第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 歯科口腔保健の推進に関する法律に基づく基本的事項の目標とライフステージの組合せで正しいのはどれか。

1.口腔状態の向上:乳幼児期
2.歯の喪失防止:学童期
3.健全な歯・口腔の育成:成人期
4.口腔機能の維持・向上:高齢期

解答

解説
1.× 口腔状態の向上:乳幼児期
2.× 歯の喪失防止:学童期
3.× 健全な歯・口腔の育成:成人期
4.〇 正しい。口腔機能の維持・向上:高齢期

 

 

 

 

 

12 大型の石材を建築材料に加工する工場で、設置されている石材加工用の機械に防振ゴムを取り付け、工場内の騒音の低減を図った。
 この対策に該当するのはどれか。

1.健康管理
2.作業環境管理
3.作業管理
4.総括管理

解答

解説
1.× 健康管理
2.〇 正しい。作業環境管理
3.× 作業管理
4.× 総括管理

 

 

 

 

 

13 腸管出血性大腸菌による食中毒で正しいのはどれか。

1.潜伏期は6〜24時間である。
2.加熱が不十分な牛肉が原因となることが多い。
3.合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)の発症は成人に多くみられる。
4.平成29年(2017年)の食中毒事件数はカンピロバクターが原因のものよりも多い。

解答

解説
1.× 潜伏期は6〜24時間である。
2.〇 正しい。加熱が不十分な牛肉が原因となることが多い。
3.× 合併症である溶血性尿毒症症候群(HUS)の発症は成人に多くみられる。
4.× 平成29年(2017年)の食中毒事件数はカンピロバクターが原因のものよりも多い。

 

 

 

 

 

14 レジオネラ症患者発生の届出を受けた保健所が感染の原因を調査する際に、最も重要な情報はどれか。

1.入浴施設の利用歴
2.発症前の食事内容
3.蚊による刺咬の有無
4.レジオネラ症患者との接触歴の有無

解答

解説
1.〇 正しい。入浴施設の利用歴
2.× 発症前の食事内容
3.× 蚊による刺咬の有無
4.× レジオネラ症患者との接触歴の有無

 

 

 

 

 

15 厚生労働省が定める過重労働による健康障害防止のための総合対策はどれか。

1.毎月の健康診断
2.運動指導プログラムの作成
3.健康増進サービス機関の活用
4.時間外・休日労働時間の削減

解答

解説
1.× 毎月の健康診断
2.× 運動指導プログラムの作成
3.× 健康増進サービス機関の活用
4.〇 正しい。時間外・休日労働時間の削減

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。