎、黄斑変性などの病気を見つけ治療につなげていく。

1.× 中耳炎は、純音聴力検査ティンパノメトリーが実施される。中耳炎とは、のどや鼻にくっついたウイルスや細菌が、耳と鼻や喉をつないでいる耳管を通って耳に入り込むことで、「中耳」が炎症を起こしている状態である。
2.〇 正しい。糖尿病の合併症に糖尿病性網膜症があり、眼底検査が必要である。
3.× 麦粒腫とは、いわゆる「ものもらい」のことであり、眼瞼疾患であるため眼底検査は必要ない。
4.〇 正しい。高血圧症に伴う高血圧性網膜症の早期発見に、眼底検査が必要である。また、眼底は血管を直視できる唯一の部位で、動脈硬化の進行程度を知ることが出来る。
5.× 筋萎縮性側索硬化症<ALS>は、運動ニューロンが障害され、筋力低下と筋萎縮が生じてくる疾患である。眼底は特に障害を受けず、意識は清明で眼球運動は保たれるため、まばたきで意思の疎通を行うことも可能である。そのため眼底検査の必要はない。

 

 

 

 

 

88 加齢に伴う心血管系の変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.心拍数の増加
2.左室壁の肥厚
3.収縮期血圧の上昇
4.圧受容機能の亢進
5.刺激伝導系の細胞数の増加

解答2/3

解説

加齢により、心血管系には①動脈硬化、②刺激伝導系を含む心筋細胞の減少・線維化・石灰化などが生じる。

 

1.× 心拍数は、増加ではなく減少する。なぜなら、加齢に伴い洞結節細胞も減少するため。
2.〇 正しい。左室壁の肥厚は加齢に伴い起こる。なぜなら、加齢に伴い、動脈硬化による後負荷の増大と心筋細胞の減少に適応するため。
3.〇 正しい。収縮期血圧の上昇は加齢に伴い起こる。なぜなら、動脈硬化により、血管拡張能が低下するため。
4.× 圧受容機能は、亢進ではなく低下する。なぜなら、圧受容機能は、血管壁の伸展によって調整されるが、血管壁は加齢に伴って伸展しにくくなるため。
5.× 刺激伝導系の細胞数(洞結節細胞,房室結節細胞など)は、増加ではなく減少する。したがって、洞不全症候群や房室ブロックを起こしやすくなる。

 

 

 

 

 

89 定期巡回・随時対応型訪問介護看護の説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.介護予防サービスである。
2.24時間を通じて行われる。
3.地域密着型サービスである。
4.重症心身障害児を対象とする。
5.施設サービス計画の作成を行う。

解答2/3

解説

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年4月の『介護保険法』改正時に、新たに創設されたサービスである。要介護度が高く、医療ニーズも高い高齢者に対応するために、柔軟な対応ができるサービスとしてつくられた。

1.× 介護予防サービスではなく、一つの事業所で訪問介護と訪問看護のサービスを一体的に提供している。定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、要介護1以上の認定を受けた人が対象である。介護予防サービス(居宅介護サービス)とは、要支援を対象としているサービスである。
2.〇 正しい。24時間を通じて行われる。随時対応型であるため、24時間365日を通じて行われる。
3.〇 正しい。市町村が事業者の指定や監督を行う地域密着型サービスである。重度者でも住み慣れた地域で暮らし続けられるように、地域密着型サービスのひとつとして創設された。日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が密接に連携し、定期巡回訪問と随時の対応を提供する。
4.× 対象は、重症心身障害児ではなく、介護保険の対象者向け(要介護1以上の認定を受けた介護保険被保険者)である。
5.× 施設サービス計画の作成を行うのは、介護支援専門員(ケアマネージャー)が行う。定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、居宅サービスのひとつである。ちなみに、居宅サービスとは、自宅に居ながら利用できる介護サービスのことである。 

 

 

 

 

 

90 車椅子で日常生活を送る在宅療養者の住宅改修で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.床を畳に変える。
2.玄関を引き戸にする。
3.廊下と部屋との段差をなくす。
4.トイレに和式便器を設置する。
5.廊下の幅は車椅子の幅と同じにする。

解答2/3

解説

1.× 床を畳に変える必要はない。むしろ、車椅子を使うのであれば、畳より床(フローリング)のほうが走行しやすい。
2.〇 正しい。玄関を引き戸にする。なぜなら、横にスライドする引き戸にすると車椅子でも開閉しやすいため。
3.〇 正しい。廊下と部屋との段差をなくす。なぜなら、車椅子移動の際には、できるだけ段差は少ないほうがよいため。
4.× トイレに和式便器を設置する必要はない。車椅子から便器に横移動するためには、和式便器より洋式便器のほうがよい。加えて便座を高くするなどして便座と車椅子の高さを合わせるとよい。
5.× 廊下の幅は、車椅子の幅と同じにすると車椅子がスムーズに通行できないため不適切である。。車椅子がスムーズに通れるように、車椅子の幅より広く廊下を設計する必要がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)