第106回(R2) 保健師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 平成25年(2013年)に改正された「地域における保健師の保健活動に関する指針」に示された都道府県保健所等に所属する保健師の活動はどれか。2つ選べ。

1.広域的・専門的な保健サービスの提供
2.住民の主体的な健康づくり支援
3.ボランティア組織の育成支援
4.市町村保健師の業務の補助
5.健康危機への体制づくり

解答1・5

解説
1.〇 正しい。広域的・専門的な保健サービスの提供
2.× 住民の主体的な健康づくり支援
3.× ボランティア組織の育成支援
4.× 市町村保健師の業務の補助
5.〇 正しい。健康危機への体制づくり

 

 

 

 

 

32 小児を対象にした麻しんと風しんの定期予防接種に関する説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.1期と2期がある。
2.生ワクチンである。
3.1期には3回接種する。
4.1歳未満が対象である。
5.抗体価が低い場合に接種する。

解答1・2

解説
1.〇 正しい。1期と2期がある。
2.〇 正しい。生ワクチンである。
3.× 1期には3回接種する。
4.× 1歳未満が対象である。
5.× 抗体価が低い場合に接種する。

 

 

 

 

 

33 児は、在胎31週1,700gで出生。NICU入室後、6週で退院した。1歳6か月児健康診査後に医療機関で軽度脳性麻痺と診断され、下肢の補装具を作成した。
 出生以降に児が利用できる助成・制度を規定するのはどれか。2つ選べ。

1.児童福祉法
2.母子保健法
3.身体障害者福祉法
4.発達障害者支援法
5.障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

解答1・2・5

解説
1.〇 正しい。児童福祉法
2.〇 正しい。母子保健法
3.× 身体障害者福祉法
4.× 発達障害者支援法
5.〇 正しい。障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

 

 

 

 

 

34 学校保健活動で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.保健教育は学習指導要領を踏まえて行う。
2.定期の学校環境衛生検査は学校医が従事する。
3.就学時の健康診断は学校の設置者が実施する。
4.学校における救急処置は応急的なものである。
5.学校安全計画は学校保健計画に含めて策定する。

解答1・4

解説
1.〇 正しい。保健教育は学習指導要領を踏まえて行う。
2.× 定期の学校環境衛生検査は学校医が従事する。
3.× 就学時の健康診断は学校の設置者が実施する。
4.〇 正しい。学校における救急処置は応急的なものである。
5.× 学校安全計画は学校保健計画に含めて策定する。

 

 

 

 

 

35 労働安全衛生マネジメントシステムで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.産業医が安全衛生計画を策定する。
2.定期的なシステム監査を実施する。
3.総括安全衛生管理者が事業場の安全衛生方針を表明する。
4.従業員数50人以上の事業場での実施が義務付けられている。
5.事業場における安全衛生水準の向上を図ることを目的とする。

解答2・5

解説
1.× 産業医が安全衛生計画を策定する。
2.〇 正しい。定期的なシステム監査を実施する。
3.× 総括安全衛生管理者が事業場の安全衛生方針を表明する。
4.× 従業員数50人以上の事業場での実施が義務付けられている。
5.〇 正しい。事業場における安全衛生水準の向上を図ることを目的とする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。