第105回(H28) 看護師国家試験 解説【午後91~95】

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎と診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8〜10回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎の再燃のため入院することになった。身長158.2cm、体重40.2kg。体温38.3℃、脈拍92/分、血圧108/76mmHgであった。血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球9,800/μL、Hb7.8g/dL、アルブミン2.5g/dL、CRP5.5mg/dL。

91 Aさんの状態のアセスメントで適切なのはどれか。

1.BMIによる肥満度の判定基準では普通体重に該当する。
2.貧血は心不全の徴候を示している。
3.浮腫が出現する可能性がある。
4.脱水に陥る可能性は低い。

解答3

解説

1.× BMIによる肥満度の判定基準では普通体重に該当する。
2.× 貧血は心不全の徴候を示している。
3.〇 正しい。浮腫が出現する可能性がある。
4.× 脱水に陥る可能性は低い。

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎と診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8〜10回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎の再燃のため入院することになった。身長158.2cm、体重40.2kg。体温38.3℃、脈拍92/分、血圧108/76mmHgであった。血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球9,800/μL、Hb7.8g/dL、アルブミン2.5g/dL、CRP5.5mg/dL。

92 入院後、Aさんは点滴静脈内注射による持続輸液とプレドニゾロン40mg/日の内服とが開始された。入院翌朝、Aさんが「たくさん汗をかいたのでさっぱりしたい」と話したため、看護師は清拭を行うと提案した。体温38.0℃、呼吸数18/分、脈拍82/分、血圧112/72mmHgであった。下痢は0時から6時までで3回あり、倦怠感が強い。
 看護師が入浴ではなく清拭を提案した理由で適切なのはどれか。

1.プレドニゾロンの内服
2.点滴静脈内注射の実施
3.急性増悪
4.貧血

解答3

解説

1.× プレドニゾロンの内服
2.× 点滴静脈内注射の実施
3.〇 正しい。急性増悪
4.× 貧血

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎と診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8〜10回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎の再燃のため入院することになった。身長158.2cm、体重40.2kg。体温38.3℃、脈拍92/分、血圧108/76mmHgであった。血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球9,800/μL、Hb7.8g/dL、アルブミン2.5g/dL、CRP5.5mg/dL。

93 入院後10日、Aさんの状態は改善し、経腸成分栄養剤300mL/日(1kcal/mL)が開始された。Aさんは「入院前も自分なりには気を付けていたつもりだったけど、また悪くならないようにするには退院後はどうしたらいいのかしら」と話した。
 このときのAさんへの説明で最も適切なのはどれか。

1.「仕事は今までどおりで大丈夫です」
2.「下痢が続いたら炭水化物を減らしてください」
3.「経腸成分栄養剤600mLで1日分の栄養が確保できます」
4.「悪化のきっかけになるようなことがなかったか一緒に考えてみましょう」

解答4

解説

1.× 「仕事は今までどおりで大丈夫です」
2.× 「下痢が続いたら炭水化物を減らしてください」
3.× 「経腸成分栄養剤600mLで1日分の栄養が確保できます」
4.〇 正しい。「悪化のきっかけになるようなことがなかったか一緒に考えてみましょう」

 

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(48歳、男性)は、横断歩道を歩行中に乗用車に衝突され、救命救急センターに搬送された。搬送時、呼びかけに開眼せず、四肢の筋緊張が亢進していた。呼吸数30/分、脈拍60/分、血圧142/98mmHgであった。右側頭部と右肩甲骨部の擦過傷以外に目立った外傷はなかった。

94 搬送時のAさんの様子を図に示す。
 Aさんの状態はどれか。

1.項部硬直
2.除脳硬直
3.除皮質硬直
4.間代性けいれん
5.強直性けいれん

解答3

解説

1.× 項部硬直
2.× 除脳硬直
3.〇 正しい。除皮質硬直
4.× 間代性けいれん
5.× 強直性けいれん

 

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(48歳、男性)は、横断歩道を歩行中に乗用車に衝突され、救命救急センターに搬送された。搬送時、呼びかけに開眼せず、四肢の筋緊張が亢進していた。呼吸数30/分、脈拍60/分、血圧142/98mmHgであった。右側頭部と右肩甲骨部の擦過傷以外に目立った外傷はなかった。

95 Aさんは、硬膜下血腫および脳挫傷と診断され、硬膜下血腫に対して開頭血腫除去術が行われた。ICUに入室後、マンニトールの投与が開始された。
 このときの体位で最も適切なのはどれか。(※解答なし)

1.座位
2.腹臥位
3.側臥位
4.仰臥位
5.Fowler<ファウラー>位

解答(※解答なし)

解説

1.× 座位
2.× 腹臥位
3.× 側臥位
4.× 仰臥位
5.× Fowler<ファウラー>位

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。