第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第106回保健師国家試験、第103回助産師国家試験、第109回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 住民が主体となって設立する組織はどれか。

1.児童委員の連絡会
2.母子保健推進員会
3.公募委員による健康増進計画協議会
4.障害者支援のための特定非営利活動法人

解答

解説
1.× 児童委員の連絡会は、厚生労働大臣から委嘱された民生委員が児童委員を兼ねており、行政から委嘱された組織である。
2.× 母子保健推進員会は、母子保健の推進と充実を図るために、市町村長から委嘱された母子保健推進員で構成される委貝会である。
3.× 公募委員とは、地方自治体が住民の意見を計画策定に反映させるため、広く一般から公募され、地方自治体の委嘱により組織された委員である。したがって、公募委員による健康増進計画協議会は、住民が主体となって設立する組織ではない。
4.〇 正しい。障害者支援のための特定非営利活動法人(NPO)は、住民が主体となって設立する組織である。ボランティアなどの非営利の社会貢献活動を行う組織である。

 

 

 

 

 

2 地域における関係機関の連携を促すために最も有効なアプローチはどれか。

1.患者会の設立支援
2.議会へのロビー活動
3.地域ケア会議の設定
4.ボランティアの育成

解答

解説
1.× 患者会の設立支援の優先度は低い。なぜなら、患者会は、共通の目的をもつ当事者や家族によって自主的に形成されるグループであるため。
2.× 議会へのロビー活動の優先度は低い。なぜなら、ロビー活動は、国会や地方議会での法案や条例案の通過・成立を目的として、議員や役人に働きかけることであるため。
3.〇 正しい。地域ケア会議の設定の優先度は最も高い。地域ケア会議は、多職種の専門職の協働の下で、①高齢者個人に対する支援の充実と、②それを支える社会基盤の整備を同時に進めていく、地域包括ケアシステムの実現に向けた手法として市町村や地域包括支援センターが開催する会議体です。したがって、関係機関の担当者が集まる地域ケア会議は、担当者同士の情報共有により地域における関係機関の連携を促進することができる。
4.× ボランティアの育成の優先度は低い。なぜなら、なぜなら、関係機関の連携にはつながらないため。

 

 

 

 

 

3 地域住民のエンパワメントのために行う保健師の活動はどれか。

1.健康格差に関する調査の実施
2.地区踏査による地域情報の収集
3.重度の障害児を対象とした家庭訪問の実施
4.住民による子育てに関する社会資源マップ作成の支援

解答

解説

エンパワメントとは、対象者が主体的に自身の状態を変えていく方法や自信を獲得できるよう、対象者が本来持っている力を引き出し、その自己決定能力を強化することである。対象は、個人、組織、コミユニテイの3段階がある。過程には、傾聴→対話→行動アプローチがある。

1.× 健康格差に関する調査の実施は有効とはいえない。なぜなら、健康格差に関する調査は、地域のアセスメント(評価)の方法であるため。
2.× 地区踏査による地域情報の収集は有効とはいえない。地区踏査とは、担当地区を実際に歩いて地域住民の様子や環境を観察し、地区の状況を把握する地域診断に用いられる方法である。
3.× 重度の障害児を対象とした家庭訪問の実施は有効とはいえない。なぜなら、重度の障害児を対象とした家庭訪問の実施は、個人のエンパワメントにつながる活動であるため。
4.〇 正しい。住民による子育てに関する社会資源マップ作成の支援は、地域住民のエンパワメントのために行う保健師の活動として有効である。社会資源マップの作成を通じた支援は、地域住民が主体的に地域の問題を認識しながら、仲間づくりや地域づくりにつながる地区活動の方法である。

コミュニティ・エンパワメントの成果

① コミュニティ・メンバーは自身の問題解決に向かう意欲と自信がつく。
②コミュニティ・メンバーのコミュニティに対する関心が高まる。
③ コミュニティでの相互支援が高まる。
④ コミュニティでリーダーが育成される。
⑤コミュニティは政策改善の方向性を見いだす。

 

 

 

 

 

4 Aさん(42歳、初妊婦、会社員)。「最近、他市から引っ越してきた」と母子健康手帳を持って市保健センターに来所した。保健師が面接したところ、Aさんは妊娠8か月、夫と2人暮らし、出産する予定の病院の変更はなく、出産後は1年間育児休業を取得し、復職を希望しているとわかった。
 この時、保健師がAさんに確認する内容で優先度が高いのはどれか。

1.両親学級の受講状況
2.希望する保育所の有無
3.出産後の支援者の有無
4.出産する予定の病院の情報

解答

解説
1.× 両親学級の受講状況の優先度は低い。なぜなら、両親学級をこれまでに受講していなければ勧める必要はあるが、設問からはこのような状態を確認することはできないため。
2.× 希望する保育所の有無の優先度は低い。なぜなら、Aさんは、出産後に1年間の育児休業を取得する予定であるため。
3.〇 正しい。出産後の支援者の有無の優先度は最も高い。なぜなら、Aさんは他市から引っ越してきたため。虐待のリスク要因のひとつとして、「親族や地域社会から孤立した家庭」というものがある。転入してきたAさんの孤立を防止するため、出産後の支援者がいるかどうかを確認する優先度は高い。
4.× 出産する予定の病院の情報の優先度は低い。なぜなら、出産する病院は変更する予定がないため。

 

 

 

 

 

5 地域アセスメントを行う際、地域の健康に影響する背景や要因を把握するために、既存の統計資料よりも保健師の地域活動から得ることが適切な情報はどれか。

1.生活環境
2.主観的健康観
3.地域の主要疾病
4.年齢別人口構成

解答

解説

保健師の地域活動において、地域アセスメントにより、地域の状況を把握し分析することは欠かせない。地域アセスメントの要素としては、既存の統計資料に加えて、保健師の地域活動から得る地域の実情に根ざしたきめ細かな情報が重要になる。

1.〇 正しい。生活環境は、統計資料から得られることができない。生活環境は、人々の暮らしの様子を反映する情報が含まれるため、保健師の地域活動から、地域の健康に影響する背景や要因を把握できる。
2.× 主観的健康観は、統計資料から得られる情報である。主観的健康観は、一般的には質問紙調査の質問項目である。
3.× 地域の主要疾病は、統計資料から得られる情報である。
4.× 年齢別人口構成は、統計資料から得られる情報である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)